フィリピンセブ島語学留学の裏ワザ!学費を安くする3つの方法

フィリピン留学を安くする

英語を勉強したい人、海外生活をしばらく楽しみたい人などに人気があるのがセブ島語学留学。長期休みの大学生やリタイアしたシニア、仕事の合間に来ているサラリーマンやOLと幅広い方がセブに留学をしに来ています。

その中で、出来るだけ経費を安く留学したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで、今回はガイドブックには載っていないフィリピン留学を安くする3つの方法をご紹介します。

物価の安いフィリピンでなぜ留学費用が何十万円もするのか?

フィリピンは日本で生活をするときと違い、生活費だけでも何分の一も安い国です。

しかし、実際に留学をしようとすると何十万円も学費がかかります。設備の良い学校や大手の学校に行けばいくほど大抵料金が高くなっていき、留学費用のほとんどは滞在費となります。

ヨーロッパなどの語学留学では学費は授業料のみをさすことがほとんどです。ところが、フィリピンの留学は基本的には寮の宿泊費、食費、ビザサポートなどのサービス料などが含まれています。ホテルなどにキャンパスを置いている学校では当たり前のようにその分の利用料が学費に含まれるわけです。

関連:1ヶ月1万円生活も可能!セブ島に語学留学した1ヶ月の生活費はこれだ

学費を安くする一番王道はインターン生になること

フィリピンでインターン

各エージェントでも紹介されているのがインターンシップの留学です。大抵の学校がスタッフアシスタントを募集しています。

学校のスタッフとして簡単な作業を手伝うことによって部屋代や、学費が無料、または一部を学校側が負担してくれるシステムです。インターンによっては飛行機代まで出してもらえるケースがあるため、実際の負担は生活費代やお小遣い程度です。

ただし、インターンはだれもがなれるシステムではありません。会社・学校によってはテストがあり、それをパスしなければ採用されません。

長期で滞在予定の人にはおすすめ

学校によっては週休1日となり、授業の休みの日も学校の運営作業を手伝うことも多いです。インターンは長期スタッフを募集しているケースが多いので半年以上の時間が持てる人にはおすすめです。

ただし、遊ぶ時間や英語を勉強する時間は他の生徒よりも少なくなります。遊びに行きたい人にはおすすめしません。あくまで少しでも安く勉強したいという気持ちの強い人には良いシステムになるのではないでしょうか。

関連:フィリピンで友達を作ろう!留学生がセブで友達を作る方法

滞在先を自分で用意!通学型留学

フィリピンで通学型留学

こちらは、学校によっては対応していませんが、学校に通学しながら英語を勉強する方法です。セブ島では3000ペソ(約6500円)程度で家賃を払うことができます。シェアハウスや高級コンドミニアムも数万円で借りることが可能です。

そのため、学校に払う滞在費を安くすることができるわけです。

授業料は一日数時間のマンツーマンレッスンでも一か月の授業量が5万円程度の学校も少なくありません。

この方法は現地に住んでいる外国人やスタッフの知り合い、元生徒などが通っている場合が多いです。確実にできる方法ではありませんので、一度エージェントまたは学校に直接問い合わせてみるほうが良いでしょう。

関連:セブで語学留学をしよう!語学学校を選ぶときの4つのポイント

先生を自分で探す

先生を自分で探す

一番学費が安くなるのは英語の先生と個人契約をすることです。

語学学校の先生はフルタイムで働いて給料が1か月10000ペソ(約2万1796円)~15000ペソ(約3万2694円)程度です。その中で、人の出入りも激しく、学校をやめてオンラインの先生になる人や別の学校に移動をする人も多くいます。

カフェや自宅で自由に勉強する

そこで、長期滞在者やセブ島へ何度も行っている方などに人気があるのが、学校に通わずに先生と家やカフェで勉強をする方法です。オンライン英会話など個人で教師をやっている人がフィリピンには多くいます。

そういった方と契約をして勉強するというのが方法。こちらは自分ですべてをやらなければいけないため、まったく英語が話せない人には準備が難しいかもしれませんが、お気に入りの先生などがいる場合は勉強がはかどる場合が多いです。

ただし、学校に在籍しないため日本から留学したい場合はビザのサポートを受けることができません。

フィリピンはビザなしで滞在できるのは一か月です。事前の取得が必要になる長期ツーリストビザも59日間となっています。2か月以内の短期留学であればこういうやり方もおすすめです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

これらの方法はセブに滞在している人や生活をしている人にはとても有名な方法です。日本からではなかなか手に入らない情報かもしれません。

留学の方法は十人いれば十通りの方法があります。一番満足できる留学方法が見つかると良いですね!

おすすめ!

安く快適に行きたい!フィリピン・セブに行くならどの航空会社が便利?

フィリピン産コーヒー「バラコ:Barako」が飲めるローカルカフェ3選

ここがフィリピンと日本の違い!セブに来てびっくりする5つのこと

 

フィリピンお役立ち

先入観なしで考える、フィリピン・セブが住みやすい5つの理由

フィリピンでスマホを使おう!セブでの携帯SIMカードの購入場所はどこ?

フィリピンセブ島でチップってどうするの?こんなときはチップが必要!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ネパールの軽食カジャ
  2. 海外就職・転職のための6ステップ
  3. タイのコンビニ
  4. スーパーで買える韓国のお土産
ページ上部へ戻る