白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ

白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ

マレーシアは、紅茶も取れるので紅茶を飲む文化もありますが、それにもまして、コーヒーを飲む文化もあります。
 
 
 
そのコーヒーはホワイトコーヒーといわれるものです。
ホワイトコーヒーはとても甘く、色はやや白く、そして、美味しいのです。
 
 
 
一回飲むと病みつきになる味です。
 
 
 
 

マレーシアに来たら、コーヒーを飲もう!


マレーシアのコーヒーはブラックやミルク入り、砂糖入りとそれぞれいろいろなものがありますが、ホワイトコーヒーというのも知名度が高いのです。
 
 
 
これで有名なお店がOLD TOWN COFFEEというお店で、全国いたるところで見ることができます。
 
 
 
主要なショッピングモールにも入っており、マレーシアならどこでも見かけることができます。
 
 
 
このコーヒーは、マレーシアでの首都よりも少し北部にあるイポーが発祥といわれます。
コーヒーの歴史も古く、現在ではカフェだけではなく、そのホワイトコーヒーを手軽に楽しむことができるようにインスタントの粉が売られているほど人気なのです。
 
 
 
ホワイトコーヒーは、コーヒーの粉とミルクと砂糖がすべて入っていて、とても甘いコーヒーです。
コーヒーの黒さよりは、やや白い色をしています。
 
 
 
また、コーヒーもいろいろな種類があり、ヘーゼルナッツ味など好みのものを選ぶことができます。
 
コーヒーはいろいろなところで売られているので、のどが渇いたときに、気軽に購入することができます。
 
 
 
その場で飲みだけでなくコーヒーを持ち帰ることも可能です。
でも専用の容器に入れてくれるわけではありません。
 
 
 
ただのビニールに入れてくれるのです。
(ただし冷たいコーヒーの場合のみ)それをひもで縛って、ストローをさしてみんなすすっているのです。
 
白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ
写真:blogs.yahoo.co.jp
 
 
 
このビニール姿を始めに見た時には、カルチャーショックかもしれません。
そんな姿は日本では見ることのできない光景の一つです。
 
 
 
地元も人はそれをバイクにひっかけ、壁にひっかけ、時には、木にひっかけたりして仕事の合間にも飲むこともあるほど、一般的です。
 
 
 
是非、ビニールコーヒーを試してみる価値はありそうですね。
 
 
 
また、持ち帰りは、ブンクスといいます。
是非大きな声で行ってみましょう。
 
 
 
ブンクス!!!
 
 
 

コーヒー、ビニール、ストロー、ブンクス


マレーシアに来たらコーヒーをブンクス、つまり、お持ち帰りしてみましょう。
ビニールにストローをさしてコーヒーを飲む姿に始めは驚くかもしれませんが、ここでは一般的な事なのです。
 
 
 
恥ずかしがらずにコーヒーブンクスを頼んで、ビニールストローでコーヒーを飲むと、あなたもマレーシアのベテランの域ですね。
 
 
 
中華系マレーシア人に見間違えられるかも?!
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. ミャンマーでのSIMカード購入
  2. 韓国の生活費
  3. フィリピンの育児
  4. サイアムパークシティのシンデレラ城
  5. フィリピン人
ページ上部へ戻る