アメリカのテーマパークで現地採用として海外就職、すべては自分次第!

アメリカのテーマパークで現地採用

幼いころから語学に興味があり、将来は空港のグランドスタッフになって英語を駆使し海外からのお客様をおもてなしすることが夢でした。

英語専門の高校に進学し、大学ではフランス語を専攻。海外で働くということを意識するようになりました。

アメリカで海外就職!働くきっかけ

大学4年の就職活動では国内・外資を問わず多数の航空会社に履歴書を送りましたが、最終面接まで辿り着くことができませんでした。

就職活動時、米国テーマパークでの1年間の派遣雇用の記事が目にとまり早速応募。ご縁があり、採用をいただき1年間米国フロリダ州にて勤務することになったのです。

1度目の渡米は外資系航空会社勤務

1年の勤務を終え帰国。夢であった外資航空会社のグランドスタッフとして2年半任務を務めました。

たくさんの事を学び、自分の仕事を愛していましたが、外資系とはいえ英語を話す機会がとても少なく限られていることに物足りなさを感じるようになり、海外転職についてリサーチを行いました。

現状に満足せず、再度アメリカで就職活動

前職で知り合った方々に連絡をとり現状を説明。採用担当の連絡先を手に入れることができました。履歴書審査、3度のSkype面接、最終個人面接を経て1年間のゲストサービスでの仕事に採用され、再度渡米しました。

アメリカでは性別、年齢、国籍、上司部下の地位など関係なく全ての社員が平等に働き、同じ立場で意見を言い合えるオープンな職場環境

たとえ自分が新入社員であったとしても、マネージャーや上の立場の人と対等に意見を言い合うことができます。アメリカでは当たり前のことですが、日本人の私にとっては一番感銘を受けたことの一つです。

日常的に、マネージャーと社員がコミュニケーションをとりあい信頼性を高めていることが感じられました。

また社員同士も分からないことがあれば聞き、助け合います。そして、学んだことを次の人に伝えていく。自然とチームみんなが一つになって、より良いチームを作っていこうとする日本にはない職場環境が最大のメリットだと実感しました。

アメリカでの海外就職で実感!語学の上達、異文化の違い

日本人のいない環境で、ネイティブスピーカーと働き、ゲストも英語を話す環境は最高の環境です。仕事の資料も電話対応も、もちろん英語。

英語の上達は自分自身では分かりにくいけれど、明らかに日本に居るときよりも英語能力は身につきました。何より、英語を話すことに自信が持てるようになりました。

アメリカでの海外就職で再発見!日本の良さを再確認

日本から離れてみて初めて、日本の良さというものに気が付くことができたのです。

普段何気なく行っていたことがありがたいことだったんだとか、日本人は本当に礼儀正しい国民なんだなとか、今まで正直興味がなかった自国に対し誇りとありがたさを感じられるようになりました。

アメリカで働けばこんなに手厚い?福利厚生の充実

これは私が働いていた場所が特別だったのかもしれませんが、社員に対するエンターテインメントがすごかったのです。

「君たちが頑張ってくれているおかげでこの会社は成り立っているんだよ」という社員への感謝の表し方が日本にはないものだなと感じました。

年に数回、某有名ホテルで社員パーティーが行われたり、ことあるごとに様々な催しが開催されます。

また、社員IDは職場周辺(といっても日本であれば東京都全区ほどの範囲)のレストランやショップでDiscountとして利用できるのです。

これもアメリカらしいなと思うことの一つですが、ライフ・ワークバランスが素晴らしいし、家族を一番に考える環境を会社が作り出していました。

日本人だからといって、ゲストから下に見られることが多々ある

残念ながら、日本人(アメリカ人じゃない)という見た目だけで判断されるということがしばしばあります。話を聞く前から「あなたは私たちの言いたい分からないだろうから誰か英語が話せる人を呼んでちょうだい。」など、面と向かって私と英語で会話しているのにも関わらず普通に言ってくることが多々あります。

もちろん相手の言っていることは理解できるし、何をしなくてはいけないかもわかっていますが、そんな状況でも、会話の途中で別の社員が横を通ると、なんのお構いもなく「ちょっと、ちょっと、この子じゃ相手にならないわ。」と、私からどうにか避けようとします。

初めは悔しくて、裏で泣くこともよくありました。

しかし、負けてたまるかという気持ちから、回を重ねるごとに動じることなく相手をすることができるようになりました。デメリットでもあり、考え方によってはこれをバネに強くなることもできるのです。結局は自分次第なのです。

まとめ

いかがでしたか?

アメリカで子供の頃からの夢を叶えて仕事をし、良いことも辛いことも体験しました。どんなに辛いことがあっても結局は自分次第なのです。

海外就職は良い面ばかりではなく、もちろん悪い面もあります。何か壁に当たった時は考え方を変えてみてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

決められない…海外就職する?しない?決断のポイントは至ってシンプルだった

オーストラリア(ブリスベン)のエステサロンで海外就職した話

 

海外就職をしよう!

現地採用の面接に受かる人の2つの条件と4つの特徴(海外就職編)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. ベトナム人の休日の過ごし方
  2. カンボジア市場(プサー)の食堂
  3. タイは気軽に小旅行が出来る
  4. マレーシアからタイへ入国ツアー会社選び
  5. タイのスーパーマーケットMAKRO(マクロ)
ページ上部へ戻る