乗車拒否もあたりまえ!バンコクのタクシーの乗り方の基本

タイ・バンコクのタクシーの乗り方

タイの暮らしで欠かせない乗り物、タクシー。バイクタクシーは危険そうだし、トゥクトゥクは主に観光用でお値段はお高め。やはり一番利用する頻度が多いのはタクシーです。

そこで今回はバンコクでタクシーに乗る際の知っておきたい基本情報をご紹介します。

バンコクのタクシーは乗車拒否はあたりまえ

タイ・バンコクのタクシー

皆さんは日本でタクシーに乗車拒否をされたことはありますか?

日本では、よっぽど遠い場所を希望しない限りほとんどの運転手さんは乗せてくれますよね。私も日本でタクシーに乗車拒否などされたことがないままバンコクに移住したのですが、移住してビックリ!ここバンコクでは何度も何度も乗車拒否に遭うのです。

初めは日本のようにタクシーに乗り込み席に着いてから○○へお願いします。と言っていたのですが、座ろうが何しようがダメ!NO!行かない!と言われて降りろと言われてしまう始末。

まずは行き先を口頭で伝えてからタクシーに乗り込もう

周りのタイ人を見ているとタクシーを捕まえたら口頭でまず○○に行きたいと伝え、大丈夫であれば乗り込むようにしています。私も今はそれに習って乗車していますが、それくらいバンコクでは乗車拒否を頻繁にされてしまうのです。

理由としては行き先が渋滞で混んでいるから、場所が分からないから、運転手が食事を摂りたいから近場でないと行けないなどタイらしい理由が主な原因なのです。

まずはタクシーの乗り方をおさらい

タイ・バンコクのタクシーの乗り方

タクシーの乗り方と料金についてお話しさせていただくと、一律1メーター35バーツ(約102円)からのスタートとなります。助手席にある電光掲示板が光っていれば空車という意味で、手を上げていれば止まってくれます。

バンコクのタクシーはとにかくカラフルなのですぐに分かるかと思いますし、嬉しい事に全車トヨタの車なんです。

ここで注意なのが日本人と分かるとメーターではなく、100バーツ(約291円)、200バーツ(約582円)といった値段で交渉してくるタクシー運転手がいるということ。

雨季の時期は(6月〜10月)特に注意が必要

実際には60バーツ位の距離でも私達が相場を分かってないと思い込みとんでもない金額を要求したりします。また、雨季の時期(6月〜10月)にも要注意!この時期はほぼ毎日雨が降ります。

ほんの30分で雨が止む事もありますし、1.2時間降り続ける事もありますがそんな時にタクシーを利用しようとするともう大変!まず、タクシーが捕まりません。

既に誰かがタクシーに乗車してしまっていて、仮に捕まっても必ずと言っていいほどメーター無視の値段を要求されてしまいます。(きっと運転手さんにとっては恵みの雨なんでしょう)

大雨の中このタクシーを逃すと次はないかと思うとつい払ってしまう事もあります。そこは臨機応変に対応するようにしましょう。タイ人は雨が止むのを待ってから移動する人が多いです。

運転手に行き先を伝える

タイ語が分からない方にとって行き先を伝えることは頭を抱えてしまう問題の一つ。幸運な事に多少の英語なら大丈夫という頼もしい運転手さんもいますが、やはり伝え方としてベターなのは、タイ語です。

もしも地図や住所が書かれてるものがあればそれを見せてあげてください。この時もやはりタイ語の地図、住所が書かれているものがベター。

本当にまれに地図の読み方が分からないという運転手さんもいますからその際は諦めましょう。また、ホテルや自宅に戻る際など既に自分が行き方を分かっているという際は指示をしてあげた方がスムーズです。

タクシーに乗るときに知っておきたい4つのフレーズ

  • 真っ直ぐ進んで下さい(ドンパイ カー)
  • 右に曲がって(グワァー カー)
  • 左に曲がって(リィヤオ サァーイ カー)
  • ここで大丈夫です(ティニー カー)

この簡単な4フレーズを覚えておくと便利です。タイに来た当初の私はまずこの4つの言葉を使いタクシーに乗り込んで指示していました。

自分の身は自分で守る

バンコクに住んでいると、タクシーで起こった悲しい事件など聞く機会が何度かあります。特に女性が1人で乗る際は心配ですよね。

来た当初は○○色のタクシー会社はいい噂を聞かないなどと聞いたこともありましたが、住んでみて思った事はタクシー会社や個人タクシーに関わらず自分の身は自分で守らなければならないということ。タクシーだろうとトゥクトゥクだろうと同じことです。

タクシーの登録番号を控えておこう

タクシーの登録番号

バンコクのタクシーには助手席側の後ろの窓の下に番号が記載されています。

私はタクシーには乗る際、必ずこの番号を旦那さんに送るようにしています。携帯で番号を撮っているのがわざわざ運転手さんに分かるようにしています。

今までに写メを撮るなと言われた事はありませんし、何かあった際この番号で車の持ち主、行った場所などが調べると分かるそうで毎回旦那さんに送るようにしています。ちょっとやり過ぎかな?と思うかもしれませんが、この国ではやり過ぎくらいがちょうどいいのかなと思っています。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

最後はちょっと怖く思われたか方もいるかもしれないバンコクのタクシー事情ですが、値段は安くやはり庶民の足になっていることは確かです。

タクシーという異空間にいること、常に意識出来ればもっともっと快適なバンコクの暮らしの手助けになるはずですよ!

おすすめ!

タイ人独自の時間感覚体験!今行きますは、すぐ来ません!

意外にハマるタイのローカルおやつ「カノムタイ」5選と簡単レシピ

2016年後半、タイ国内の気になるイベントスケジュールまとめ

 

タイお役立ち

バンコクの日本人向けのマンションってプール付きが普通なの?内見してみた

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Emilia

Emiliaライター

投稿者プロフィール

タイ人の夫と結婚し、2015年年末にバンコクにやってきた新米嫁です。初めてでも十分に楽しめるタイの暮らし、観光スポット、ちょっと変わったタイの文化などお伝え出来ればと思っています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ストレスの対処法
  2. レストランのキッズスペース
  3. アメリカ側から見るナイアガラの滝
  4. タイへ移住
  5. コタキナバルの南国リゾートホテル
ページ上部へ戻る