スイーツも充実!女子も認めるタイのコンビニはちょっとした癒しスポット

タイのコンビニ

海外でもちょっとした瞬間に入りたくなるのがコンビニです。飲み物を買いたい、充電機を買いたい、など利用方法はさまざまです。

海外旅行から帰ってきて日本のコンビニに入るとホッとするという人もおり、日本=コンビニ大国といっても過言ではありません。

では、タイにはコンビニがあるんでしょうか?その使い勝手は?今回はそんなタイのコンビニ事情をご紹介します。

タイのコンビニ事情

安心してください!タイには多くのコンビニがあります。

しかも日本人の私たちに馴染み深い「LAWSON」、「セブンイレブン」、「ファミリーマート」などの日系のコンビニがあるんです。バンコクなどの大きな街では少し歩けばすぐに何かしらのコンビニを見つけることができるでしょう。

バンコクから少し田舎の町へ行くと、圧倒的シェア率を誇るのが「セブンイレブン」です。

時折、セブンの数十メートル先に別のセブンがあったりします。それでも二つの店舗が両立しているので、タイでどれだけ多くの人がコンビニを利用しているのかが分かります。

おすすめ商品(スウィーツ)

ここでは特にスウィーツと軽食に着目しご紹介します。

バニラロールケーキ

バニラロールケーキ

日本でも定番の「バニラロールケーキ」です。お値段は29バーツ(約90円)、大きさは日本のそれとほぼ同じです。

味もタイには珍しく甘さ控えめで食後のデザートにぴったりです。

 

抹茶ロールケーキ

抹茶ロールケーキ

最近、このバニラロールケーキの抹茶味が出ました。こちらも甘さ控えめのクリームにあんこが非常にマッチし、コーヒー、紅茶、緑茶となんにでも合いそうな味です。お値段は32バーツ(約100円)です。

ホットサンド

ホットサンド

続いてちょっと小腹が空いた時に食べれるのがコチラのホットサンド

中の具材によって値段は違ってきますがだいたい30バーツ前後です。

好きな味を選びレジでお金を払うと、その場で温めてくれます。専用の入れ物に入れてくれるので手を汚さずに食べることができます。いろんな味がありますがおすすめは「カルボナーラ」。濃厚な具材をパイ生地に挟んでいてとても美味しいです。

女性なら一つでも満足できるボリュームです。

セール対象時を狙うと安く買える

実はこうしたスウィーツや軽食はよくセールの対象になっています。2つ買えばいくら安くなるとか、お茶やジュースと一緒に買えば普通より安い価格で買えたりします。

セール中の商品の上にはポップアップが付いていてその時のセール情報が書かれているんですが、ほとんどの場合英語でも表記されていますので注意深く見ていればきっとお得な買い物ができるでしょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

タイのコンビニも結構使えるんです。ほんの3、4年前まではこういったスウィーツや軽食はあまり売っていませんでしたがここ数年で一気に充実した感があります。

タイは日本人にとって、ますますに住みやすい国になってきました。タイ料理に飽きたとき、日本が恋しくなった時、コンビニに立ち寄ってみてはいかがですか?

 

おすすめ記事

  1. バンコクから日帰りで行ける!ガイドブックにはない穴場スパンブリー巡り
  2. タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット
  3. バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

 

タイお役立ち記事

  1. タイで歯の治療、バンコクの歯医者の選び方(ポンサク歯科体験)
  2. 初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう
  3. 海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. フィリピン・セブ島で過ごす大人女子の休日
  2. メキシコ
  3. 止めておけ!海外就職や留学に向いてない人の4つの特徴
  4. ヤギ
  5. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
ページ上部へ戻る