現地採用の面接に受かる人の6つの条件と特徴(海外就職編)

現地採用面接に受かる人の特徴

いざ「海外就職をする!」と決心をし現地求人を検討する中で、選考を進めるには企業のニーズにいかにマッチするかという点が大切になってきますよね。選考の中でどんな点が現地採用者にとって重要になってくるのでしょうか。

海外で現地採用として採用されるために必要なことはたったの6つです。

今回は、インドネシアでの人材業界で活躍した経験から、現地採用の面接に受かる人の2つの条件と4つの特徴をご紹介します。

海外就職で必要なのは、まずは何と言っても語学力

現地採用面接に受かる人の特徴

やはり海外企業採用担当がまず一番に見るのは語学力です。語学が出来ないと現地の社員とコミュニケーションが取れず基本的な仕事が出来なくなってしまいます。

例えば、インドネシアの場合は、英語またはインドネシア語が必要になってきます。ビジネスレベルが必須と求人に記載している企業が多いですが、実際は日常会話レベルでも業務経験でカバーできれば問題ないという企業もあります。

また、必要とされている業務経験がしっかりある場合は、語学は勉強中であれば問題ないと考える企業も存在します。語学はインドネシア語、英語どちらも出来なければいけないという企業は少なく、どちらかできれば問題ありません。

必要とされる業務経験

新卒はインドネシアにおいてはビザの問題もありなかなか就職が難しい状況です。ほとんどの企業が業務経験を必要としていますが、長年の経験を必要とする企業より3年前後経験者の若手を必要とする企業が圧倒的に多いです。

これは、採用を検討する企業が海外進出してから間もない場合が多く、その際に新規開拓営業マンを必要とする為です。

上記で語学が重要と述べましたが、経理やエンジニア等専門性が高い職種の場合は、語学はそこまで重要視されません。経験と語学のバランスが大切になってきます。

求められる人物の4つの特徴

求められる人物像

海外で求められる人の4つの特徴をご紹介します。

 

柔軟性・適応力

どこの国でも同様ですが、海外で仕事をし、生活をするという点で特に求められるのが柔軟性・適応力です。初めての海外生活は日常生活において大変な事が多く、また仕事の中でも海外ならではの急な変更や突発的な事が日常的に起こります。

仕事を進める上でも価値観が違う現地の人と恊働するのは、想像以上に相手に寄り添って理解し適応する力が必要となってきます。

採用担当者側としても、なるべく早く現地の生活や仕事に馴染んでほしいという考えから、特に大切にされる点です。

 

積極性

現地の企業では、日本人社員が1名~5名程度の企業が数多く存在します。

日本のように社内教育制度も整っておらず、しっかりと指導をしてくれる日本人を配置する事が困難です。その為、自分自身で考え、積極的に自ら動ける人が求められます。

 

コミュニケーション能力

日本の採用でも大切にされる点ですが、様々な価値観の人々と仕事を進める海外においては特に重要とされる点です。

業務遂行において語学が全てをカバー出来ない事も多々あり、その際はどれだけ言葉に頼らず現地の人とコミュニケーションを取るかという点が大切になってきます。

例えば、差し入れをする、飲み会に誘う、友人を紹介するなどです。

語学がほとんど出来ない人でも、コミュニケーション能力が高くすぐに現地社員と馴染んで仕事を進められる人もいます。その点では語学以上に重要な点かもしれません。

 

日本的なサービスへの理解

海外の日系企業は、現地で「日本的なサービス」を売りとしている為、日系ならではのサービスの質への理解が必要とされます。

日本的なサービスとは、「納期を守る」「誠心誠意」「丁寧な対応」など、日本国内で受けられる基本的なサービスです。海外企業では、適当な対応をすることも多いので、日系企業ではこういったことが重要視されるのです。

完全に海外思考に偏らず、かといって日本的なものを押し付けず、いかにどちらも理解し上手く展開するかが重要となってきます。

海外といっても企業内は日本文化であり、日本人の代表として現地で仕事をする為、この理解は重要視される事が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

企業に求められる内容は、日本での求人と同様なものが多いですが、根拠を見ると海外ならではな所が多いですよね。

いずれの条件も優先順位はそれぞれの企業によって異なりますが、求められる人物像はどの企業もほぼ同じように感じます。しっかり企業の求めるものを理解した上で面接に臨みたいですね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

edmyライター

投稿者プロフィール

アメリカ留学、東南アジアのインドネシア駐在経験ありのアラサー女性。趣味は海外旅行、美味しいものを食べること、ヨガ、インテリア、海外ドラマ鑑賞。海外で暮らす感覚で日本で暮らす生活を創るべく奮闘中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ベトナムのお肉事情、鳩の丸焼き
  2. インドの予備知識
  3. バンコクのダイナソー・プラネット
  4. 韓国企業
  5. 韓国人との国際結婚
ページ上部へ戻る