韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

人生

東京で平凡なOL生活をしていた私が30代で韓国生活をスタートし、今年で9年目を迎えました。決して短くない韓国生活歴ですが、未だに「日々、挑戦」の毎日を過ごしています。

今回は、私が韓国で暮らし始めたきっかけ、理由、目的についてご紹介します。

韓国での就職活動がきっかけで韓国生活スタート

就活して韓国生活を始める

学校卒業後、東京でOL生活をしていた私が、韓国に生活の場を移したのは、現地の企業に採用され、就職先が決まったことがきっかけでした。実は、就職が決まった時点で、私の韓国渡航歴は3泊4日の観光旅行と面接のために訪れた2泊3日の旅行、たった2回のみ。

3度目で生活の場を韓国に移し、会社勤めを始めたので、現地の現状などは全く知らない状況でのスタートでした。

チャンスの神様には前髪しかない!

今思えば、韓国についてあれほど無知な状態でよく来たなと思いますが、子供の頃から外国語や異文化に対する興味が非常に高かった私は、ずっと日本以外の国で生活することが夢でした。

だからこそ、スピーディーな展開で韓国での就職が決まったときも、「このチャンスを逃したら、次はないかも」と言う思いが先立ち、10年間築いた東京での生活を全て整理し、生活の場を韓国に移すと言う大きな変化を受け入れる決断ができたのです。

韓国で就職!海外生活実現に役立ったスキル

役立つスキル

私は、韓国に来る直前まで働いていた会社でたまたま、それまでは全く触れたこともなかったサイト管理業務を担当、2年ほど実務経験を積みました。

サイト管理などウェブに関するお仕事は、今でこそかなり一般的になりましたが、当時はまだまだかなり馴染みのない分野だったため人材も多くありませんでした。このような職歴に加え、韓国語可能と言う2点が合わさり、運良く現地で採用となったようです。

あったら役立つスキル

  • 韓国語
  • ウェブスキル

海外就職には挑戦・新鮮な学びがたくさん!学んでいく過程を楽しめるか

日本で社会経験もある程度積んだ年齢である30歳を過ぎてスタートとした韓国生活。しかし、日常生活の様々なシステムが異なる海外では、1から学び直しの生活でした。

何をするにもまずは人にきいたり、調べたりしなくてはいけない環境に最初は少なからずストレスを感じましたが、その過程を通して、積極性や自主性、自分の意見を伝える力などが日本にいたころよりずっと強くなった気がします。

全て人生の肥やしに!

人生

30歳で「就職」をきっかけに始めた韓国生活、その過程は、運命?!と思わずにはいられない不思議な縁、タイミングの連続でした。強い意志を持って推し進めたと言うよりは、ただ流れに乗ってここまできた、という印象が強いです。

振り返ってみると、過去に自分が積んできた経験が、(その経験が自分の意思によるものか他意によるものかに関わらず)海外生活を実現させる大きな力になりました。

当時は、それが夢の実現に繋がるなんて考えもせず、遠回りしていると感じていたこともありましが、結果的に「点が線で繋がり」海外生活の夢を叶えることができたのです。

まとめ

いかがでしたか?

縁あって始まった韓国生活。沢山の人に出会い、様々な経験を積むことができました。思い付きのように始めたこの生活ですが、過去を振り返ってみても後悔はありません。

何より良かったことは、海外に出て、全く違う環境の中で、よくも悪くも本当の「自分らしさ」を手に入れたことのような気がします。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

決められない…海外就職する?しない?決断のポイントは至ってシンプルだった

韓国ソウルの物価ってどうなの?1ヶ月の生活費シミュレーション

韓国のビザの取り方ガイド(ビザの種類、費用や期間)

 

韓国お役立ち記事

韓国で就職しよう!韓国就活で必須の「自己紹介書」と書き方ガイド

韓国の銀行口座の開き方ガイド (種類、おすすめの銀行、必要書類)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. マニラの治安
  2. タイ人とのコミュニケーション
  3. ミャンマーの寺院
  4. カオトム・マット
  5. タイでの市販での商売は値札が貼っていない商品は値段交渉が必要なところが多い
ページ上部へ戻る