庶民的ご飯のススメ!インドネシアローカルご飯5選

インドネシアと言えばナシ・ゴレン

日本人のお口に合う東南アジア料理をご存知ですか?
東南アジアには様々な料理がありますね。
 
 
今回は、そんな日本人の口に合うインドネシア料理をご紹介します。
お米が主食なのも日本人には嬉しいポイントですね。
 
 
インドネシアでは、ローカルご飯の食事の値段が安いから外食も気軽に出来ますよ。
今回は、そんな庶民に大人気なインドネシア料理をご紹介したいと思います。
 
 

インドネシアと言えばナシ・ゴレン


インドネシアと言えばナシ・ゴレン
イメージ写真:http://tonyjsp.com
甘辛いチャーハンに目玉焼きがポンッと乗せられたナシ・ゴレン。
未だかつてナシ・ゴレンが嫌いだというインドネシア人や日本人にお会いしたことがありません。
 
それほど、メジャーで美味しいローカルご飯なんです。
 
 

バリに着いたらとにかくバビ・グリン


バリに着いたらとにかくバビ・グリン
イメージ写真:webry.biglobe
バリ島に来たら絶対食べたいのが、バビ・グリン(豚の丸焼き)です。
最初食べた時は、バビ・グリンの美味しさがあまり分かりませんでしたが、今では虜になっており、
 
 
「何かご飯食べる?」と聞かれようものなら即座に
 
 
「バビ・グリン」と答えてしまうほどになりました。
 
 

ちょっと寒い時期はバクソが食べたい!


ちょっと寒い時期はバクソが食べたい!
イメージ写真:wikipedia
鳥肉団子や牛肉団子の春雨スープであるバクソ。
ジャワ出身のインドネシア人は本当に大好きですね。
 
 
こちらでは、お店で出されたバクソに甘いケチャップとトマトソース、サンバル(唐辛子のソース)で自己流にアレンジして食べるのが当たり前。
何にも入れないで食べていると、「これ入れたほうがオイシイよ。」と周りの人におせっかい焼かれる羽目になります
 

ルンダン・サピ


ルンダン・サピ
イメージ写真:wikipedia
パダン料理であるルンダン・サピは、牛肉の煮込み料理ですがこれの美味しい事といったら、夢にまで出てくるほどです。
 
白いご飯によく合うスパイシーな牛肉が、本当にたまりませんよ!
 
 

スップ・アレス


スップ・アレス
イメージ写真:angkasa
バビ・グリンをテイクアウトせずにお店で頂くと大抵一緒に付いてくるスープがこちら。
バナナの幹と豚肉のスパイシーなスープです。これだけでご飯軽く3杯は確実に完食できちゃいそうです。
 
豚肉のコクとバナナの幹のシャクシャク感のハーモニーが楽しめる一品です。
 
 

まとめ


いかがでしたか。
インドネシア料理は、地域や島ごとに特徴があります。
暑い国なのでよく唐辛子を食べますが、慣れてくるとサンバルなしではご飯が食べられなくなるほどになってしまいますよ。
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. フィジーの語学学校で海外就職
  2. ガソリンの種類
  3. インドネシア
  4. 英語を使う機会をできるだけ増やしましょう!
  5. ミアンカム
ページ上部へ戻る