チェンマイから気軽に自然を満喫できるホイトゥンタオをすすめる4つの理由

ホイトゥンタオ

海外生活、特に仕事で海外に移住して間もない頃は休日の過ごし方がワンパターンになりがちだったりしませんか?

平日は夜遅くまで仕事に追われ、土日でやっと自由気侭な時間を過ごせると思っても、平日に溜め込んだ仕事の疲れから、結局家でゴロゴロして終わってしまったり、いつも行くレストランでいつもと同じ食事など、せっかく海外へ移住して手に入れた生活なのに、なんだかもったいない時間の過ごし方だなぁ、なんて思うことが私は良くありました。

という訳で、今回は休日の日帰りで気軽に自然を満喫できて、気分転換にももってこいの場所、ホイトゥンタオ(貯水池)をご紹介します。

チェンマイ市内から車で1時間以内で行ける

チェンマイ市内から少し北にメーリム地区があるのですが、このメーリムに位置するホイトゥンタオはチェンマイ市内から早ければ30〜40分、少なくとも1時間以内には到着できる近さがポイントです。

平日は仕事で疲れ、土日は出かけたくないなぁという時でもこの近さなら日帰りで戻ってこれますし、負担にもならないのではないですよね。

入場料として一人20バーツかかります。最初の入場ゲートでお金を支払いチケットをもらいましょう。二つ目のゲートでそのチケットを係員に渡して、やっと入場完了です。

のんびり過ごすのに最適

ホイトゥンタオ

水辺には簡易的な藁葺き屋根のサーラー(タイ語で休憩小屋の意味)が建ち並びます。シーズンにもよりますが、貯水されている水量によって、水辺のすぐ近くだったり、ちょっと離れたりもします。

また、水上に作られた場所もあったりします。サーラーから足を投げ出し、水面をパシャパシャと蹴るだけでも涼しさを感じることができます。

サーラーを管理しているお店が、各陣地ごとにあり、料理やお酒の提供もしているので、藁葺き屋根の下でゴロゴロ昼寝したり、自然を眺めながら料理やお酒を楽しんだり、友人達とみんなでワイワイやるのも良いでしょう。

サイクリングやジョギングにも最適

ホイトゥンタオは貯水池をぐるりと一周できるようになっており、サイクリングやジョギングなどのアクティビティにも向いています。自然に囲まれた景色の中を駆け抜けるのも気持ちの良いものです。ロードレーサータイプの自転車を持ち込み、サイクリングしている方々なども良くみかけます。

また、貯水池は遊泳可能なので、水着を用意して山々に囲まれた天然のプールで涼しさを満喫するのもいいですね。夏場の暑いシーズンはタイ人や西洋人など、家族連れやカップルで楽しく水遊びをしている光景も良く見かけます。

家族連れでも一人でも楽しめる

一人で来て読書に耽ったり、家族と来て団欒を楽しむこともできます。サイクリングやジョギングなどで汗を流すこともでき、人それぞれの様々な楽しみ方が出来るので、家族連れでも一人でも気軽にリフレッシュできる環境です。

たまにはちょっとだけ足を伸ばして、自然の中でゆったりとした時間を過ごすのも良いのではないでしょうか?営業時間は9:00〜18:00となっており、夜は真っ暗になるので、18時前には退園するよう気をつけましょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

チェンマイから1時間以内で行けるホイトゥンタオは、平日の疲れを癒すには最適の場所です。日帰りでのんびり過ごすことができ、疲れた体をリフレッシュできます。

休日にメリハリがなくなってきたなと少しでも思ったなら、一度足を運んでみてくださいね!

 

おすすめ記事

  1. チェンマイの自然をステキに活かしたおしゃれカフェ、タイガーテッドカフェ
  2. タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)
  3. 仕事に疲れたらここ!バンコクの自然と動物の癒し空間、ドゥシット動物園

 

タイお役立ち記事

  1. タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット
  2. 初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう
  3. バンコクから行ける、のんびり過ごせる王道の3つの青い海プラス2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ペナン島の食事
  2. タイ人の時間感覚
  3. タイ・バンコクは知る人ぞ知る海外ラーメン激戦区
  4. 国際結婚
  5. ゴールデンゲートブリッジ
ページ上部へ戻る