日本人もやってみよう!ハノイでよく見るベトナム人流デート

ベトナム人の二人乗り

普通の日本のデートは飽きた!という方には、ベトナム人流ハノイデートをおすすめします。

ベトナム人カップルはどんなところでどんなふうにデートをするのでしょうか。ベトナム人カップルのクリスマスデートに密着した私がお伝えする、ベトナム人流ハノイデートをご紹介します。

距離感が大事!移動は当然バイクの2人乗りで

ベトナム人の二人乗り

ベトナム人カップルの定番の移動方法、バイクの2人乗り。男性が運転して後ろの女性が男性にハグする形でくっつきながら乗ります。これだけで2人の距離はより近くなり、以前より親密感が増すのではないでしょうか。

風や周りのうるさい音で声が聞こえず自然と2人の顔は近づきます。ドキドキしてしまいますね。どこ行こうか、なんて話ながらバイクで市内をドライブする。車でドライブとは違った楽しみ方ができますよ。

ベトナム人の定番は湖でのデート

ベトナムの湖

ベトナム人カップルの定番デートスポットは当然、「湖」です。周りには多くのベトナム人カップルが同じように湖でデートをしています。

湖の周りをゆっくり歩いて散歩しながらおしゃべりしたり、ほとりにあるベンチに座って同じ景色を楽しみながらおしゃべりなんかもいいですね。ハノイには非常に多くの湖があります。

また、ホアンキエム湖は観光客がたくさんいる面は難点ですが夜はライトアップがされていて美しい上にロマンチックな雰囲気になります。恋人と楽しむにはとっておきの場所ですね。

ここで一旦ベトナムコーヒーで休憩を

ベトナムコーヒー

湖を一通り歩いて疲れてしまった。どこかで休憩しようか。そんなときはこれまたベトナム人カップルに定番のカフェに行ってみましょう。 ベトナムにはカフェが非常に多くあります。

チェーン店はもちろんのこと、ローカルなおしゃれなカフェもたくさんあります。あ、ここ良さそう、とふらっと入ることができるのも魅力の一つです。

そこでベトナムコーヒーを飲みながら、ゆったりしたおしゃれな空間で2人でそれぞれのことをしたり、お話したり。カフェでランチをしてみてもいいでしょう。

ベトナムでオススメのコーヒーチェーン店(URL)

ショッピングモールに足を向けてみよう

ベトナムのショッピングモール

特に若いカップルに人気なのがショッピングモールでのデートです。ベトナムにはショッピングモールも非常にたくさんあります。ハノイでは2015年10月末にイオンモールができました。

そんなショッピングモールでこの服似合う?なんて話しながら2人でお買い物もいいですね。また、映画館が併設されていることも多く、そこで一緒に映画を観るのもいいですね。

同じワクワクや感動をシェアできる上、料金も500円以下という低価格で楽しむことができます。

おしゃれなレストランよりもローカルフードで締める

ベトナムのローカルフード

デート終盤の食事はどこ?夜景の見えるおしゃれなフレンチやイタリアン?

いえいえ。ベトナム人カップルのデートではレストランのおしゃれさはこだわりません。おしゃれな場所でなくても美味しい料理を大切な人と一緒に食べることが幸せなのです。

そこが少し汚いローカルな飲食店でも美味しければ大丈夫です。

今日一日楽しかったね。今度は違う湖へ行ってみようか、なんて次のデートの話をしながら美味しいベトナム料理を楽しんでみましょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベトナム人流ハノイデートは意外と素朴なデートだったのではないでしょうか。クリスマスデートであれ、いつもと同じように大切な人と一緒にいることができることが幸せ、というのがベトナム人。

そんな素朴なデートをハノイでしてみたらいかがでしょうか。もちろん日本でもできますよね!

おすすめ記事

 

ベトナムお役立ち記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
うだ

うだ外部ライター

投稿者プロフィール

カナダ・エドモントンで1年留学
アメリカ、マレーシア、タイ、インドネシア、オーストラリア、韓国、シンガポールなど各国を旅する
現在はベトナムで長期海外インターンを経験している海外旅行大好き大学生ライター
ふざけることと食べることをこよなく愛しています^^

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. Wechatウォレット(微信支付)
  2. ニュージーランドは出産費用が無料
  3. 香港で生活
  4. タイ語の数字
  5. インドのなるほど
ページ上部へ戻る