ネパールはこんなところ!移住してわかった5つのこと

ネパール

いつかは海外に移住してみたいなと思ったことはありませんか?

私は結婚がきっかけでネパールに移住することになりました。初めの頃はネパールに行ったこともなければ地図の場所さえ知らない、そんな無知の私でしたが今ではこの異国の地で快適に過ごしています。

そこで、今回は実際にネパールに移住してわかった5つのことをご紹介します。

何はともあれ物価が安い!!

ネパールは物価が安い

やはりアジアに移住する方のほとんどの方が、この理由で!と言ってもいい位、魅力的な要因の一つですよね。

ネパールもその物価の安い国の代表的な一つとおもいます。日本とどの位違うのか、というと日本で100円を超えそうなビスケットが約20円ほどで買えたり、美味しいケーキなども80円ほどで買うことができます。

家賃も1万円か2万円位でだいぶ快適な所に住めますし、家なども日本の3分の1位の値段で買うことができます。

逆に、車や、バイク、電化製品は比較的高いです。

最近ではネパールでも物価がどんどん上がっていますので長期滞在や移住を考えている方は早めにどうぞ!

ネパールの教育が意外にすごい!

ネパールの教育

意外にも、ネパールの教育のレベルがすごいのです。特に語学や数学に力を入れています。

ほとんどの学校が私立で、母国語以外の授業では全て英語で行われるので英語も母国語と変わらず話せる子供がほとんどです。

3歳4歳で学校に入学し、しっかりと鉛筆を持ち、アルファベット、1から100までしっかり読み書き出来るよになるのです。

普通の人でネパール語、英語、ヒンディー語の、3カ国語は話せるようです。これから発展していく国は教育熱がすごいのです。

授業料も安いので、国際派な子育てをしたい方にはおすすめです。

地域社会全体で子育てするから育児がラク!

ネパールは地域社会で子育て

たくさんの家族に囲まれて生活する家庭が多く、近所付き合いがとても密なネパールは育児がしやすい環境です。

子供の数よりも大人の数が多いので忙しいときは子供を見てもらえるます。家族や近所の方と一緒になって子供たちを世話する環境になっています。

子供が小さくても保育園に行かせず出来る環境です。

とにかく絶景がすごい!

ネパール

ヒマラヤの豊かな自然にか囲まれたのんびりライフ。ネパールと言えばやはり、ヒマラヤ山脈です。

世界一高い山、エベレストのあることでも有名ですよね。

朝起きて、朝焼けに染まるヒマラヤ山脈を眺めながら頂く、暖かいチャイは何とも言えない贅沢を感じることができます。

ネパールの絶景

そして皆、のんびりと毎日を過ごしています。

ネパールでは、毎年、土地の値段が上がっています。代々受け継がれている土地を持っている人は、この土地を使いビジネスをしたり、ホテルや賃貸などの家賃収入で生活している人も多いようです。

仕事も何だかマイペースにしているような気がします。

必要なものはLet It Beな大らかな心持ち!

ネパール

ネパールでの生活では便利なもの、クオリティの高いものを求めることはできません。日本では当たり前の様な便利な商品はこちらでは手に入らないか、あったとしてもものすごく高額です。

なぜなら皆使わないからです。あまり必要も無いのです。

手洗いで洗濯するゆとりのある生活

例えば、洗濯機はほとんどの家庭にありません。ネパール人は全て手洗いで洗濯をします。

全てを手洗いするほどの時間のゆとりがあるのです。

そして、服や物は頻繁に壊れるので、修理屋さんが欠かせません。日本では使い捨てのものが沢山ありますが、ネパールは繰り返し使い、使いきります。

まさにエコ!

昔の日本を思い出すようなネパールの生活スタイル

エコを意識していなくても自然と地球に優しい生活ができるのです。その反面、せっかくの美しい自然があるのにも関わらずいたるところがゴミだらけでもあるのも事実です。

路上やトイレなど、お世辞にもキレイとは言えません。ネパールはまるで昔の日本にタイムスリップしたかのようなありのままの生活が楽しめます。

これから発展する様子をこの時代に見られる事、体験出来ることはとても素晴らしい人生経験の1ページになるかと思います。

今の日本では考えられない生活がそこにはある

忙しい現代の日本では早くて便利な方がが良いけれど、もし、忙しくない、のんびりライフだったら…?

早くて便利なものは、なくても大丈夫になってくるはずです。日本にいたときには考えられない夢のような生活ですよ!

時間や手間はかかるけど自然でなんだか心も豊かに!何て思える方にはネパールは本当にパラダイスです。

私もそう思ってしまった一人でもあります。価値観は人それぞれ違いますがネパールライフに魅了される人は世界中に沢山いるかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

私も移住した頃は、食べ物や文化の違いに戸惑う事もありました。しかし、今ではこのネパールの地がとても大好きになり移住して良かったなと心から思います。

旅行や長期滞在、もちろん移住でもネパールライフを是非体感してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
izumi

izumiライター

投稿者プロフィール

アパレルのデザイン会社でイラストレーター、デザイナーを経てフリーランスに。
ネパール人の旦那さんと国際結婚。子供には無理なく英語を覚えさせたいと思い、子供の学校入学のタイミングにネパールに移住。
現在、二児の母でもあり、ここネパールで異文化と自然に囲まれながらイラストレーター、デザイナーとして活動中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. 中国へ持っていくと便利なもの
  2. 中国での妊娠
  3. ベトナム挨拶は大事!シンチャオ
  4. タイでよくあるスリの常套手段
  5. 海外へ転職したい。会社の辞め方と知っておきたいこと
ページ上部へ戻る