釜山旅行の強い味方のバスツアー!プサンシティツアーとは?

プサンシティツアー

初めて釜山に来たからとりあえず主要な観光地は押さえておきたいそんな方にぴったり!釜山の主要観光地だけを回るプサンシティツアーというツアーバスを運行しているのをご存知ですか?

もちろん初めての人だけでなく、何度か釜山に来たけれどいつも同じようなところに行きがちでたまには違うところにも行ってみたい!なんていう方にもおすすめのシティツアーです。

今回はおすすめの釜山シティツアーについてご紹介します。

プサンシティツアーとは

シティツアーとは言ってもツアーガイドがいて案内してくれるわけではなく、釜山の主要観光地を廻るバスのことを指します。なのでツアー旅行特有の決められたところにしか行けないのではなく、コース中の停留所はどこでも好きなところで乗り降りできます。

一般の公共交通機関もいいけれど、観光地の中には乗り換えが多く行き方も複雑なところもあり、韓国語が分からないとうまく行けるか心配してあきらめてしまうなんてこともあるかもしれません。

このバスは観光地だけを廻るバスなので、乗り換えなどの心配はなし!料金も一度一日利用券を購入すると追加料金もかからないので、費用の面でも安心ですね。

バス自体も市バスとは違い、2階席は天井がないので開放的!天気のいい日は2階席で釜山の海の潮風を感じながら観光できちゃうんです。

基本情報(料金・運行時間・利用方法など)

  1. 一日利用券:15,000ウォン、子供(5才~高校生)8,000ウォン
  2. 運行時間:9:00~16:30(1日15回、30分間隔)
  3. 一日利用券1枚でレッドライン(釜山駅⇔海雲台)、ブルーライン(海雲台⇔龍宮寺)、グリーンライン(五六島⇔荒嶺山)の3コースを自由に利用可能
  4. 各停留所で乗車時、乗務員より先着順購入(予約なし)
  5. BUTIからジャンボバス(太宗台コース)へ乗り換えの際は追加料金発生
  6. 毎週月曜日休業

コース

釜山シティーツアー

コースは3種類あり、この3種類の中なら一日券で乗り放題!3コースすべて制覇したら、釜山の観光地は制覇したと言っても過言ではありません。

特に海東龍宮寺は釜山の中心地から少し離れているので、このバスを利用していくことをおすすめします。

レッドライン

釜山駅→【経由】釜山港大橋→UN記念公園→釜山博物館→龍湖湾遊覧船ターミナル→広安里海水浴場→アルピナ→マリンシティ→冬柏島→海雲台海水浴場→センタムシティ→映画の殿堂→市立美術館・べクスコ→【経由】広安大橋→平和公園→【経由】釜山港大橋→光復路→釜山駅

ブルーライン

海雲台海水浴場→タルマジキル→松亭海水浴場→水産科学館・海東龍宮寺→東釜山観光団地→国立釜山科学館→松亭駅→市立美術館・べクスコ→海雲台海水浴場

グリーンライン

龍湖湾遊覧船ターミナル→五六島→荒嶺山→龍湖湾遊覧船ターミナル

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

釜山観光の強い味方「プサンシティツアー」これさえ乗れば、行き方の心配もなく観光地にすいすい行けちゃうのでとっても便利ですよね。

ぜひ釜山に観光に来た際にはこんなバスツアーも利用してみてくださいね!

 

おすすめ記事

  1. 知っておくともっとおいしい韓国焼酎の豆知識!地域別のソジュまとめ
  2. これ食べるの?ちょっと躊躇する韓国の食べ物「ゲテモノ5選」
  3. これで韓国のスーパーマーケットマスター?賢い買い物のコツ

 

韓国お役立ち記事

  1. 韓国ソウルの物価ってどうなの?1ヶ月の生活費シミュレーション
  2. 使いこなせばかなり便利!韓国釜山で初めてのバスの乗り方ガイド
  3. 韓国のビザの取り方ガイド(ビザの種類、費用や期間)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 知らない人が寝ている
  2. ピンクドルフィン
  3. タイ・バンコクで多い仕事・給与状況
  4. カンボジアのビザ取得
  5. 時間にルーズ
ページ上部へ戻る