知らなきゃ失礼!タイで生活する前に知っておくべきの3つの常識

タイの常識

海外旅行はその国の現地の雰囲気や人々とのコミュニケーションなど、日本では味わえないとても有意義な経験ですよね。また、海外旅行での経験から将来海外で生活したいと考える人も多いでしょう。

もしあなたがタイでの生活を考えているのであれば、タイ人との円滑なコミュニケーションをするのに役立つかもしれない、事前に知っておきたいタイのごく一般的な常識をご紹介します。

タイ人は敬虔な仏教徒

タイの常識

日本も仏教国としてタイ人に知られておりますが、日本では大乗仏教が一般的であり、タイの仏教は、上座部仏教と言われており、国民の約95%が仏教徒です。タイ人のIDカードにも宗教の記載事項があります。

この日本とタイの仏教の大きな違いは、日本の場合、全ての人が救われるという大乗仏教に対しタイの上座部仏教では厳しい戒律と修行によって救われるという教えになっています。

女性はお坊さんに触れないこと

このためタイではお坊さんの地位は高く、厳しい戒律を守りながら生きて行かなければなりません。戒律により、飲酒、喫煙は御法度。さらには女性に触れてしまうことも禁止されています。従って、例え旅行者であっても女性の方はお坊さんには絶対に触れないように気をつけなければいけません。

もしあなたが女性であるなら、バスや電車など交通機関でお坊さんと乗り合わせた場合も、席を譲るなりして決して触れないようにしましょう。

たとえ男性であってもお坊さんには馴れ馴れしくしないこと

また、むやみにお坊さんを写真撮影したり馴れ馴れしく接するのも止めた方が良いでしょう。タイ人にとってお坊さんは尊敬すべき存在であり、我々外国人がお坊さんに向かって馴れ馴れしくしたり、指を指したり無礼な態度をとるのはタイ人から良く思われませんので注意して接することが大事です。

ただし、お坊さんであれば全員が尊敬されるようなことをしている訳ではなさそうです。近年スマホの復旧やFacebookなどの普及により、飲酒または喫煙しているお坊さんなどが写真やビデオで投稿され、毎日のように警察に摘発されていることも事実です。

頭部と足には注意

タイでは身体の中で頭部が最も神聖な場所とされているため、例え赤ちゃんや子供でも可愛いからといって安易に頭を撫でたりするのは控えましょう。

ましてや年上のタイ人などには冗談でも頭を触るなどの行為は止めましょう。本気で怒られます。

頭を触ることはトラブルのもと!

以前、タイに移住を始めたばかりの日本人の知人と居酒屋へ行き、店主のママさんとお酒を飲みながら楽しく過ごしていたのですが、このタイの常識を知らなかった知人は冗談の延長でママさんの頭を撫でようとして、本気で怒られました。

その後「あの日本人は連れてくるな」と私の知人は、そのお店で出入り禁止になってしまいました。

タイでは足の裏が身体の中で最も不浄な場所

また、タイでは足の裏が身体の中で最も不浄な場所とされています。そのため、ソファで寛いでいたとしても、テーブルの上に足を乗せたりすることは控えましょう。また足の裏を誰かの方向に向けるのも良くありません。特に年上の人がいる方向へ足を投げ出すのもあまり良く思われませんので注意が必要です。

私もくつろぎながら椅子に座っている時など、ついついこれを忘れてしまい、注意されたことが何度かありました。

頭部と足に関しては、日本流に言えば、親しい仲にも礼儀ありと言ったところでしょうか。例え仲良くなった間柄でも、やはり気にする人はいますので、注意しておいた方が円満なコミュニケーションを築けるでしょう。

不敬罪

タイは王国です。国王や王族を批判、中傷や侮辱などすることは不敬罪に問われます。これはタイ人のみではなく、旅行にきている外国人にも適用されますので、タイ国内にて国王並びに王族を批判するような言動やネットへの書き込みも絶対に行なわないでください。

日本人でも不敬罪に問われたケースがあるようです。その日本人が実際に有罪になったかは分かりませんが、他にもFacebookへ王室を中傷する書き込みで30年の禁固刑などが下された厳しいケースもあるようです。

タイの不敬罪は世界中の中で最も厳しいレベルのひとつ

タイの不敬罪は世界中の中でも厳しいレベルのようです。冗談でも風刺画やコメントなどのネット上の書き込みなどは止めましょう。

これはタイの法律なので、タイで生活する上では必ず守らなければいけません。知らなかったと弁明しても容赦されるわけではありませんので、きちんと守りましょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

今回はタイの一般的な常識を3つまとめました。せっかくタイで生活することになっても、タイの常識を知らなかったためにタイ人との関係が悪くなったり、コミュニケーションに支障をもたらすようなことは避けたいですよね。

また、タイに限らず、外国で生活することになった場合、その国独自の法律が存在していることがあります。日本の常識では考えられないような常識やルール、または法律などが存在する場合もあるので、その国独自の常識や法律などは、きちんとリサーチをして、後で困ったことにならないようにしたいものですね。

 

おすすめ記事

  1. タイへ移住し共に生活したから見えてくるタイ人の3つの特徴
  2. 就職が決まったときこそ考えよう!タイの現地採用後に待ち受ける罠
  3. チェンマイの自然をステキに活かしたおしゃれカフェ、タイガーテッドカフェ

 

タイお役立ち記事

  1. タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)
  2. タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)
  3. タイから日本へ郵便を送ろう!タイからの郵送方法(料金・書き方)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. フロリダ通り
  2. ミャンマーに長期滞在
  3. 中国での生活
  4. 香港国際空港トランジット、香港ディズニーランド
  5. タイのミネラルウォーター
ページ上部へ戻る