海外就職!バリ島のホテルで働くきっかけになったこととは?

目標

世界有数の観光地であるバリ島には、世界中から大勢のツーリストが訪れます。

観光でバリ島を訪れてすっかり気に入ってしまい、住み着いてしまう人も多いというバリ島。

今回は、わたしがインドネシア共和国・バリ島で働くことになったきっかけについてご紹介したいと思います。

ホテル業界で活躍したいという夢

目標

今でこそ気ままな職業に就いている身分ですが、大学を卒業した当時は、人並みに進路について悩むこともありました。

一時は、かつて遊学したことのある、大好きなチェコ共和国で就職しようかとも思いましたが、冬がめちゃくちゃ寒いということと、海がないというポイントがネックになり断念。

そもそも、当時のわたしの夢はホテル業界で活躍することだったため、夢を叶えるために就職するのであれば、勤務地は世界のリゾート地に絞られることになります。

世界トップレベルのホスピタリティを誇るバリ島のホテル

バリ島のホテル

そんなとき、大学在学時に何度か旅行したことのあるバリ島を、再び訪れる機会がありました。

そこで滞在した、世界トップレベルのホテルの素晴らしさに感銘を受けたわたしは、「ここで就職したい!」との思いを強めることになったのです。

実際、バリ島には数々の有名ホテルが林立しています。

エキゾチックで独特なバリ島の文化に加えて、ホテルで働く人々の柔らかい物腰やホスピタリティに、すっかり骨抜き状態になってしまったわたしは、いそいそとバリ島に移住するための準備をはじめることにしました。

海外就職する前にまずは語学を習得!

勉強

英語さえ流暢に話すことができれば、ホテルでの業務に差し支えることはありません。

しかしながら、ホテルの現地スタッフともしっかりコミュニケーションを取れるようになるには、英語だけではどうしても不十分です。

もちろん生活しながらでも語学を学ぶことはできますが、文法の基礎もないまま語学を学んでしまうと、その後の語学力が伸び悩んでしまうことはすでに経験済みでした。

そこで、バリ島にある国立大学の1年間のインドネシア語コースを受けることにしました。

バリ島にきて良かったとお客さまに喜んでもらうため!

笑顔

大学のインドネシア語コースの卒業を目前に控え、ようやくとあるホテルへの就職が決定しました。

卒業と同時にトレーニングが始まりましたが、最初はゲストリレーションとして働かせて頂くことになりました。

人と接することが好きなわたしにとっては、まさに打ってつけのポジションの仕事でしたし、そこでバリ島のホテルマンの有能さを学ぶことができました。

ゲストリレーションとして一通りの仕事がこなせるようになった後には、ホテルのセールスマネージャーとして、ホテルの舞台裏の仕事をするようになりました。

どちらの仕事においても、バリ島を訪れる世界中の人々に「バリ島にきて本当に良かった。」と思ってもらえるよう努め、そのことこそが、日々の仕事へのモチベーションアップへと繋がりました。

世界中の人々と触れ合える環境

世界中の人々とふれあえる

バリ島のホテルには、さまざまな国の人々が滞在しています。

ホテル業界に憧れたのも、また、就職先としてバリ島を選んだのにも、そのことが大きく関係しています。

いろんな国の人々に出会っていい刺激を受けることは、わたしの人生の中でとても貴重な体験のひとつです。

もちろん他の国のリゾート地でも、世界中のツーリストと触れ合うことは可能ですが、わたしには、穏やかなムード漂うバリ島が一番しっくりくる気がします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、バリ島で仕事をすることになったきっかけについてご紹介しました。たくさんの外国人が住むバリ島は、外国人にとって住みやすい環境が整いつつあります。

まだまだ不便だなと感じることもありますが、バリ島で就職すれば、日本では体験できないワークライフバランスを体験することができるはずですよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

おすすめ記

海外生活!バリ島で暮らして気づいた日本とは違う5つのこと

インドネシア・バリ島で働く!バリ島に多い求人と給料相場

インドネシアで海外就職!バリ島で働いて得られた国際人としての5つの感覚

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ゆうきライター

投稿者プロフィール

イギリスやカナダ、チェコ共和国に遊学した後、東南アジアの某大学に入学。それをきっかけにアジアを周遊し、現在はインドネシア共和国のバリ島を拠点にライター活動をしています。趣味はもっぱらシュノーケリングとアイランドホッピングです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. これがベトナムのファストフード!バインミー
  2. インドのなるほど
  3. ピンクドルフィン
  4. 牛肉
  5. ニュージーランドの銀行口座開設
ページ上部へ戻る