ニュージーランドの治安は?現地で注意したいこと

ニュージーランドの治安

「ニュージランドは田舎で比較的治安が良くて安全な国」というイメージで留学や渡航を考えている方もおおいのではないでしょうか

実際に私は田舎町が好きでのんびりといたニュージーランドが好きです。

しかし、そんなイメージが覆される事件が最近は増えてきました。テレビなどでは取り上げられることは無いですが、事件の凶悪性から日本領事館から注意喚起のメールをいただいたので、今回はニュージーランドの治安と防犯対策をご紹介します。

最近あったアジア人を狙った事件

ニュージーランドの治安

オークランド市内で起きたアジア人を狙った事件です。夜8時から9時ごろに市内のアルバート公園でアジア人女性が暴行され、ブランド物のハンドバッグが奪われました。

幸い軽傷で済んだものの、心の傷は深いと思います。また、女性だけではなく、別の件でアジア人男性も暴行を受けたということです。

現地紙によると、現在は4件類似した事件が起きており、すべてが突然かつ、悪質な為、現地紙でも大きく取り上げられています。

ニュージーランドで注意したい場所や外出時の服装

海外では全てが自己責任になります。事件に巻き込まれないように以下のことに気をつけましょう!

 

夜の公園を避ける

今回、事件が起きた現場はいずれも都市部の大きな公園です。昼間は子供や家族連れで賑わい、とても犯罪の起きるような雰囲気の場所ではありません。

しかし、夜は注意が必要です。

夜になると、電灯はあるものの、暗闇です。木の陰に誰かいても、判断はとても難しいですよね。大きな公園ならばなおさら、隠れられる場所も多いため、狙われやすいです。

 

大通りから外れた路地避ける

大通りのように人が行き来しない為、待ち伏せされて狙われる事があります。夜に抜け道だからと細い道を通るのは危険です。できる限り人目の多い道を選んで、安全第一で移動しましょう。

筆者は小さな子供がいる為、少しでも早く移動したいのですが、やはり安全面をみて少し遠回りでも、安全な道を選んで生活しています。

 

夜の公衆トイレを避ける

ときどき道に公衆トイレがあります。

しかし、夜はライトがあっても薄暗くなるので、やはり注意したほうが良いでしょう。人気のいないトイレでは犯罪が起こる確率が高いようです。

 

ブランド物のバッグ、露出度の高い服装を避ける

パーティやクラブに行くときは露出度の高い服装になると思いますが、なるべく友達と移動し、暗い道は避けましょう。

また、自分を守るためにも外出先では泥酔しない程度にお酒を楽しみましょう。また、ブランド物は高く売りさばける為、お金目的で強盗されたり、狙われやすいので注意しましょう。

自分の身は自分で守る

海外に来て、気持ちもオープンになりがちですが、どこに居ても危険なのは一緒です。特に夜は男性でも注意が必要です。

アジア人を狙った事件では、私も安全な場所だと思っていた場所での事件だったので、衝撃を受けました。アジア人は海外の人たちに比べ、肉体的にも力にも大きな違いがあります。

海外ではなおさら、自分の身は自分で守ることが大切になってきます。渡航の際には音のなる防犯グッズや、危険な場所などを調べておくのが大切かもしれませんね。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

もし、変質者を見つけたら、たとえ男の人が一緒でも、近づかずにその場を立ち去りましょう。それでもなにかの被害にあってしまった場合は、迷わず警察に連絡をしましょう(警察は111です)。

また、つねに人も場所も日本とは違うという意識をもって身を守って下さいね!少しでも安全に、楽しいニュージーランド生活をおくれるように注意しましょう!

おすすめ記事▷

  1. ニュージーランドで病気になったらどうするの?(医療施設・費用など)
  2. ニュージーランド在住妻が選ぶおすすめのお土産7選
  3. 住んでみて初めてわかる!ニュージーランドあるある7選
  4. ニュージーランド移住暦7年!移住してよかった7つこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Little kiwi

Little kiwiライター

投稿者プロフィール

ニュージーランドに移住して7年、現在は羊たちに囲まれながら育児奮闘中。美味しいもの、自然、動物が大好き。
海外の絵本が好き。素敵なカフェを開拓するのがひそかな楽しみ。もちろん、ラム肉が好き。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ミャンマーの治安
  2. ベトナムでの銀行口座の開設の仕方ガイド
  3. 巴黎贝甜「Paris Baguette」
  4. 知らない人が寝ている
  5. 犬も歩けばスパに当たる!インドネシアはスパ天国だった
ページ上部へ戻る