「Amore(アモーレ)」イタリアでモテる日本人の特徴

イタリア人

イタリア人のカップルといえばどのようなイメージがありますか?

イタリア人男性は、女性に優しく、女性にすぐ話しかけたりするイメージがありますが、恋人がいるととても誠実になります。傷つきやすく、引きずりやすい性格の人が多いです。

イタリア人女性は、はっきりと物を言う人が多いです。愛する人がいると真っ直ぐに相手を愛します。比較的、気が強いタイプの人が多いです。

では、どのような日本人がイタリアでモテるのでしょうか。今回はイタリアで人気のある日本人の特徴をご紹介します。

イタリア人カップルは「Amore(アモーレ)」とお互いを呼ぶ

イタリア人

イタリア人カップルの仲が良いときは、「Amore(アモーレ)」とお互いを呼び合います。電車の中など場所を問わずキスは普通です。

しかし、感情的になりやすく、口論はしょっちゅう。カップルによっては毎日怒鳴りあいという事もあります。イタリア人は、自分の意見をハッキリいう国民性です。そのため意見のぶつかり合いは、日常茶飯事なのです。

イタリア人が日本人を好きな理由とは?

理由

では、イタリア人が日本人を好きな理由をご紹介します。

  1. 日本の漫画が好き
  2. アジア人の容姿がエキゾチックで好き
  3. 日本人の静かな所、優しい所、振る舞いが好き
  4. 日本文化が好き

などが主な理由です。遠く離れた日本へ憧れを抱いているイタリアの方は多くいます。

イタリア人男性で、日本人女性に憧れを持っている人は、比較的過去に付き合ったイタリア人女性に疲れ果てて、日本人女性のおとなしい所に魅力を感じるようです。

イタリア人女性で、日本人男性を好きな人は、侍のような筋が通った真っ直ぐな生き方をしている人が好きなようです。

イタリア人にモテる日本人とは?

日本人女性

日本人女性でモテるのはこんな人

イタリア人が魅力的に感じるのは、日本人女性の優しい所、背が小さくて、気配りができる所です。イタリアでも日本人でカラーコンタクトを入れて、外国人風にお化粧をしている人がいますが、イタリア人にはあまりウケが良くないようです。

カラーコンタクト自体が怖いという印象です。イタリア人から見ると、日本人らしい自然体が一番エキゾチックで魅力的に見えるので、そのままありのままでいるようにするとモテます。

茶髪よりも黒髪のほうが人気ですし、巻き髪よりも真っ直ぐのほうが人気です。

 

日本人男性でモテるのはこんな人

日本人男性で人気があるのは、ジャニーズタイプよりもどちらかというとキリッとした目元の時代劇が似合いそうなタイプの人です。無口でも良いのです。

しかし、どこか言葉が少なくても不意に出る優しい言葉が、イタリア人女性の心を掴むのだそうです。背が小さいなどは、イタリア人女性にとってあまり問題ではありません。

イタリア人男性に比べて少し内気な所も魅力的に見えるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

イタリア人にとって日本は、東の端にある一番遠くの、あまりにも違う未知の国、憧れの国でもあります。日本に対しては、日本ブランド、和食などから良いイメージを持っている人が多く、信頼や、親しみを感じてくれます。

イタリアに行く事があれば、一度自然体で過ごしてみませんか?素敵な出会いがあるかもしれませんよ!

 

おすすめ記事

  1. 陽気すぎるイタリア人男性の3つの特徴、合い言葉は「君の瞳に宝石を見つけた」
  2. イタリア在住1年の私がイタリア移住を熱烈に薦める5つの理由
  3. イタリアに行くなら覚えておきたい!旅行で使えるイタリア語の13単語

 

イタリアお役立ち記事

  1. スリ被害によく遭う日本人がイタリアを歩く時に必ず気を付けるべきこと
  2. イタリアの学生ビザは申請書類が盛りだくさん!学生ビザの取り方徹底ガイド
  3. イタリアに長期滞在するために知っておきたいビザに関する3つのこと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 韓国キムチ
  2. アルゼンチン人の身振り手振り
  3. 携帯電話
  4. ネパール
  5. スイス
ページ上部へ戻る