ドイツ就職のあれこれ、都市別求人情報(給料、職種、業種)

フランクフルト

ドイツで仕事を探してみましょう!

ドイツではどのような求人があり、日本人はどのような職種で働いているのでしょうか?また、給料はどのくらいで、それだけで生活していけるのでしょうか?

今回は、ドイツでの仕事と給料について、実体験をまじえながらご紹介していきます。

ドイツの主な求人

ドイツで仕事を探すなら、以下の地域に注目して探してみましょう

 

ベルリン

ベルリン

by flickr

主にカスタマーケア、マーケティング、セールスマネージャーなどの求人をよく見かけます。ただし、日本人向けの職はあまりないため、倍率が高いのが現状です。

ベルリンで働いている日本人は、自営をしている人が多いようです。また、最近ではスタートアップ(ベンチャー企業)で働く人も増えています。

 

デュッセルドルフ

デュッセルドルフ

by flickr

ドイツで就職をしたい日本人は、最終的にデュッセルドルフで働くことになる人が多いです。

ここには日系企業が数多く進出しており、日本人向けの求人が多数あります。職種としては、営業アシスタントや貿易事務などが多いようです。

デュッセルドルフは日本人村と呼ばれており、日本人がたくさん住んでいます。そのためドイツに住んでいながら、日本の商品を手軽に手に入れることができます。

ただし、狭い街なので、日本人コミュニティが苦手な人には窮屈かもしれません。

 

フランクフルト

フランクフルト

by flickr

フランクフルトにも日系企業は多いので、就職はしやすいと思います。

フランクフルトは金融の街ですので、主に金融関係の求人が多いですが、その他にも貿易関係、電子部品系の職種の求人があるようです。

東京からの直行便もありますし、ドイツの中央部に位置していますので、交通の面では大変便利な街です。

 

ミュンヘン

ミュンヘン

by flickr

上記の2つの都市(フランクフルトとデュッセルドルフ)に比べれば、求人は少ない印象ですが、翻訳やマネージャークラスの人材の募集が定期的に行われています。

求人自体は少ないですが、日系企業は多いので、長期的に就職活動をしていけば、よいポジションの求人も見つかるかもしれません。

 

ハンブルク

ハンブルク

by flickr

ドイツの中では、ミュンヘンと並び物価の高い都市ですが、ハンブルグにはあまり日本人向けの企業求人はありません。たまに電子機器メーカーの秘書などの募集を見かけます。

以上、大きな都市における求人案内の傾向でした。

大きな都市にこだわらないのであれば、ニュルンベルグなど、小さな都市でもたまに求人を見かけます。求人の内容や条件が希望とマッチしているのであれば、応募してみてもよいかもしれませんね。

ドイツで生活!企業で働く以外の選択肢

もちろん、企業で働く以外にも、ドイツで働く方法はたくさんあります。

その例として、最も多いのがフリーランスとして働くことです。

その他には、翻訳・通訳業、日本食レストランのコック、美容師などとして就業している方がいます。

ドイツで働く場合の給料の目安は?

さて、気になる給料は、というと、職種にもよるかと思いますが、大体1500ユーロ程度からのスタートとなる場合が多いようです。

気をつけなければならないのは、この1500ユーロというのは、あくまでも税金が含まれた金額だということ。ここから保険、税金が差し引かれますので、手取りにすると1100ユーロ(14万弱)となります。

ベルリンのドイツ企業で、カスタマーケアとして働いていたときの給料は1750ユーロ程度でした。

カスタマーケアの給料の相場は、1500ユーロからのスタートが多いようです。もちろん、その後頑張り次第で、給与はアップする可能性があります。

生活費が安い分、給料も安い

一か月にかかる生活費は、ベルリンではおよそ650~700ユーロ(9万弱)程度です。

ベルリンは生活費が安い分、給料も低いと言われていますので、他の都市の場合はもっと給料は良いと思います。

ハンブルグを例にとってみると、カスタマーケア業界の給与は1800ユーロくらだと言われています。同じ職種でも、ベルリンよりだいぶ高いですね。

ドイツでも自分の力でキャリアアップをしていこう

ドイツでは、会社内で自分のポジションより良いポジションを募集していれば、自らそこに応募して、ポジションアップを狙います。

また、転職はキャリアアップとの捉え方が一般的です。主にヘッドハンティングなどの形でキャリアアップしていくケースが多いようです。

一旦就職が決まったからといって安心せずに、次のポジションを見据えて常に準備をしておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

ドイツでの就職は簡単ではありませんし、働き方も日本とはだいぶ違いますので、初めは慣れることに必死になってしまうかもしれません。

でも、ドイツ人の働き方は非常に効率がよく、日本人にも学ぶところがたくさんあります。

せっかくならば、語学力を磨いて、ドイツ系企業やグローバルな会社で働きながら、キャリアアップを狙ってみたいですね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

おすすめ

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

ドイツ・ベルリンでの物価はどれくらい?1ヶ月の生活費シミュレーション

なんとなくドイツへ、ベルリン移住を決めた4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 中国のスリ
  2. アルゼンチンの国籍別のお仕事の特徴
  3. 台湾留学することを決めた理由
  4. ニュージーランドで病気
  5. フロリダ通り
ページ上部へ戻る