スイスで働きたい人必見!スイス就職案内、どんな求人が多い?

スイス

Global Mobility and Employment Preferencesのアンケート調査で、働きたい国世界第5位の座を獲得した、労働者にとって憧れの国スイス。

そんなスイスで働きたい!だけど、なにもツテがない。まずはなにから始めればいいの?職種は?就職活動は?

今回は、そんなあなたの疑問にお答えします!

スイスで働くには?

スイスで働くには、労働許可付きの滞在許可証が必要です。今の勤務先にスイス支店があるというラッキーな方は別とします。

日本人の場合、個人で労働許可を申請して取得するのはほぼ不可能に等しいため、雇用主を通して申請する必要があります。

つまり、労働許可を申請してくれる雇用主が必要という事になります。

まずは就職先を見つけましょう!

スイスでの日本人向けの求人とは?

スイスで多い日本人向けのお仕事は以下の3つです。

寿司職人

寿司職人

やはり、最近の日本食ブームの影響もあり、すし職人はどこでも引っ張りだこです。

すし職人に限らず、日本食レストランのウェイター・ウェイトレスなども日本人が就きやすい職種ですが、職人以外では労働許可を取得するのは少し難しいでしょう。

 

観光ガイド

観光ガイド

スイスに観光に訪れる、日本人の旅行客をガイドする仕事です。ツェルマットやグリンデルワルトにガイド会社があり、ガイドを募集していることがあるので要チェックです。

就労期間は日本人観光客の多いサマーシーズン(6月~9月)がほとんどですが、スキーが堪能であれば冬も仕事を得ることができます。

 

時計・土産物店店員

時計店の店員

日本人の観光客のよく訪れる、ツェルマット、インターラーケン、グリンデルワルトなどの、時計・土産物専門店も日本人スタッフを募集しています。

しかし最近は、日本人は買い物であまりお金を使わない、又はせっかく日本人スタッフがいるのに、日本人スタッフを敢えて避ける等、お店にとって日本人スタッフのいる意味があまりなくなってきているとか・・・。

求人情報は、スイスで「働く」をサポート!のhataraku.chや、海外求人・海外就職の海外求人情報サイトWordPostなどに掲載されているので、要チェックです。

スイスでの就職に必要な言語は?

スイスには4つの言語地域があります。ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語です。また、ほとんどの国民が流暢に英語を話すことができます。

もちろん、住む地域の言語を話せれば就職に有利なことは間違いないです。ただ上記の職種の場合、とりあえず英語を話せれば問題はないとされています。

日本人相手の職種ではなく、普通のスイス企業に就職したい!

スイスの企業に就職するには、労働許可付きの滞在許可証を持っていることが必須になりますので、大変難しいと思われます。

ここは少し考え方を変えてみて、働く前に学校へ行くという方法もありかもしれません。

スイスでは大学に進学する人が少なく、ほとんどが職業専門学校へ進みます。どの職業にも専門の資格があり、その資格を所持していることを就職の条件にしている企業も多いです。

例えば事務職の場合、KVと呼ばれる資格を所持していないと就職することは難しいです。

※KVとはkaufmännischer  Verband(カウフメンニシャー・フェアバント=商業協会)の略で、商業全般を学ぶビジネススクールで取れる資格のこと

また、スイスはホテル学校に大変力を入れていることで世界的に有名です。ローザンヌにあるインターナショナルホテル学校は、世界中のお金持ちのご子息・ご令嬢が通っています。

学生ビザは比較的取りやすいが…

スイスの職業専門学校では、就学期間中に見習いとして企業で働く期間があり、お給料も支給されます。卒業後にビザの延長や切り替えに成功するチャンスもあるかもしれないので、考える価値はあると思います。

語学力は必要

ただし、職業専門学校に通いスイス人とともに授業を受けるという事は、それなりの語学力が必要です。

ドイツ語圏では、ドイツ語といってもスイスドイツ語という、かなり訛りのきついドイツ人も解読不可能なドイツ語を理解する必要があります。

専門用語がフランス語

インターナショナルスクールでは、基本的に英語で授業が進みますが、ホテル学校の場合多くの専門用語がフランス語からきているので、これも覚える必要があります。

また見習い研修期間は、当然のようにスイス人同僚、またはホテルの場合宿泊客などと、現地の言葉を交わす必要があります。

授業料が高い

そして、スイスの専門学校は授業料がとても高いです。さらに追い打ちをかけるかのように、スイスでの生活費もまたとてつもなく高いので、十分な蓄えがある方でないと難しいかもしれません。

それでも、スイスで就職したいならチャレンジしてみる価値はあります!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

最近は増え続ける移民や、外国人による犯罪、また押し寄せる難民問題で、入国管理局が滞在許可の発給にとてもシビアになっているそうです。

上記で挙げた日本人向けの求人も、最近ではビザの取得が難しくなってきているそうで、求人案内でも「労働許可つきの滞在許可証を持っている方」という但し書きをよく目にするようになりました。

冗談抜きでここ数年が最後のチャンスかもしれません。みなさん、思い立ったが吉日です。この限りあるチャンスを頑張ってものにしてみてはいかがでしょうか?

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

最低月給が4000フラン(約45万円)?スイスのお仕事事情とは?

ドレスデンから日帰りできる!ザクセン・スイスの絶景がすごい

スイスで車を運転する前に知っておきたい5つのこと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
どっけ

どっけライター

投稿者プロフィール

元さすらいの旅人。山と結婚するつもりで訪れたスイスで、ちゃっかりスイス人と結婚。
出産を機に勤めていた現地企業を退職し、現在専業主婦で一児の母。
ガイドブックには載っていないおススメスポットや、在住ならではの生活に役立つ情報などをご紹介していきます。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 台湾のお茶
  2. フロリダ通り
  3. 海外就職したい方必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの
  4. ネパールでの子育て
  5. 運動靴
ページ上部へ戻る