日本食にあえてこだわる!アメリカでの食生活

日本食にあえてこだわる!アメリカの国での食生活

アメリカの国をはじめとした他の国にいって海外生活をしたい、でも現地の食事に不安がある・・・
 
 
 
そんな人も多いのではないでしょうか。
 
 
 
日本食の流行がアメリカを始めとした先進国で起こっていると言っても、当然、主流なのはその国本来の食生活や料理ですよね。
 
 
 
今回はアメリカの国で日本的な食生活を紹介していきたいと思います。
 
 
 

救世主?日本からの贈り物


現地での食生活を改善するためにまず言及したいことは、、、ある意味自明のことですが、調理に使うものを日本から持ち込んでしまうことです。
 
 
 
注意すべきなのは、持ち出したいと思うものが行き先の国、今回の場合はアメリカですが行き先において持ち込み禁止の品物に該当していないかを確認する事です。
 
 
 
せっかく長い旅を乗り越えてアメリカに着いたと思ったら、空港で足止めされて第一歩から嫌な思いをすることになりかねません。
 
 
 
私はせっかく持ち込んだものが没収されてしまいました。
ラーメン(豚骨)です。
 
 
 
知り合いに聞くとは持ち込めている人もいるようですが、持ち込まない方が無難です。
 
 
 
なので主に持ち出すのは調味料など、特に禁制品として指定されていないものに限られます。
 
 
 
現地で購入すると言う手段もあるのですが、やはり日本で購入したほうが安く購入できるということもありますし、私は現地ではなく日本から持っていけるものは持っていくということをおすすめしたいと思います。
 
 
 

インスタント食品!料理が出来ない人の救世主


そもそも料理ができない!というような人にはやはりレトルトやインスタントラーメンなど保存食の類を大量に持っていくことをおすすめします。
 
 
 
長期の滞在の場合は、日本食が必ず恋しくなります!
断言します。
 
 
 
日本での食生活に近いものを保とうと思うと、さすがに料理を覚える必要がありますが、短期の場合はこれで十分なんとかなります。
 
 
 
インスタント食品の利点はなんといっても「基本的に」アメリカの国の禁制品には該当しません。
 
 
 
でも、豚骨ラーメンはダメですよ。
 
 
 
持ち込みは当然のこと必要ですが、日本から継続的に家族や知人などからインスタント食品を送ってもらえると嬉しいですよね。
 
 
 
料理が出来る人でも、ふと日本で食べていたインスタント食品の味が恋しくなったら日本にいる知り合いなり家族なりにアメリカの国に必要な物を送るよう頼んでしまえばすぐにその味が味わえてしまいます。
 
 
 

現地アメリカで日本的な料理をするためには


まずは前述した、日本で作られた調味料を持ち合わせている事が前提となります。
もちろん調味料無しでも料理は可能なのですが、その場合、何度が調整をしていかないと日本のまま、というような味にはなりません。
 
 
 
そのような探求をあえてやりたいというような人以外はアメリカの国に持ってきた日本の調味料を使用する事をおすすめします。
 
 
 

食材はココで買え!


食材についてですが、日本食の大前提「お米」の買い出しをするときにおすすめしたい場所があります。
 
 
 
普通のアメリカの所謂大手スーパーマーケットチェーンに行くのではなく、韓国系や中国系、つまり東洋系の方々が経営されているお店に買出しにいくことです。
 
 
 
そのようなお店ではほぼ必ずといっていいほどお米が置いてあるので、大手スーパーに行ったはいいものの見つからずに困惑するといったことなくスムーズに買い物できます。
 
 
 
また調味料なども販売されているので、持って来なかった人は是非確認してみてください。
 
 
 

おいしい日本食をアメリカの国で食べるためには


いかがでしたか。
 
 
 
アメリカで日本食が食べたくなった時にこれでもう安心ですね!

 

 

これまでのポイント

1.調味料は必ず持っていこう

2.レトルト食品も必要なら持っていこう(料理できない人には必須、料理出来ても必須)

3.アメリカの国で行くべき食品店は大手スーパーマーケットではなく、東洋系経営者が経営しているお店へ行こう

 
 
 
最後の一つについてはやはりいきなり現地で探すのは大変ですので、自分が行く地区のお店情報を前もって下調べしておくか、現地の会社や学校などにいる日本人に効いてみるのが効果的です。
 
 
 
困ったらGoogle先生に聞いてみましょう。
必ず先駆者がいるはずです。
 
 
 
無論脂っこいアメリカ式料理もおいしいものですが、家であっさりとした日本食を食べる事によって、よりいっそう脂っこいもののおいしさが引き立つことになるでしょう。
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. Bo’s Coffee
  2. 岩と岩の間の橋
  3. 国際結婚
  4. ペナン島の食事
  5. フィリピン語
ページ上部へ戻る