メキシコで生活するために部屋を借りよう(探し方・家賃・注意点)

メキシコ

メキシコの新生活を始めるにあたって、まず最初にしなければいけないことは部屋探しですね。

知らない土地で、ましてや日本から遠く離れた外国で部屋探しをするとなると、一体何からどうやって始めたらいいのか……

日本であれば、インターネット・雑誌で情報収集したり、直接不動産会社に行って、お部屋を紹介してもらいますね。

では、メキシコではどうやって部屋を探すのでしょうか。今回は、メキシコでの部屋の探し方をご紹介します。

メキシコでは大家さんとの直接契約が一般的

メキシコにも不動産会社はありますが、一般的に扱っている物件は高級物件が多く、一人暮らし向けではありません。メキシコではシェアハウスを活用している人が多いです。

また、保証人を立てたり、必要な書類も多いので、メキシコでは家主との直接契約が一般的です。

部屋の種類

メキシコで部屋を借りる場合、一軒家やシェアハウス、マンションなどさまざまな選択肢があります。また、家具付きの部屋や間借りなどもあり、初めてメキシコで住むなら、シェアハウスがおすすめです。

 

一軒家、もしくはアパート・マンション(家具なし、電気・ガス・水道インターネット未設置)

初めての留学または就職でメキシコで部屋を探す場合、一軒家やアパート・マンションは部屋数も多いため家賃も高いです。

さらに電気・ガス・水道などの契約手続きを全て自分で行う必要があるので、かなりハードルが高いです。

これらの物件を契約するのは、あまり現実的ではないので、オススメできません。

 

部屋を探すなら家具付きかシェアハウス

  • アパート・マンション(家具付き、電気・ガス・水道インターネット設置済)……アパート・マンションは、寝室が2〜3部屋に、台所、リビングとトイレ兼シャワールームというつくりが一般的です。
  • シェアハウス、一軒家、アパート・マンション内の一部屋を間借り(家具付きまたは家具なし)……寝室のみですが、狭い部屋でも8畳ぐらいで、寝室だけで日本のワンルームほどの広さがある場合が多いので、日本の部屋よりはゆったり目に感じられると思います。

メキシコで初めて部屋を借りるなら、上記の物件になると場合がほとんどです。面倒なライフラインの設置手続きをする必要もないですし、家具付きの物件を借りれば、無駄な出費も抑えられます。

友達同士でシェアするのであれば、寝室が複数あるアパート・マンションを、一人で探すのであれば、家主家族または、その他入居者と同居する間借り物件と、必要に応じて探してみましょう。

安い物件と高い物件とは?

メキシコの物件

メキシコシティの家賃は毎年値上がりしています。家賃の価格帯は学生向けの安い物件から、富裕層の高額な物件まで様々です。

節約したいからといって、家賃の安さだけを重視してはいけません。

安すぎる物件にはそれなりの理由があります。

安い物件は部屋の設備が古いまたは状態が悪い、交通の便が悪い、周辺地域の治安や雰囲気が良くないといった場合がありますので、注意が必要です。

周辺の雰囲気や治安が良くなさそうであれば、いくら安い物件でも避けるようにしましょう。

安ければ1500ペソぐらいから見つかります

地域にもよりますが、アパート・マンション(家具付き)は4000ペソから、シェアハウスなどの間借りであれば、1500〜4000ペソの間で見つけることができます。

部屋探しは歩いて探すのが主流

近頃では、様々なサイトで貸し物件情報を検索できるようになりましたが、メキシコでは実際に住みたい地域周辺を歩いて探すのが主流です。

特に、UNAM(メキシコ国立自治大学)や IPN(国立工科大学)などの大きな大学の周辺は学生向けの貸し部屋がたくさんあり、電信柱などに物件情報が貼ってあります。

また、実際に歩いて探すことで

  1. 最寄のメトロやメトロバスまで徒歩どれくらいか
  2. 近くにスーパーや銀行などがあるか
  3. 地域の雰囲気(人通りの多さ、住民の雰囲気)はどうか

などを知ることができます。

一度インターネットで試しに、”renta (貸し) ” “cuarto (部屋)” と地域名で検索してみてください。たくさんの物件情報が見られますので、大体の家賃の相場を知ることができます。

メキシコの有名な物件検索サイトはここだ

  1. Segunda mano 参考サイト:https://m.segundamano.mx
  2. Viva anuncio 参考サイト:http://www.vivanuncios.com.mx
  3. Comparto depa 参考サイト:http://www.compartodepa.com.mx

契約前にこれだけは注意しよう

貼紙やサイトに掲載されている家主の連絡先へ直接コンタクトを取って、部屋を見せてもらいましょう。部屋を見に行く際は、できればメキシコ人の知り合いや友達と一緒に行くと安心です。

メキシコ人に知り合いがいなくても、留学生同士でも構わないので、極力複数人で行くようにしてください。一人で行って、家主の説明を曖昧に理解したり、契約に関する重要事項を聞き逃したりするのを避けるためです。

また、自分では気づけない部屋の欠陥や印象などを客観的に見てもらうことができます。部屋を気に入り、部屋を借りようと思ったら次のことを家主に確認しておきましょう。

  • 最低入居期間の有無
  • 保証人(aval)が必要か
  • 前金と初月家賃の支払いについて

たくさんの書類提出を求めたり分厚い契約書を用意したりするような細かい家主や、特に書面のやり取りもないユルい家主と人によって様々です。

例えば、最低6ケ月入居するといった最低入居期間を設けている場合、入居期間に満たないで退去すると、前金として支払った一ケ月分の家賃を返金してもらえない可能性があります。

実際、数年前私が初めて部屋を借りた際、私は最低入居期間はないと認識していたので、3ケ月で退去しました。しかし、家主側は最低入居期間6ケ月と主張し、書面のやり取りもなかったため、結局前金は返金されないままというトラブルに合いました。

重要な事はきちんと確認し、話の食い違いを避けるため書面に残すようにしましょう。

保証人が必要な物件

メキシコに来たばかりで、保証人を探すのは相当難しいので、できるだけ保証人不要の物件を探しましょう。

ほとんどの場合、初月に前金として一ケ月分の家賃と初月の家賃を払います。前金は退去する最終月の家賃とされる事が多いですが、トラブルを避けるためどんな場合に前金が返金されないのかも確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

メキシコでの部屋探しは日本と異なることは多いですが、実際自分の足で歩いて、自分の目で見て、不明な点がないよう家主ときちんと確認することを心がけて、ぜひあなたにぴったりの部屋を見つけてくださいね!

おすすめ記事▷

  1. あれば重宝間違いなし!メキシコへ持っていきたい4つのアイテム
  2. メキシコの気になる治安、安全なメキシコ生活を送るために心がけるべき4つのこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 愛の力で乗り越えろ!タイ人との国際結婚の手続きとは?
  2. ベトナムのスーパー
  3. シンガポール
  4. セブ島で驚く
  5. 海外就職したい方必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの
ページ上部へ戻る