5555を使いこなせばあなたもタイ人の仲間入り!上手なコミュニケーション

タイ人とのコミュニケーション

世界中の方が使用する、LINEやTwitter、Facebookはもちろんタイ人も大好きです。

おそらくですが、日本人よりもSNS好きなんじゃないか?と思うほどタイ人はお喋り、ゴシップ、共有というような事が好きなように感じます。

そこで今回はSNS上でタイ人との仲が近くなる数字があることに気づいたのでご紹介します。

タイ人はほとんどの人が何らかのSNSを持っている

タイ人とコミュニケーション

私がバンコクに移住して半年、恥ずかしながらタイに来るまでLINEすら取得せず、のほほんとSNSとはほぼ?無縁な生活を日本で過ごしていました。

挨拶代わりにSNS持ってるの?

バンコクに移住してまずタイ人に聞かれたことは、LINEは?Facebookは持ってる?という質問です。

ものすごく気軽に聞かれるのです。持ってないと言うと、どうやってあの日本で生きてきたの?と真顔で聞かれる始末。それぐらいタイではSNSが浸透しています。

日本での生活はと言うと会社と自宅の往復、友人とは直接会って会話をすることに重点を置いていた私は、そういえばLINEもFacebookも持っていないと気づいたのでした。

タイで生活するならSNSは必須アイテム

タイでは老若男女皆が使用するLINE。Facebookも持っていない方を探すほうが大変なくらいほとんどのタイ人がアカウントを持っています。お店ではそれに付随した特価サービス、ポイントアップ等も多く見受けられます。そこは日本と一緒ですね。

流れに乗り早速LINEを取得し、友人達に報告すると毎日毎日大丈夫?何か困っていることはないか?と連絡をくれてタイ人の優しさ+面倒見がいい?国民性に心打たれていたのですが、彼らがよく使う55555の意味だけが分からないままでした。

タイ人がよく使う55555とは?

タイ人とのコミュニケーション

語学学校に行きだして55555の意味がようやく判明したのですが、これは日本語でいう(笑)と同じ意味。

タイ語で5はハーと言います。

55555は(笑)という意味だった

つまり55555とは、ハーハーハーハーハーでハハハハハと笑っているという意味になるのです。

始めはなぜみんな5ばかりを送ってくるか分からなかったのですが、そういう事かと納得したのでした。

5555は慰めるときにも使える

また人によってはドンマイなど慰めの際にも5555を送ってくる方もいて、決して(笑)だけではなく、慰めの際におちゃらけてみせる的な要素でも使用しているそうです。

(5の数は人それぞれで55でも555555でも意味は一緒ですが5が多い方が笑が多いニュアンスではあるようです)

親戚一同が喜んだ5555の威力!

5555の使い方

タイ人は一般的に家族仲がとても良く、家族LINEを持っている家庭がとても多いです。私の旦那さん家族ももちろん持っていて家族みんなで情報を共有しているのです。

週末みんなで昼食を食べる事が多いのでその時間や場所の相談、姪っ子、甥っ子の写真、旅行先での家族写真などなど、たとえ些細な事でも常に連絡取り合っているような気がします。

70歳近いお義母さんもLINEに参加してますし、LINEの返信が早くてこちらがビックリしたほどでした。

タイ語ができなくても55555が使えればタイ人の仲間入り

ある日、旦那さんのお兄さんから連絡事項がきていつものように、LINEで日常のたわいもない会話をしていたのですが突然、僕は嬉しいよ!君はもう立派なタイ人だよ!と言われました。

さて、どういうことなのでしょうか?

何のことやらと聞いたら5555の使い方だよ!と。

5555は距離を縮める魔法の数字?

どうやら5555を日本の(笑)と同じように使っているだけでかなりの親しみ感がより増したそうです(まだタイ語が思うように読めない私は家族からは英語で連絡をいただいているのですが)

決してタイ語がうまく話せなくても、書けなくても5555が分かっていれば、ちゃんとコミュニケーションがとれているじゃないかと!なんだか褒められたのです。

若干大げさにも思いますが、褒め上手なお兄さんになんだか感謝した1日でした。

また、タイの友人に聞いても「私達の文化に少しでも馴染もうとしてる感じが出てるし5555が出来れば笑い話も真剣な話も出来る間柄になったという事だよ」とのコメントをいただきました。

確かに昨日、今日会った方に(笑)と送る方は日本人でもよっぽどの事がない限りいないですよね。やはり初めはどんな方なのか分かるまで、まずはお互いの話をするところから始まります。

それが万国共通なのです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

これからバンコクに来る方、理由はそれぞれ違うかと思いますが、現地の方と連絡を取り合い情報を共有すること場面はおのずと出てきます。

そんな時に55555と少し笑いをミックスさせて相手を和ませてあげる事も、タイでは大事なコミュニケーションの一つになるはずです。

おすすめ!

実は奥が深いタイ語「マイペンライ」の使い方と注意点

タイの水は硬水!シャンプーが合わない時の対策とは?

タイ人独自の時間感覚体験!今行きますは、すぐ来ません!

 

タイお役立ち!

知らなきゃ失礼!タイで生活する前に知っておくべきの3つの常識

タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

ガソリンスタンドではどうすればいいの?タイでガソリンを入れよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Emilia

Emiliaライター

投稿者プロフィール

タイ人の夫と結婚し、2015年年末にバンコクにやってきた新米嫁です。初めてでも十分に楽しめるタイの暮らし、観光スポット、ちょっと変わったタイの文化などお伝え出来ればと思っています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ニュージーランドの家
  2. 香港の新鮮なシーフードを楽しめる西貢(サイゴン)
  3. 韓国の地下鉄
  4. カオトム・マット
  5. フィリピンのデザート
ページ上部へ戻る