アイセックを使ってベトナムで海外インターンシップをやるまで

インターンシップ

女子大生の私が日本でインターン先を探し、7ヶ月間ベトナムでインターンをするまでのプロセスをご紹介いたします。

これからインターンをしたい!と思っている方、ご参考にしていただければ、と思います。

海外インターンへ行くためにアイセックという学生団体

私の大学を始めとする多くの大学には「アイセック」という学生団体があります。

自分の大学にない場合にも近隣の大学にあることが多く、そこで申し込みをしてみるといいと思います。

大学の長期休みを利用した数週間の短期インターンシップから、1年に及ぶ長期のインターンシップまであります。自分のスケジュールや目的などと照らし合わせながら、期間を決めていきましょう。

アイセックを使うメリット

アイセックの魅力としては研修生(私)に対して1人マネージャーという立場のサポートをしてくれる人がつき、

  • インターンシップを決めるまで
  • インターンシップ先決めてから
  • 研修中
  • 帰国後

までの手順的、精神的サポートをしてくれるので安心感があります。

また定期的にコンサルティングがあり、意識向上やモチベ―ション管理まで行ってくれるので学生には適したインターンの探し方だと思います。

あくまでアイセックはサポート機関として

しかし、ここでの留意点としては、あくまでもインターンに行くのは自分であり、主体性を持って行動しない限りは何の発展もないということです。

アイセックはサポートであり、何から何までやってくれるというわけではないということをしっかり理解し、これは自分のインターンなのだという自覚が必要となってきます。

インターン前には実際に面接も

私のインターン先には東京支社もあり、そこまで私は出向いて面接をしていただきました。(ほとんどの場合はスカイプでの面接です)

そこで自分の聞きたいことを聞いたり、雰囲気をつかんだ上でそこをインターン先にするか否かを決めることができます。

  • 業務内容はどんな感じなのか
  • 休みはどれほどあるのか
  • 会社の男女比はどれくらいなのか

などインターン先を決めていく上で疑問点はたくさんあると思います。それをこの機会でつぶせるのは大きいですね。

思ってたのと違った…という事態を避けることができるので非常に重要なプロセスだと思います。

いよいよインターンシップへ!大学を休学しよう

長期休みを利用した短期インターンの場合は必要ないですが、長期で行く場合は休学が必須事項になってきます。

留学のように学校のプログラムで行く、とは違い学生団体を利用して行ったため単位の承認はありません。

休学に必要な書類や申し込み期間、費用などは学校によって様々なので事前にきちんと確認しておく必要があります。

ちなみに私の通っている大学だと半年6万円、1年間で12万円の休学費がかかります(当然その間の授業料は発生しません)。

また半年ずつしか申請ができないため、しっかりといつまでに書類を郵送する必要があるかの確認が必要でした。

国公立の大学では休学費はかかりませんし、私立大学でも一部そのような大学があるようです。

まとめ

いかがでしたか?

海外インターンをしたい!という方はこういった探し方もありますし、ベトナムにある企業に直談判してみるのもいいかと思います。

また学校のプログラムとしてあるところもあるので下調べをきちんとしてみましょう。

おすすめ記事▷

  1. 長期インターンで圧倒的な成長と海外体験をしたい学生インターンを募集
  2. ベトナム就職する前にハノイ現地企業でインターンシップに挑戦してみる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
うだ

うだ外部ライター

投稿者プロフィール

カナダ・エドモントンで1年留学
アメリカ、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストラリア、韓国、シンガポールなど各国を旅する
現在はベトナムで長期海外インターンを経験している海外旅行大好き大学生ライター
ふざけることと食べることをこよなく愛しています^^

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. タイは常夏の国
  2. 香港で働くためには
  3. ミャンマーの病院
  4. Bo’s Coffee
  5. シンガポールで働くということ
ページ上部へ戻る