タイから日本へ郵便を送ろう!タイからの郵送方法(料金・書き方)

タイの郵便局プライサニー

インターネットの発達した今の時代、海外とのやり取りもずいぶんと簡単になりました。書類のやり取りや音声通話もインターネットさえあればほぼ無料で出来てしまいます。

でもどうしても形あるものを送らなければいけないという時もありますよね。

「遠く離れた家族に○○を届けたい!」

そんな時、日本ならすぐ郵送できるんですが海外からだと値段や紛失が心配という方も多いと思います。

安心してください!

タイにも郵便局があります。しかも結構簡単に日本に手紙や荷物を送れてしまうんです。

今回はタイから日本への郵送方法(料金や郵便の書き方、よく聞かれること)をご紹介します。

まずは郵便局を探そう

タイの郵便局プライサニー

タイで郵便局は次のように呼ばれています。

「ไปรษณีย์:プライサニー」

日本と同じように赤を基調色とした建物で、タイ各地の県庁所在地だけではなく少し小さめの町にもほぼ確実にあります。もちろん建物の大きさは町の規模によって変わってきます。

郵送料金を調べよう

やはり郵送に掛かる費用は気になるところですよね。

ご安心ください!

タイの郵便局はしっかりと組織されており法外な料金を吹っかけられるという事はまずありません。

また、タイ郵便局のウェブサイトから各種料金を事前に確かめることもできます。

ウェブサイトはこちら:http://www.thailandpost.com

言語はタイ語と英語から選ぶことができます。

タイの郵便

右上の歯車マークから言語の変更を行うことができます。

「Calculate Fee」という項目を選ぶと送付先の国と荷物の重量(グラム)を打ち込むよう求められます。次のページに進むと入力した荷物の情報に沿った各種サービスの値段が表示されます。

送り先住所の書き方

一般的にアルファベットで日本の住所を逆から書いていくという方法があります。

番地→町名→県名→国名→郵便番号、と言った感じです。

……なんだかややこしいですよね。なので一番簡単な方法をお伝えします!

タイから日本への郵便

まず送付先住所を書くところの上に大きな字で「To Tokyo Japan」と書きます。

しっかりと目立つよう大きな字で書きましょう。赤いペンなどで書くとなお良いです!

その下に日本語で送付先住所を書きます。

つまり、タイ郵便局から日本に送り、そこからは日本の郵便局にお任せするという方法です。私はこの方法で日本の友人に封筒を送りましたが1週間ほどで無事に届きました。

どうしても心配でしたらアルファベットでの住所も書いておくと良いかもしれません。あとは上記の方法で用意した荷物を郵便局に持って行き料金を支払うのみです。

ちなみにタイの郵便局では来た順にチケットを取りその番号が呼ばれるのを待つというシステムになっています。なので何も知らずにカウンターに行って割り込みしてしまうことのないよう気をつけましょう。

郵便局で聞かれる事

カウンターで荷物を見せるとおそらく次のように聞かれます。

「ลงทะเบียนใหม?:ロン タビヤン マイ?」

これは日本でいうところの荷物追跡サービスのようなものです。追加料金を払うなら先ほどのタイの郵便局のウェブサイトで荷物追跡を行うことができるようになります。

一つの荷物につき100バーツ以下で追跡出来ます。

サービスを選んで料金を支払ってしまえばあとは荷物が届くのを待つだけです。

まとめ

いかがでしたか?

意外と簡単に日本に荷物を送れてしまうと思われたのではないでしょうか。しかも料金もそこまで高いわけではありません。重さが100グラムを超えない封筒なら200円程度でタイから日本に届いてしまいます。

近年、経済的に成長しているタイだからこそこうしたサービスがますます向上してもらいたいものですね!

おすすめ記事▽

  1. タイの家にはあれがない!タイのちょっと変わった住宅事情
  2. タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット
  3. 初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ロイクラトン祭り
  2. 中国のスリ
  3. マレーシアで海外就職、気になる仕事や給料相場
  4. ニュージーランドの銀行口座開設
  5. トムヤムクン
ページ上部へ戻る