辛くなる前に…海外での異文化生活で生じるストレスへの5つの対処法

ストレスの対処法

海外で暮らすことについて楽しく華やかなイメージを持っている人は多いかもしれません。

しかし、外国も長く住めばそれが自分の日常になります。初めは魅力的だった異文化が新鮮味を失い、面倒だったり厄介なものに感じられ、やがてそれがストレスになることがしばしばあります。

私はカンボジアでの生活が5年目を迎え、念願だったはずのここでの生活がストレスに感じられ、移住前と180度違う気持ちを感じることも増えてきました。そこで、現地での生活が辛くなってしまわないようにするために、日々の心のケアが大切なのだということに気が付きました。

今回は私が取り組んだ、異文化生活で生じるストレスへの対処法をご紹介します。

異文化生活でのストレスってそもそも何?

異文化生活のストレス

そもそも異文化生活でのストレスというと、どんなものが考えられるでしょうか?

気候、言語、生活習慣、食事内容、労働環境、人間関係、といった異文化を具体的に説明するキーワードはいくつもあります。私には、外国人だということで好奇の対象になりやすい、ということが大きなストレスとなっていました。

たとえば、地元の人が行く市場で買い物をするとき、私は売り子さんにクメール語で話しかけるのですが、ちょっと話せるというだけで「あら、クメール語ができるの?」「韓国人?日本人?何年住んでるの?」などと矢継ぎ早に質問が飛んでくるということがしょっちゅうあります。

聞く側は一度きりでも、日常的にこんな質問にばかり答えなければいけないこっちはもううんざり…。「野菜を買いたいだけなのに…。放っておいて!」と言葉には出さずともカチンときてしまったことがありました。

私が取り組んだストレス対処法

ストレスの対処法

現地での生活でストレスが溜まっていることに気が付いたとき、私が取り組んだのは以下5つの方法でした。

現地にいる日本人や外国人の友人に相談する

困ったとき人に話を聞いてもらうことは王道と言えますよね。日本の家族や友人も頼りになるのですが、まずは現地にいる日本人や他国出身の友人に話してみましょう。

同じ「外国人」として海外生活で生じるストレスについて似た感覚を共有しやすいから。感覚を共有し、互いに共感できるというのは、まず自分が感じているストレスを受けとめるのにとても大切なプロセスなのです。

共感しあうことで、ストレスを感じているのは自分だけではないということや、そう感じるのは外国人なのだから仕方がないことなのだと、この状況を認識して受け入れることができるからです。

家事などしなければいけないことに手をつけてみる

ストレスを感じ始めると気分が沈み、それに強く捕らわれてしまうことがあるかもしれません。そんな時気分を切り替えようとするのは簡単ではないし、それができれば苦労しませんよね。

ここで発想の転換。沈んだ気分は一旦そのままにしておいて、体を動かすのです。皿洗いや、洗濯、部屋の掃除、ゴミ出し、といった生活の中でしなければいけないことであれば取り組みやすいでしょう。というのも、気分が落ち込み過ぎていると、気分転換のための何かすらする気になれないこともあるからです。

私は、家事であれば、まぁやるかと少しずつ手をつけることができました。ストレスを抱えているという状況自体は変わっていないのですが、まず体を動かすことで、自分の意識が全てストレスに集中してしまっているという状態を解きほぐしていくのです。

食べ慣れた日本の味で心を落ち着ける

海外生活で何といっても大切なのが食事。体に必要な栄養やエネルギーが蓄えられていなければ、心を健康に保つこともできません。疲れた時でも自分が好きなものを食べれば気持ちが軽くなることがあります。

私の場合は、白米とみそ汁を食べたときに心からほっと落ち着くのを感じられました。美味しいものならたとえばイタリアンや中華、カンボジア料理でも満足できたかもしれませんが、芯から心を落ち着けてくれたのは、長年食べ慣れた日本の味でした。

海外生活が長くなる方は日本の調味料を備えておくことをお勧めします。

好きなことをする

たかが趣味されど趣味。心から自分が楽しめる活動に没頭できれば嫌な気分はいつの間にか忘れています。ショッピングや飲み食いに走るのもストレス解消法として人気ですが、一時しのぎですし、物欲や食欲、それに使えるお金にも限界があります。

私は料理をよくしました。作るときは手順に集中するから余計なことを考えないし、好きなものを作って食べられるし、一石二鳥でした。

好きなことを時間を気にせずにしたいだけすると、自分の世界に浸れて、もんもんとしていた頭がだんだんとクリアになってきますよ。

旅行もしくは一時帰国する

ストレスを感じている場所に無理に留まる必要はありません。無理にそこにいようとすればするほど、ストレスは増していきその国や現地の人が嫌いになってしまうことも起こってしまうかもしれません。

なんだかんだ言っても、これまで住んできた、今の自分の居場所。嫌いになってしまうのは悲しいですよね。そうなる前に一旦思い切ってそこを離れてみましょう。一時帰国して家族と友達に元気づけてもらうもよし、一人でふらりと居住国内もしくは隣の国を旅してみるもよし。違う環境に自分をしばらくおいてみましょう。

私は現地での生活に耐えられない…と感じたとき、タイへ1週間程度行ったのですが、外に出てみて今住むシェムリアップの良さがわかったのでこの旅行は私にとって正解でした。

「異文化は理解できないのが当たり前」から歩み寄ろう

理解

「もうここが嫌だ、帰国するしかないのだろうか……?」

現地生活でのストレスが極度に高まるとそんな風に思うこともあるでしょう。現地の文化や価値観を受け入れようとしてきたからこそ、疲れを感じるのです。そう、異文化生活でストレスを感じるのは、自分がこれまで適応しようと努力してきた証なのです。

究極を言えば、異文化を受け入れられない自分でもいいのです。所詮、海外に暮らす私たちはよそ者なのですから。無理にすべてを受け入れよう、受け入れられると思うから苦しくなる。

「私はこの国の人じゃないんだから、受け入れがたいこともたくさんある。」

それを前提に「どこまで歩み寄れるかな?」程度のゆったりとした心構えでいいのです。「異文化は理解できないのが当たり前」という前提に立っていた方が、苦しさを余計に感じずに済むのではないでしょうか。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

夢見た海外での生活も、いざ始めてみればいいことばかりではありません。そんなとき自分を守ってあげられるのは結局自分自身。それを忘れずにいれば、「頑張りすぎていないかな?」と自分の状態を日ごろからチェックして労ってあげることができるでしょう。

ここで紹介したストレスへの対処法はあくまでも私の経験に基づいたものであり、すべての人に通用するとは限りません。ストレスが深刻になった場合は、可能であればカウンセラーなどの専門家を頼ったり、現地での生活を中止することを検討することも選択肢の一つに入れてみてくださいね。

おすすめ記事

  1. 大学を出てすぐ新卒の私がカンボジアで生活することを選んだ理由
  2. インドネシアで現地採用として海外就職!ギスギスしない仕事環境が魅力
  3. 海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
池内桃子

池内桃子ライター

投稿者プロフィール

大学生の時、カンボジアサーカスに地元で出会い、カンボジアを訪れるようになる。
大学卒業の翌年、日本語教師の仕事を機に移住。
現在はカンボジアサーカスの営業職を務める。カンボジアで好きなのは、ハンモックに揺られてのんびりと過ごす時間。2016年、在住5年目突入。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ドイツに巨大レゴブロックの橋
  2. ベトナム人の休日の過ごし方
  3. タイのスーパーマーケットMAKRO(マクロ)
  4. バンコク運転免許証を取得しよう
ページ上部へ戻る