留学だけでいいの?思い切って海外で働くことをおすすめする3つの理由

海外で働く

今、海外旅行だけでなく、海外留学も人気があり、どんどんそんな経験をする人、増えてますよね。では、私たちの中で、どれほどの人が海外で働く経験を持っているでしょうか?

もちろん昔よりも駐在員など、海外で仕事をするという経験をする人は増えていますが、自分で海外で働いてみるという機会を設けれる、ワーキングホリデー制度も、海外で働くということをより簡単にしました。

今回、語学学校に行って学生として過ごしながらも、このワーキンホリデーを利用しカナダで働くという、両方の体験した私が留学や旅行だけでは得られない、「海外で働く」ことのメリットをご紹介します。

たとえ物価が高くても、働くことで生活が釣り合う

海外で働く

カナダでは、何を買うにも物価が高いイメージがあります。

ちょっとしたランチでも、レストランに食べに行くとチップ込みで1500円くらいかかるし、小腹が空いたなぁとチップスを手にしても、カナダの一般的なサイズを買うにも300円から400円くらいかかります。日本では100円で良質なものを買える板チョコも300円ぐらいします。

もちろん元々の量が多いこともありますが、食費だけでもどんどんお金が飛んでいきます。

しかし、カナダで働きだすと、その分バイトで時給1400円くらい、またはそれ以上の所も多いです。また、飲食店のサーバーで働いている人は、元々の給料が低くても、チップが加算されるので、人によっては、チップで家賃を払ってるなんて人もいました。

海外での働き方を体験できる

海外で働く

日本の働き方と海外の働き方を比べてみるのもなかなか楽しいですよ。

例えば、カナダでは、もし従業員に残業させてしまうと元の給料の1.5倍ほどの残業代を払わなければならない義務があるので、雇用主も「さっさと定時に上がってくれ」といった具合で、残業をさせないという認識がとても強いです。

残業の申告漏れも、政府が厳しく取り締まっているようです。その他にも、たとえアルバイトでも、企業によっては有給が出ますし、時期を見て、バケーションを1週間から1か月近く、年に数回取る人もたくさんいます。

語学学校でも「今週は〇〇先生がバケーションでいないから私が代わりです」なんてこと、頻繁にありました。その他、給料でかなりの額が税金で引かれるのですが、2月頃から徐々に確定申告が行われ、払いすぎた税金が戻ってきます。

もちろん給料と働いた期間に比例するのですが、私の友人は半年間ハウスキーパーとして働き、約10万円近くの税金が戻ってきていました。

仕事を通じネイティブの英語に触れることができる

その国を本当に知りたい人にとって、一番重要なことかもしれません。仕事に就く前に、語学学校に行っていた私ですが、実は語学学校から卒業するのが恐かったのです。

やはり学校の先生はたとえネイティブであっても、生徒が分かるような英語で話してくれますし、ある程度英語が聴ける、話せるようになっても、所詮それは、同じような英語レベルの生徒間だったり、学習途中の生徒とコミュニケーションをとるのが職業の教師だからです。

しかし、外の世界に踏み出すと、

  • Pardon me?(何て?)
  • Sorry but iI can’t understand what you say.(ごめんだけど、言ってることわからない)

なんて頻繁に言われます。

ましてや雇われている身なのだから、ちゃんとネイティブとコミュニケーションを取ってもらわなければ使い物にならないわけです。あの学校内で得意気に英語を使っていた自分は何だったのだろうと思うこともありました。

でも、自分が学校でやってきたことは決して無駄ではないし、もっと英語を成長させるために、新たなステップを踏んだんだと思ってください。そして、その悔しさをバネに、もっともっと英語を自分のものにしていけるはずです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

もちろん海外で働くことは日本とは違った面でストレスが溜まったり、大変な思いをすることもあると思います。でも、働くということは、その国の社会と密接に関わることなので、ある意味、その国の本質が見える場でもあります。

旅行客や留学生など、日本からの訪問客としてではなく、働くことでその国の中に入ってしまうのは、また皆さんの視点を変えてくれる経験になるのではないでしょうか。

おすすめ!

日本から持っていかなくても大丈夫!カナダでも手にはいる必需品5選

カナダで働いて気づいた日本と全然違う8つのこと

ワーホリ初心者が初めに語学学校に行くべき4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. オークランドのMezze bar(メッツェバー)
  2. ゴールデンゲートブリッジ
  3. ニュージーランドで病気
  4. バリ島のおすすめ料理
  5. スイスの名物グルメのお土産
ページ上部へ戻る