気軽にいける?バンコクから行くタイの地方都市

ロイクラトン祭り

こんにちは、Guanxi [グアンシー]編集部です。タイバンコク特集第八弾です。

▽前回までのタイ・バンコク特集

  1. 思ったより簡単!タイで携帯を格安SIMで使う方法
  2. これで安心!タイ・バンコクで病気になった時の対処法
  3. きっと見つかる!タイ・バンコクで海外就職・転職事情
  4. 食の都!和食も人気な世界各国の料理が集うタイ・バンコク
  5. これが王道!バンコク休日の「正しい」過ごし方
  6. 楽々ゲット!パスポート代わりに使えるタイの運転免許を取得しよう
  7. マジで気づかない?タイでよくあるスリの常套手段

タイにはバンコク以外にも見どころがたくさんあります。バンコクで仕事をしていて、それでいてバンコクだけにとどまるのは人生を損しているのと同じです。

せっかくのタイ生活を満喫するのであれば、ぜひ休日を利用して地方都市に足を運んでください。日本よりもずっと手軽に旅行が楽しめるのもタイの魅力です。

今回は特にオススメのホアヒン、チェンマイ、プーケットをご紹介します。

バンコク王室の避暑地、静かなビーチが広がるホアヒン

ホアヒンは

写真:travi.jp

バンコクから南西に200kmのところにあるビーチリゾート、ホアヒンはタイ王室の保養地として知られる人気スポットです。

バンコクからタクシーで3時間ほどの距離にあります。

ホアヒン

写真:travi.jp

ビーチは美しい白い砂浜が有名で、馬に乗っての散歩も楽しめます。

ジェットスキーやスピードボートなどエンジンを伴うマリンスポーツが禁止されているので、静かにのんびりくつろぐには最適の場所なのです。

また、ナイトマーケットやタイで一番美しいと評判の駅舎、宮殿、ワイナリーなども見どころです。

ロイクラトン祭りで有名な古都チェンマイでカオソーイを!

ロイクラトン祭り写真:thailandtravel

チェンマイはバンコクの北720kmにあるバンコクに次ぐタイ第2の都市です。

バンコクからは飛行機で1時間ほどの歴史ある都市で、かつての城壁や堀が残り、多くのお寺をめぐることができます。

水かけ祭りとならぶタイのお祭り、ロイクラトンの時期は、「コムロイ」とよばれる紙製の熱気球が飛ばされ、チェンマイの夜空を埋め尽くします。

ドイステープ山からの眺めはとても綺麗ですし、日本のカレーうどんに似たタイの伝統料理「カオソーイ」もチェンマイにいったらぜひ食べてみてください。

カオソーイ

写真:thairestaurant.jp 

世界的なビーチリゾート、プーケット

プーケットは

写真:tour.his-j.com

プーケットは、いわずと知れた世界的なビーチリゾートですよね。バンコクから飛行機でたったの1時間ちょっとで行くことができ、行きやすい場所にあります。

プーケットでは、ビーチでのんびり過ごすのもいいですが、映画007の舞台になったジェームズボンド島をめぐるツアーで洞窟やマングローブをカヤックで進んでみたりと、豊富なマリンアクティビティが楽しめます。

また、古い街並みが残るプーケットタウンも趣があって歩いていて楽しい街です。

まとめ

いかがでしたか? 

バンコクの生活だけで満足してはいけません。タイ生活を満喫したいなら、いろいろな地方都市にぜひ足を運んでみることをおすすめします。

バンコクの都会とはまたひと味違った、海や山などの自然、素朴な人々、美味しい食べ物を味わうことができるはずです。

タイの地方都市では、日本では体験出来ないような様々なインスピレーションを受けることになるでしょう。

おすすめ記事▽

  1. おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選
  2. バンコクから行ける、のんびり過ごせる王道の3つの青い海プラス2
  3. バンコク版ジュラシックパーク「 ダイナソー・プラネット」が面白い!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 愛の力で乗り越えろ!タイ人との国際結婚の手続きとは?
  2. 海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!
  3. ホーチミンは過ごしやすい気候
  4. インドで海外就職!求人の探し方
  5. タイのナコンチャイエアー
ページ上部へ戻る