海外でのワクワクを忘れない、社会人3年目の私が中国での生活を決めた理由

中国移住のきっかけ

現在海外に住んでいる人もこれから海外に行こうとしている人も、語学を現地で学びたい、ボランティア活動がしたい、キャリアップしたいなど、様々な理由があって移住決断に至ると思います。

迷っている人の中には、きちんとした理由がなければ、海外に移住するのはリスクが高すぎる。と慎重になって動けない、なんて人も多いかもしれません。

今回は中国に移住した筆者の移住のきっかけや理由についてご紹介します。

私が中国に移住を決めたきっかけ

中国移住のきっかけ

もうかれこれ20年くらい前の学生の頃、留学先でたくさんの外国人に囲まれて生活していました。国が違えば、文化や考え方も違い、突拍子もないことが起こることも日常茶飯事。

嫌になることがあれば、楽しいことももちろんあり「次はどんなことが起こるんだろう」というワクワクを感じながら過ごしました。本当に充実した日々でした。

帰国後、日本で社会人生活を始めましたが、やがて仕事にも慣れてくると、次第に生活に物足りなさを感じるようになりました。

習い事などに手を出してはみたものの、学生の時に感じたワクワクする気持ちを超えることができず、ふと気がついたらインターネットで海外の求人情報を検索していたのです。

中国はなんとなくで選んだ国

選択肢

数ある国の中から、なぜ中国を選んだのかと聞かれたら、恥ずかしながら明確な理由を私は説明することができません。

ただ、学生時代に一緒の時間を過ごした華僑の友人から中国のことを、ことあるごとに聞き、お隣の国でも知らないことがたくさんあるんだ、もっと知りたい、いつか絶対に行ってみたいなという気持ちをずっと持っていたことは確かです。

そんな気持ちで、就職活動をしたら採用され、あれよあれよという間に渡航が決まりました。日本企業の求人だった為、日本で面接を受け、一度の渡航歴もない状態での移住です。それでも、不思議なことに大した不安は感じませんでした。

端から聞いたらおかしく思う人もいるかもしれませんが「行ったら、なんとかなる」くらいの感覚で移住です。

一生懸命、毎日を生きる人々に力をもらった私

中国で力をもらう

約10年前、中国の地を初めて踏んだあの日のことを私は今でも鮮明に覚えています。歩道を平気で走るタクシー、交通量が多くスピードを出す車の間をぬって道を渡る人々、道端で将棋やトランプに興じる人々、広場で太極拳をしている人々。

空気も埃っぽく、とても雑然としているのに、熱気にあふれていました。

どの人もキラキラした目で、一生懸命に生活をしている、それが第一印象でした。その姿を見て、気分が高揚し、来てよかったと1日目にして思いました。

経済が急速に発展し、あの頃と全く同じ景色は今の大連には見られませんが、また別の魅力であふれていると感じています。

移住も結婚も流れに身を任せ

中国人との国際結婚

移住して約2年後、中国人と結婚をしました。日中双方の友人からは、「国際結婚って大変じゃない?」等々言われることもありますが、移住を決め中国に来たのと同様、結婚もとても自然な流れだったので、少しそんな言葉に違和感を感じる自分がいます。

もちろん大変だと思うことや理解できないことも確かにありますが、日本人同士でも同じだと思うからです。

今もお互い新たな発見をすることがありますが、それはそれで出来るだけ楽しく受け止めるようにしています。

ストレス解消が大事

ストレス解消

いくら毎日が刺激に溢れていて、充実していても、ストレスを感じることはどうしてもあります。

やっぱり日本がいい、日本で生活がしたいと思うこともあるんです。でも、自分の生まれ育った国が懐かしくなるなんて当然のこと。

そんな時は適度なストレス解消が大切です。

ぼーっと海を眺めたり、オシャレなカフェでくつろいだり、豪華なカラオケで思いっきり歌ったり、ダーツやビリヤードをしながらお酒を飲んだり、室内ゴルフしたり。

中国はギャンブル(違法)以外では、日本と大差なく楽しめる娯楽がたくさんあります。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

ただ「もっと知りたい、行ってみたい」で移住した中国。毎日のように新しい発見があり、あっという間に10年という歳月がたちました。たくさんの人と出会い、キャリアも積め、今では家族もでき、充実した毎日を過ごしています。

あの時、自分の気持ちに正直に行動して本当に良かったと思っています。

私は運良く、今まで大きなトラブルなどに巻き込まれたり、日常生活が送れないほど生活に慣れないということはありませんでしたが、中には水や食べ物が合わず、身体を壊してやむを得ず帰国した方もいます。

中国に来ることを考えている方は、現地でやっていけるか一度足を運んでみてくださいね!

おすすめ!

中国・大連での生活は高い?安い?1ヶ月の生活費シミュレーション

これが日常、中国大連で見る残念な5つの光景

主婦目線で考える中国・大連に持ってきたら役に立った7つのもの

中国お役立ち

日本から中国へ郵便の送り方(EMS、SAL便、船便)

中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

中国で病気になったときの診察方法、外国人向け病院とローカル病院の違いとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
maomao

maomaoライター

投稿者プロフィール

中国人と国際結婚した中国大連在住30代主婦。異国の地で「毎日を楽しむ」をモットーに自分探しの旅を続けています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. バンコクのスカイトレイン(BTS)
  2. これがベトナムのファストフード!バインミー
  3. カンボジアのビザ取得
  4. ジョグジャカルタ
  5. 唐揚げホステルカフェ&バーtrica
ページ上部へ戻る