スリ被害によく遭う日本人がイタリアを歩く時に必ず気を付けるべきこと

イタリアで財布に注意

イタリアを含むヨーロッパ全土では、最近シリアや、東欧からの移民や難民が増えてきて、大きな社会問題になっています。

戦争から逃れてくる人、貧困から逃れるために仕事探しにやってくる人など、その理由は様々です。しかしイタリアでは、イタリア人でさえも仕事がない時代。

海外からやってきた人が、簡単に仕事を見つけることはできません。そのため、スリや詐欺などの被害が増えてきているのです。

今回はイタリアを歩く時に気をつけるべきことをご紹介します。

男性でも油断は禁物なイタリア

自分は男性だし、海外には出張でよく行くので慣れているし、スリ対策も完璧にしているので大丈夫、なんて思っている人、いませんか?

いいえ、イタリアの街歩きでは、男女ともに油断は絶対禁物です!

イタリアを旅行した日本人男性の話

場所は地下鉄、少し人が多い時間帯での出来事です。

彼は、スリ対策のため、ズボンのポケットにダミーの空財布を入れ、本物の財布は首から提げる小さなポーチに入れ、しっかりチャックを閉め、常に目に入るところで管理していました。

しかし、ホテルに帰ると、ダミーの財布はそのままポケットの中にあったのですが、ポーチの中の本物の財布だけが抜かれていて、丁寧にチャックまで閉められていたのだそうです。

スリをする人達は、私達の想像をはるかに超える技術を持っています。

お財布などは、細心の注意を払って管理しましょう!

とにかく日本人は狙われやすい

イタリアで財布に注意

日本は、他の国に比べると比較的スリ被害の少ない国です。

そのためか、多くの日本人は、平気で口の開いている鞄を持ち歩きますが、それは海外では厳禁です!スリをしてくださいと言っているようなものなので、必ずチャックのついている鞄を持ちましょう。

イタリア人やイタリアに住む外国人達は、日本人がお金持ちだというイメージを持っているため、日本人はスリの標的になりやすいのです。

特に観光客には、スリがチャンスをうかがって尾行してくることさえあります。日本人は、顔立ちが違うので一目で外国人だと見分けられますし、スリ対策ができておらず、隙だらけの人が多いと言われます。

地元の警察も日本人は危機管理能力ゼロと酷評するレベル

日本人がスリの被害に遭い、被害届を出すため警察署に行くと、警察官から「日本人ですか?それなら、手続きはあの部屋です」と何も聞いていないのに、スリの被害届を出す部屋を教えてくれます。

イタリアの警察官曰く、「日本人はあまりにスリやサギの被害が多い。まるでスリやサギをひきつける磁石のようだ」とのこと。

日本が、スリ被害の少ない安全な国だということは良いことですが、海外に出かけるときは、慎重すぎるくらいの行動をとった方がよいのかもしれませんね。

じゃあ、スリ対策はどうするの?

イタリアで外出する時は、パスポートと財布を別々の場所に分けて持つことをおすすめします。

そして、貴重品はできるだけ持ち歩かないようにしましょう。持ち歩くときは、ポーチの上から上着を着るなどして管理をするとよいでしょう。

冬場であれば、鞄の上からコートを着ると、スリをされる確率をぐっと減らすことができます。

豪華なものや派手なものは身につけないこと

イタリア人女性でさえでも、外国人が多い場所に行くときは、金のアクセサリーをしないなどの対策をしています。

あまりにも華やかなアクセサリーや時計は、見えるところにつけたり、持ち歩いたりすることを避けるべきです。

カモがネギを背負ってくる状況はなるべく作らないようにすることがイタリアでの鉄則です。

まとめ

いかがでしたか?

最近ではスリの被害に加えて、iPhoneのかっぱらいなども多いです。イタリアだけに限らず、海外にいるときは特に、手荷物や貴重品には十分に注意を払わなければなりません。

でも、観光などで知らない場所に行くと、ついつい注意散漫になってしまいますよね。

クレジットカードとお金を分けて持つ、パスポートは違う場所で管理するなどの対策を取るようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. 韓国の物件
  2. ナシゴレン
  3. ベトナム語
  4. 一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
  5. 海外出産ってどんな感じ?オーストリアの妊娠、出産事情
ページ上部へ戻る