決められない…海外就職する?しない?決断のポイントは至ってシンプルだった

海外就職の決断

今この記事を読んでいるあなたは、何かしら海外で就職することに興味・関心を抱いている方ではないでしょうか。でも不安や迷いがあって決心できていないのかもしれませんね。

私は大学を卒業して約1年後、カンボジアへ移住しました。かといって、実際にすぐにここへ来ることを決められたわけではありませんでした。

ひたすら考え悩み迷った結果ここにいると言えます。この記事では、移住前に私が悩んでいたことと、どうやってそれを乗り越えたのかをご紹介します。

海外就職するなら今行くべき?それとも?

海外にいつ行くべきか

海外就職を決めるとき、多くの人がタイミングに迷うでしょう。私はカンボジアに移りたいと思い始めたのが大学在学中だったので、新卒でいきなり飛び出すのか、日本でまず何年か就職してから行くべきなのかというタイミングで迷いました。

結局、大学卒業1年後に移住へと踏み切りました。友人から日本語教室を引き継いで教えないかという話が舞い込んできたのです。

ちょうど日本語教師の資格を取得したところだったことと、今すぐ行きたいという気持ちに嘘をつくことができず、できることなら二つ返事で引き受けたかったのですが、日本で働いてから社会人の経験を積んでから行くべきではないのかという考えが引っかかっていました。

とにかく悩んで考えてみた、数年後行ける保証…あるの?

決断

「親も自分も今健康で、まだ結婚もしていない。今自分を縛るものは何もない。仮に日本で5年働いてから行こうと決めたからと行って、その時本当に行ける保証はどこにもない。」との思いに至り、移住を決めました。

海外就職をしたいという自分の熱意や意志は、5年後もそのままあったかもしれません。それでも、5年後も自分が海外に心配せず行ける健康体でいるかどうかは、わかりません。結婚して子供ができていたかもしれません。

「行きたい」という思いを実現するのを困難にする、自分がコントロールできない状況が発生することは十分考えられるのです。

もしも、今特に日本にいなければならない理由がないのであれば、渡航を決心してみてもよいのではないでしょうか。

関連記事:行きたい時にこそアジアへ行け!

親に反対されても、やっぱり自分の道を進むべき

とにかくやる

私は、自分がカンボジアに行って働くという選択をすれば、母親は喜ばないということを知っていました。口に出して猛反対されたというよりは、その話をすると、明らかに不機嫌で嬉しそうではなかったのです。

親の心配も理解できる

今でこそ時間も経ち、私の思いや今の仕事について理解してくれていますが、当時は大学を出たばかりの娘が、自分の行ったことがない国へ、旅行するならまだしも、仕事をして生活したいというのですから、相当心配していたに違いありません。

親の反対は、子供の夢を邪魔したいという考えではなく、心配から生じるものです。子供の私としては、母親が悲しそうな顔をするのを見るのも切ないものでした。

自分の夢や想いはあきらめきれない

でも、自分の夢や想いはあきらめきれない。今日本に留まって、母親を安心させるべきか。それとも自分の信じた道を進むべきか。

これについては本当に悩みました。しかし、これは私の人生です。自分の人生は自分しか生きることができません。せっかくの人生、自分が幸せでなければ意味がありません。

仮に、母が言う通り日本で就職していたら、母は安心して喜んでいたかもしれませんが、私はカンボジア渡航をあきらめたことを先々母のせいにしてしまうのではないかと嫌な予感がしたのです。

母のことをグチグチ言いながら日本で暮らすなんて、到底幸せなことだとは思えませんでした。それならば、今は母を不幸にするかもしれないけれど、まずは自分が幸せだと思う道を選ぼうと決め、渡航の準備を進めました。

『世間』の目が気になる、でも自分の人生は自分だけのもの

人生は一度

私はどうしてもカンボジアに住みたいという思いがあり、日本で働くことが想像できず就職活動をしようという気に全くなれませんでした。

就活の代わりに、カンボジアの求人情報検索や、カンボジア関連のイベント参加、カンボジアに関わっている人たちに会ったりしていました。とにかく頭の中はカンボジアでいっぱいだったのです。

本来なら、真っ黒なスーツに身を包み、何社もエントリーをして……というのが大学3,4年生の姿ですが、したくないことをなかなかできない私は、就活をしない、というよりはできないという感覚を持っていました。

いわゆる世間一般のレールを外れた自分、という認識があったので、ふと「本当にこれでいいのかな」と心細くなる時もありました。

「自分だけの人生」だと自分に何度も言い聞かせる

それでもやはり自分の気持ちに素直になれたのは、親と対峙した時と同じく、「これは私の人生なんだ」ということを自分に何度も言い聞かせたからだと思っています。

周囲の期待通り就職活動をして新卒でどこかの会社へ就職していれば、安心感はあったかもしれませんが、「カンボジアへ今すぐにでも行ってそこで暮らしたい」という自分の想いを無視してしまったとどこか自分に対して落胆していたかもしれません。

言うまでもないのですが、自分の人生を生きられるのは、世間の人たちではなく、この世でたった一人の自分なんですよね。

それを常に覚えていれば、世間の目がどうであろうと自然と気にならなくなってくるものです。

まとめ

いかがでしたか?

  1. 今ある仕事を辞めてまで行きたいのだろうか?
  2. 覚悟はできているのだろうか?
  3. この年齢で海外なんて失敗しないだろうか?

海外就職を目指している人の心には、夢を追ってみたいという好奇心と不安が常に同居しているような状態かもしれません。それでも、「海外就職をしたい」という自分の心の声に素直に耳を傾けることで、迷いを一歩抜け出すことができるのではないでしょうか。

そして、きっとそんなあなたを温かく見守って応援してくれる人たちが必ずいるはずです。焦らず自分との対話を通して、満足できる海外就職ができるといいですね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

辛くなる前に…海外での異文化生活で生じるストレスへの5つの対処法

現地採用の面接に受かる人の2つの条件と4つの特徴(海外就職編)

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

アジアで新しい働き方をしよう

インドネシアで現地採用として海外就職!ギスギスしない仕事環境が魅力

逆張りとしての海外就職、日本の景気が良い今だからこそアジアへ行け!

初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
池内桃子

池内桃子ライター

投稿者プロフィール

大学生の時、カンボジアサーカスに地元で出会い、カンボジアを訪れるようになる。
大学卒業の翌年、日本語教師の仕事を機に移住。
現在はカンボジアサーカスの営業職を務める。カンボジアで好きなのは、ハンモックに揺られてのんびりと過ごす時間。2016年、在住5年目突入。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ヤギ
  2. タイ・ファッションアイランド
  3. バティック
  4. 香港は自信が少ない
  5. お土産
ページ上部へ戻る