自己主張が出来れば世界が変わる、新しい自分と出会うきっかけ

本音を言わない日本人

皆さん海外に行ったことがある方はもちろんご存知かと思いますが、海外の方って日本人と違ってイエス・ノーをハッキリ言いますよね?基本的には人に合わせて行動するよりも自分のしたいこと・思ったことを主張します。

私も海外生活の初めの頃はそういう傾向の強い友人に対してちょっと苦手意識を持ってしまったり、彼らがそういう文化だとはわかっていても単に気の強い人だと思っていました。

ところが海外生活を長く経験したり色んな人達と話すことでそんな彼らに対する私の日本人としての偏見が間違いだということに気づいたのです。

今回は是非とも私の経験を通して日本人の方々にこの自己主張における互いの文化の理解を深めてもらえれば、と思います。

一人でいるよりもみんなでいた方が良い

みんなで一緒にいる

海外生活5ヶ月目の頃、新しく始めたアルバイトで上手くいかず悩んでいた時期がありました。人間関係もそうですが、何にせよやはりコミュニケーション能力の問題。

つまりは英語力の問題から来るものが多く、英語に対する自信を無くして誰とも話したくないと思っていました。その頃の私はシェアハウスにて台湾人とスペイン人と住んでいたのですが、ある時スペイン人の子が話しかけてきたのです。

「どうしたの?最近元気ないけど」

「ちょっとアルバイト先で上手くいかなくって……。」

「そう、でもあなたはまだ始めたばかりだし自分なりに頑張れば良いのよ」

「そうだよね……。ありがとう」

という会話の後にも更に彼女の饒舌や英語力の高さも手伝ってドンドン色んなアドバイスを話してくれます。しかし残念なことに英語力に自信を無くしていた私は特に英語力の高い彼女と話すことでより自分の惨めさを痛感し、「もう一人にしてほしい」と思っていました。

恐らく日本人同士であれば空気を読んだり、表情などから察してあまり多くは語らず、一人にしておこう・そっとしておこうというような雰囲気になると思います。しかし彼女は違いました。

あまりにも気持ちが疲れてしまった私は

「うん、そうだね。分かったよ。じゃぁちょっと色々考えたいし部屋に戻るね。」

と言い訳し一人になろうとした瞬間、

「ダメだよ。辛い時やしんどい時に一人になると余計に気持ちが暗くなっちゃうでしょう?だからここは折角シェアハウスなんだし、私たちもいるから、そういう時こそ皆とたくさん話した方が良いわ!私達は家族なんだから。そういえばね、この前……」

と話しを続けていました。

当初こそ戸惑いや多少のストレスを感じてはいたものの、確かに彼女のやり方も日本人からすれば少し荒療法かもしれないけれども、そういうやり方もアリだなと思うようになりました。

そう感じれたのはこの時に彼女が「一緒に話して解決していこう!」と自分の気持ちを自己主張してくれたおかげでした。

どうして日本人は本音を言わないの?

本音を言わない日本人

多少なりとも日本の文化を知っている海外の人は良くこの質問をしてきます。やはり彼らにとってそれは少し奇妙なことのようです。

とあるベルギーの女子に聞かれました。

「どうして日本人は本音を言わないの?例えばみんなで話してどこかへ行こう!となった時に自分は行きたくないと思っていても、行く!と言うでしょう?不思議なのよね」と。

「恐らく日本人はそこでみんなと反対意見を言うのを良くないと思っているからだと思うよ?もし本音を言った時に嫌われてしまったらどうしよう?とか考えるんじゃないかな?あなたはどうするの?」

「もちろん行きたくなかったら気が向かないから行かない、とか他に用事があるって素直に言うよ。」

「それで相手は怒ったり気分を害したりしないの?」

「しないよ。だってみんなそうだもの。それにみんな他人の本当の気持ちなんて分からないのだから、そうやって自己主張することによって『あ、この人はこういう風に考えているんだな』と分かるし。もし本当の気持ちと反対のことを言われていたら「どうして本当のことを言わなかったの!?」となるわ。だから例え答えがノーでも『オッケー!わかった!またね』で何のモヤモヤもなくバイバイするよ」

と。

なるほど、全員がそういう文化であれば自己主張したところで誰も気分を害さないし、良い意味で割り切れるんだな、と新しい発見がありました。

また、私の実体験の中で他人と合わせて行動した結果、「どうして本当のことを言わなかったの?」と言われたことは何度かあります。これこそが日本と他国の決定的な違いが浮き彫りになった瞬間のような気がします。

私たちは何に怯えているんでしょうか?何を優先しているんでしょうか?それは本当に誰かの為や自分の為になっているんでしょうか?

色んなことを突きつけられました。

日本人は嘘つきだ

嘘をつく日本人

これも日本大好きで訪日回数4回、漢字も少し読める、というようなかなり日本文化に詳しい仲の良いフランス人に言われた一言です。前回のように彼にも「どうして日本人は本音を言わないの?」と聞かれ、前回のように返答した時に

「じゃあ、それは嘘をついているということになる」

と言われました。正直これにはかなり驚きました。そうか!そう捉えられてしまうのか!ということを知りました。

日本の文化というのは他人の気持ちを推し量ることを美徳とし、それを求められ尊重される傾向にあります。しかし海外ではしっかりと自分の気持ちを意思表示をすることで他人とのコミュニケーションを取ろうとしています。

つまり、自己主張というのは自分というオリジナルを示し、またそれこそが他人に対する敬意でもあると思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本で生活する限りではもしかしたらあまりこの話を実感する機会が無く説得力が無いように感じるかもしれませんが、海外ではとても実感出来る内容かと思います。

それぞれのお国柄や文化によって何を美徳とするか、というのは全く違ってきます。私はこれらの経験によって典型的な日本人体質だったものが少し変わってきたように感じます。

それを良いと捉えるのか悪いと捉えるのかも、受け取る相手の感じ方次第。でもやっぱりせっかく自分を生きているんだから、特に他人を優先しがちな日本人はもう少し自分を出してみてもいいのではないでしょうか?

それによって見えてくる新たな世界は、あなたが自分で切り開いた新しい世界になるはずです。

おすすめ記事

  1. プチ移住体験もできる?ゲストハウスでしか得られない7つのこと
  2. 海外で出会う人々を笑顔にするたった一つの魔法の日本語
  3. 旅の醍醐味は一人旅!女性の私が一人旅を進める3つの理由!

 

ちょっと今、人探ししてます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Miiライター

投稿者プロフィール

世界を旅するフリーライター。アメリカ、中国、オーストラリア、マレーシア、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア等を旅する。今年はイギリスへ渡航予定。感覚で生き、何でも興味を持つ好奇心旺盛ライター。笑顔は最高のビタミン!o(≧ω≦)o

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. タイの市場
  2. セブ島へ行く航空会社
  3. フランス
  4. 台湾のお土産茶器
  5. タイのネット環境
ページ上部へ戻る