知れば知るほど深い国インドネシアで働いて得られた5つのこと

インドネシア

「海外で働いてみたい」という気持ちから繋がったインドネシアでの生活ですが、想像していた以上に得るものがありました。

外国での生活や仕事は大変なことも多々ありますが、その分貴重な経験になり現地だからこそ得られたことばかりです。

今回はインドネシアで仕事をして得られた5つのことをご紹介します。

「インドネシア」という国の奥深さに触れられた

インドネシア

インドネシアというと、イメージは東南アジアにあるイスラム圏の新興国。あとはバリ島が有名なくらい?といったイメージしか持っていませんでした。

ですが、実は想像以上に発展していて、多様な人種と多様な言葉を持ち、1年程度では全く全てを理解しきれない奥深さがありました。

インドネシアには現在約300の民族が存在しそれぞれがそれぞれの言葉や生活文化、食事方法を持っています。

知れば知るほどインドネシアの深さを知る

その中でインドネシア語は、インドネシアという国内での共通語。田舎の方に行くとインドネシア語が話せない民族もいます。

また今だに裸族や、電気を使わない民族、槍で戦い合う民族など・・・日本では滅多に聞く事が出来ない話を聞けたり、実際に会いに行く事もできます。

また山や海、自然がとても壮大です。

ジャカルタからすぐに行ける数多くの無人島や温泉地、山岳民族の村など、現地に行ってから初めて知った魅力的な場所がバリ以外でも沢山あります。

知れば知るほど奥深いインドネシアに住むことで、視野を大きく広げることにつながります。

宗教について学ぶことができる

インドネシアの宗教

世界最大のイスラム教国家であるインドネシアで暮らし働くことで、日々宗教に触れる機会が多くあり、実感を持ってイスラム教について学ぶことができます。

一緒に働くメンバーの毎日のお祈りや、1ヶ月ほどの断食、犠牲祭や毎朝4時頃聞こえるモスクからのアザーンの声など。

ご飯に行く時やお土産を買う時は、食べられない豚やアルコールが入っていないかチェックしなければいけません。

日々インドネシア人と過ごす中でも、宗教に対する考え方や、「喜捨」の精神に触れることができ、宗教の存在の大きさを実感することになります。

違いを受け入れる心

違いを受け入れる心

現地の人たちと働くのは想像以上に大変で、一緒に仕事を進めていく中で考え方の違いに日々ぶつかります。

たとえば、自分の中で意識しているにも関わらず、日本のやり方(期限を守る、報告はしっかりする等)を知らず知らずのうちに相手に押し付けたり。

そんな中で、自分の常識は海外では常識ではないことを常に頭に置いておかなければなりません。

とにかく毎日考え続けた日々

相手に寄り添い違う考え方をまず受け入れ、自分の考えを相手に理解してもらえるまで話し、その中でどう一緒に進めていくか考えるということを毎日考えます。

驚くような価値観の違いも多々あり上手くいかないことだらけですが、それを受け入れる心も以前よりは広げることが出来たのかなと感じます。

日本への意識が高まる

インドネシアで働くとわかること

インドネシアは世界で2番目に日本語学習者が多い国であり(ちなみに1番は中国)、そして親日国です。また、日本のバイク・車もインドネシア全体の9割を占めています。

現地の大学生が、日本語で日本の劇を作り、着物衣装をゼロから創作し演劇をやっていたり、日本の夏祭りを再現したお祭りが年に数回あったり。日本の歴史や文化について聞かれることもしばしばあります。

日本とインドネシアは歴史上も非常に深い関係を持っており、自分が日本人であることを意識したり、日本の歴史について改めて学ぶことができるでしょう。

新興国の勢いを肌で感じられる

新興国の勢い

ずっと日本が不景気の時代に生まれ育った自分にとって、「成長しかない」と言われる新興国のインドネシアで生活できたのはとても貴重な経験でした。

新しいビジネスが常に生まれる

インドネシアでは、若者が街に溢れ、新しいビジネスが常に生まれ、活気に溢れています。

インドネシアで出会う日本人も、新たなサービスを創ろうと高い意識の人が多く、そんな人々に日々仕事で出会えることができ刺激になりました。

まとめ

いかがでしたか?

行くまではなかなか具体的に想像もできなかった、インドネシアの暮らしですが、想像以上の新たな価値観や人との出会いがあり大切な場所となりました。

何よりも、現地で出会えた生涯の友人となる人との出会い、また家族や周りの人を大切にし楽しく生きるインドネシア人の人生観との出会いが大きかったのかもしれません。

感じることは人それぞれですが、海外で働くことを考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

おすすめ

想いよりも行動?20代女子がインドネシアで仕事を始めた意外と単純なきっかけ

インドネシアで海外就職!バリ島で働いて得られた国際人としての5つの感覚

インドネシア・バリ島で働く!バリ島に多い求人と給料相場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

edmyライター

投稿者プロフィール

アメリカ留学、東南アジアのインドネシア駐在経験ありのアラサー女性。趣味は海外旅行、美味しいものを食べること、ヨガ、インテリア、海外ドラマ鑑賞。海外で暮らす感覚で日本で暮らす生活を創るべく奮闘中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. インドの学校
  2. 韓国の現実
  3. 「まだまだだね」と言われた私が一発奮起し英語が話せるようになったわけ
  4. フィリピンで海外就職
  5. お好み焼き
ページ上部へ戻る