カナダでのカルチャーショック

「お客様は神様だ」

日本で生まれ育っている私たちには、この精神が根づいていますよね。

「お客様をお待たせしてはいけない」「不快にさせてはいけない」「自分の出来る最大限のことをしなくてはいけない」

本当に素晴らしく美しいこの精神はどうやら海外では全く通用しないようです。今日は私がカナダで体験して学んだ、ある出来事を紹介したいと思います。

 


1.絶対にSorryを言わない外国の店員


カナダに住んでいたある日、私はある電気屋さんで写真の現像をお願いしていました。 翌日が友人の誕生日だったので、写真を沢山使ったメッセージカードを作成しようとしていたのです。

その日は夕方からバイトがあったので、出勤の前に現像を取りに行きました。「はい、これがあなたの写真よ」と封筒を渡され、急いでいた私はそのままお会計をしてバイト先へ向かいました。

ふと、中身が気になりバスの中で写真を出してみました。

 

すると・・

 

封筒の中からは、誰かが趣味で撮ったであろう大木の写真ばかりが何枚も出てきたのです。

「なんだこれ?それよりも私の写真は・・?」全ての写真を出してみるも、肝心の友人と映っている写真は1枚も入っていません。

間違えて渡されたんだとやっと気が付きました。気が付いたのはいいけれど、明日が友人の誕生日なので写真は今日中に現像しないと間に合いません。

しかし、こうしている間にもバスは着々と私をバイト先へ運んでいきます。 意を決した私は慌てて次の停留所で降り、電気屋さんへ引き返しました。

汗をかきながらやっとの思いで戻り、「あの、これ私の写真ではないのですが!」 と店員さんに訴えると「あら?そうなの?ちょっと待ってね」 と焦っている私とは対照的にのんびりと写真を受け取り、3人くらいで調査が始まりました。

「なんでもいいから早くしてくれ」と思う事10分、1人の店員さんが現れ「あなたの写真はもう無いみたいだから今からもう一度現像するわね」と笑顔で言われました。

それはつまり、私の写真を既に誰かに渡してしまっているということでしょうか? 大木を現像したその人は、知らない人間の写真を渡されてさぞ驚いていることでしょう。

私が呆然とするその間、誰からも「Sorry」という言葉は聞こえてきませんその後更に10分待ち、「はい、出来たわよ」とポンと渡される現像の束。

その時、「あぁ、ここにはお客様は神様だという精神は無いのだ」と静かに悟りました。確かに会計時に確認をしなかった私も悪かったのだ・・と。

 


2.バスは遅れるのが当たり前!時には予定より10分早く通過します。


その後急いでバイト先へ向かうためにバスを待つも、5分経っても10分経ってもバスは来ません。そうです。ここカナダのバスに「時間通り」を期待してはいけません。

先進国といえども時間通りにバスが来るのは、日本以外ではありえないのです。

バスの出発地点から乗り込んだにも関わらず、運転手がエンジンを掛けたのは予定時刻から5分も経ってからということもあるのです。彼らは5分前後の時差は時差とも思っていないのです。

日本のように「3分程遅れたことをお詫び致します」なんていうアナウンスはカナダで聞くことは出来ません。

しかしその分、運転手さんやお店の店員さんはフレンドリーな事が多いです 仕事中であろうと、お客さんに気軽に声を掛けたり笑いあったりしています。

地元のお客さんもそれが当たり前なので、皆楽しそうに会話をしています。そのせいでスーパーのレジが全く進まないということはよくありますが、カナダにはお客と店員の間に上下関係はなく、対等な関係なのでしょう。

 


3.まとめ


いかがでしたでしょうか。

日本で生まれて日本の接客サービスに慣れている私達には驚くことも沢山ありますが、働く側がストレスを感じないで仕事をしているので、彼らの笑顔はとても印象的でした。

日本の相手の気持ちを重んじるサービスと、外国の素直でフレンドリーなサービス。

どちらにも素敵な面がありますが、あなたの好みはどちらでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タイ語
  2. オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと
  3. エジプトの旅行会社で海外就職
  4. 中国大連
  5. 台湾で朝食を買う人の列
ページ上部へ戻る