マニラ・ニノイアキノ国際空港から市内へのアクセス方法

ニノイアキノ国際空港

初めてフィリピン・マニアの空港へ着いたあなた。空港に到着後、どうやって市内まで移動するのでしょうか。日本の空港や交通手段とは環境の異なる海外では、その手段や安全性について事前に知っておくことが、楽しい旅・新生活の始まりですね。

今回は空港からマニラ首都圏への移動方法についてご紹介します。

マニラ首都圏の空の玄関口 ニノイアキノ国際空港

ニノイアキノ国際空港

マニラ首都圏にある空港は、ニノイアキノ国際空港と呼ばれます。現在、空港は4つのターミナルに分かれています。それぞれのターミナルへの入り口は異なります。

ターミナル間はシャトルバスサービスがありますが、道路事情によりスムーズには発着しません。事前にどのターミナル発着なのかを確認しておいてくださいね。違うターミナルへ行くと、乗るべき飛行機に乗り遅れていまうかも!

  • ターミナル1-国際線(日本からは、JAL,Jetstarの発着があります)
  • ターミナル2-フィリピン航空専用のターミナル
  • ターミナル3-国際線と国内線(日本からは、ANA,Cebu Pascific,Deltaの発着があります)
  • ターミナル4-国内線専用

ニノイアキノ空港~市内間の交通手段

マニラの空港~市内間の交通手段は、タクシーや、自家用車での送迎、宿泊先の送迎サービスの利用がメインとなっています。

 

主要な場所からのエアポートバスは24時間運行

今までバスの空港敷地内への乗り入れはなかったのですが、今年2月からプレミアムエアポートバスが運行を開始しました。マニラ市、マカティ市の主なホテルや商業施設間を24時間運行しています。

 

ジプニーの利用が安く済むけど

電車は空港へ連結されていません。今後延長されるという話もまだありません。その他、現地の人々はジプニーを利用し、空港周辺で下車して徒歩で空港施設内に入る利用客もいます。

ジプニーならば、8ペソ~利用できるのでかなり安くすみますが、大きな荷物をもっての利用は大変です。

主な交通手段の価格

エアポートタクシー

空港から市内へのタクシーはエアポートタクシーと呼ばれるタクシーが運行されています。車体全体がうすいオレンジ色のタクシーで、通常の白いタクシーとは区別されています。

運賃は通常のタクシーより割高です。通常のタクシーは初乗り運賃40ペソですが、エアポートタクシーは初乗りが70ペソです。

各ターミナルの到着階には、エアポートタクシーのみ乗り入れができるため、タクシーを利用したい場合は、必然的にエアポートタクシーを利用することとなります。

 

どうしても安いタクシーに乗りたいときはこうしよう

どうしても安く済ませたい!ということで、普通のタクシーを利用する現地の人々は、出発階へ階段を登り移動し、捕まえることもあります。

しかし、海外より今到着したばかりでクタクタの私たちは、そこまでしたくありませんよね。

 

クーポンタクシー

そのほか、クーポンタクシーというタクシーもあります。同じ到着階のクーポンタクシー乗り場へ行き、そこでクーポンを購入します。売り場係りの人に行き先を告げると、手書きで行き先やタクシーのプレートナンバーなどを書かれ、タクシーを準備してくれます。

値段は方面によってことなりますが、私の経験上、通常タクシーで200ペソほどで行ける距離でも、600ペソしたことがありました。かなりぼった繰られた気分でした。

バス

バスは、新しく登場したプレミアムエアポートバスの運賃は、片道300ペソです。バスの運賃としてはかなり高めの設定です。

移動時間には余裕をたっぷりとって移動しましょう

マニラ首都圏の交通渋滞は激しく、ラッシューアワー時間のみならず1日中さまざまな場所で渋滞しています。飛行機を利用するとき、「出発時刻の2時間前には空港に到着」とよく言いますが、マニラ首都圏から空港へ行く場合、タクシーバス利用どちらにおいても、2時間+2時間以上を見ておいたほうが無難です。

特に空港周辺の道路は大変混雑しており、まったくの立ち往生をしてしまうことがあります。また、毎年11月から大晦日までは、海外出稼ぎ労働者たちが母国でクリスマス休暇をとるため各国から帰国します。

それに伴い、迎えに来る家族の車やタクシーなどで空港へ向かう道路のみならず、メトロマニラ市内の様々な道路で、渋滞や事故が起きます。年末に向けて空港を利用する人は、時間の調整に特に注意してくださいね。

ぼったくりはある?

エアポートタクシーに限らず、通常のタクシーにおいても、乗車したらメーターを切っているかをちゃんと確認しましょう。

フィリピンのタクシー運転手は、多く運賃をもらうために故意にメーターを稼働させない、または本当に忘れていたということもあります。メーターを切らず目的地まで行って運賃を聞いても、運転手の言い値になってしまいぼったくりにあうこともあります。

注意事項はたくさんあります

空港は、特に夜遅く利用する場合は大変注意が必要です。

まず移動手段として、フィリピン在住の知り合いに迎えに来てもらうか、宿泊先の送迎を予約して迎えが来るように準備しましょう。一人で空港施設外へ出るのは、たとえエアポートタクシーを利用しようと外へ出るのも危険です。

  • フィリピン在住の知り合いに迎えに来てもらう
  • 宿泊先の送迎を予約して迎えが来るように準備する

施設外では、空港利用以外の目的でたむろしている人たちもいます。また、夜間のタクシー利用はあまりおすすめできません。運転手が、メーターではなく通常の何倍もの運賃で交渉してくることもあります。

目的地に着く前に金品を要求されることもあります。フィリピンのタクシーは日本のとは全く違いますので、気を抜かないように!

フィリピンの空港では、空港職員による犯罪がよく見られます。最近でも、空港職員が出発を待つ外国人のバッグに実弾(拳銃?)を仕込み、これを職員が発見したと装ってその外国人にお金を要求する事件がありました。

荷物などは、自分の視界に常に入るようにし、目を離したり知らない他人に任せたりは絶対にしないでください。

まとめ

いかがでしたか?

マニラの空港は日本とは違い注意事項もたくさんあります。空港から市内へ移動するだけでも初めての方は結構苦労するかもしれません。少し高いですが、初めての移動ならエアポートタクシーが無難です。

また、タクシーに乗るときは必ずメーターを起動させているか確認することも忘れないでくださいね!

おすすめ記事

  1. フィリピンセブ島でチップってどうするの?こんなときはチップが必要!
  2. フィリピン生活で知っておきたい、フィリピン人特有のジェスチャーの基本
  3. フィリピンの市場、マニラ周辺のマーケットで買い物をしてみよう

 

フィリピンお役立ち

  1. クレジットカードは使えるの?フィリピン・セブでのペソ両替とATM利用の注意点まとめ
  2. 失敗しない!セブ島の交通機関の料金と利用方法(タクシー、トライシクルとジプシー)
  3. 安全?危ない?セブ島とかマクタン島の治安とトラブルを避ける対応策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

nobushiライター

投稿者プロフィール

語学留学のため、フィリピン・メトロマニラに滞在。1ヶ月の予定がそのまま住み着き6年目。今では1児の母です。陽気でいいかげんなフィリピン人に囲まれて楽しく暮らしています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. タイで部屋を借りる
  2. タイは常夏の国
  3. レディーファーストを徹底する
  4. バンガロールの治安
  5. 行動力
ページ上部へ戻る