EMSよりも安く荷物を韓国から日本へ送る方法(小型包装物)

韓国から日本へ小型包装物を送る方法

国際郵便と言えば、EMS(国際スピード郵便)が有名ですよね。日韓間でも3日ほどで荷物が到着するのでとっても便利ですが、ひとつだけネックなのが少々高めの料金です。

ちょっと送るだけなのに20,000ウォンもすると、なかなか活用しづらいのが本音です。実はあまり知られていないのですが、韓国から日本へ郵便物を送る際にEMSよりもはるかにお得に荷物を送る方法があるんです!

今回は、EMSよりも安く荷物を日本へ送る方法(小型包装物)をご紹介します。

小型包装物とは?

まず小型包装物は韓国語で「소형포장물:ソヒョンポジャンムル」といい、名前の通り小型も荷物を送るときに使える発送方法です。

メリット

とにかく安い!

のひと言に尽きます!

デメリット

  1. 時間がかかる(到着まで1週間ほど)
  2. 保障がない(追加金で書留にできます)
  3. 大きいもの、重いものは送れない

と、一見デメリットだらけのようにも見えますが、規定範囲内の大きさで、中身の値段も高価でなく、急がない荷物だったら断然小型包装物がおトクです。

私も実家や友達にちょっとしたプレゼントを送るときなどによく活用しています。保障がないと言えども、今までトラブルも起きたことがないので助かっています。

日本へ送るときに送り状は必要ない

韓国から日本へ小型包装物を送る方法

小型包装物には郵便物に必須の送り状がありません。ではどのようにして送ればいいのでしょうか?

  1. ダンボールに直接送り先、発送元を書いてしまう方法。
  2. 送り先、発送元を書いた紙を貼り付けてしまう方法です。

書き方は至ってシンプルで、左上に発送人の名前、住所、電話番号、右下に受取人の名前、住所、電話番号を書くだけでOK。

まるで手紙を送るような気軽さで荷物を送れてしまうのです。

肝心の郵送料金は?

安いのが魅力の小型包装物。重量制限があり2kgまでしか送れませんが、最大で8270ウォン(2016年5月27日現在約770円)。

1000円未満で送れるのは嬉しいですよね!

ちなみにEMSで2kgの荷物を送ると25200ウォン(約2340円)なので、約3分の1の節約になります。重量別の詳しい料金は韓国の郵便局ホームページに記載してありますので、そちらでチェックしてみてください。

参考URL:http://www.koreapost.go.kr(※韓国語版、日本は表1の欄をご欄ください)

郵便を送る時の注意点は?

小型包装物という名前の通り、小型の荷物のみが適用できます。

大きさ:

  • 最大600mm
  • 長さ+幅+厚み=900mm
  • 最小90mm×140mm
  • 重さ:2kgまで

小型とはいえ、大きさは最大サイズめいっぱいになると案外大きいです。

実際にあった郵送時のトラブルと対策

私の体験談なのですが、小型包装物適用範囲内ギリギリの荷物を持っていったときに、これが小型包装物で送れるわけがない、と勝手に少し高い普通の国際郵便に切り替えられて送られそうになった経験があります。

一度手続きを済ませてしまったあとにやっぱりおかしいと思い、ホームページの画面を見せなんとか説明して事なきを得ましたが、そのようなことにもならないためにもホームページの画面を用意しておくのもまた注意点のひとつです。

国際郵便物の規格および重量制限:http://www.koreapost.go.kr

郵便局といえども、スタッフが知らないとそんなものない、と言われてしまうこともあるので気をつけてください。

特に小型包装物はそのようなことが多いようが気がします。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

国際郵便にもいろいろ種類があり、もちろんEMSも小型包装物より値段が高い分だけのメリットがあり、逆もまた然りです。

状況に応じて使い分けられる選択肢があるのはいいことだと思い、今回は安く日本へ郵便を送る方法をご紹介しました。ぜひ活用してみてくださいね!

おすすめ記事

辛くない韓国料理!辛いのが苦手な人におすすめしたい韓国料理5選

 

韓国お役立ち記事

  1. 韓国の銀行口座の開き方ガイド (種類、おすすめの銀行、必要書類)
  2. 韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)
  3. 韓国での部屋の探し方ガイド(必要なもの、お得な借り方、立地、相場)

海外の面白いを伝えてくれるライターさん募集してるよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. スイスの学校
  2. 海外就職
  3. 中国へ持っていくと便利なもの
  4. オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと
  5. 锅巴
ページ上部へ戻る