タイの水道水は飲めるのか?バンコクへ行く前に知っておきたい飲料水事情

タイのミネラルウォーター

バンコクに移住する際に気にかけた事の一つに飲み水の問題があります。日本では水道をひねればとても美味しい水が出てきますよね。(筆者は実家が北海道ということもあり日本の中でも美味しい水が水道から出ます)

それでもやはりウォーターサーバーや浄水器をつけている家が多かったように思います。では、ここバンコクでの飲み水事情とはどのようになっているのでしょうか?

今回は日本とは違うタイ・バンコクの水事情をご紹介させていただきます。

水道水は基本飲んではいけません!

ここバンコクでは基本、水道水を飲まないことを強くおおすすめ致します。タイの地元の方でさえ水道水は飲みません。

タイ人の旦那さんが言うには「タイの水道水は生活水であって飲み水とは全く違うもの」ということ、そして「日本くらいじゃないかな?水道水を平気で飲める国は」と、世界中旅したタイ人の旦那さんは言います。

そこまで言うくらいだからやはり日本の水は美味しいのだなぁと思ったのですが、それほどの差が日本とバンコクにはあり、皆が認識しているのです。

水道水が安全ではないと自国の方が言うのであれば、やはり政府の方がいくら安心安全と言っても外国人の私達からすると飲むに飲めないのです。

飲み水はミネラルウォーターを買いに行こう!

タイのミネラルウォーター

タイに初めて驚くことの一つは、コンビニだろうとスーパーだろうと並びに並ばれたペットボトルの数ではないでしょうか。もちろん日本でも至る場所で水は売っていますが、量があまりに違いすぎてビックリするはずです。

また、種類やペットボトルの大きさにも日本では見ないサイズがあり、コンビニではケースに入りきらない水があちこちに山となって置かれていて足の踏み場がに困る事もありました。

タイでは水が値段が安い!

タイのミネラルウォーター

日本のコンビニで水500mlを買うとなると、ブランドにもよりますが100円前後ですよね?ここタイでもブランドによって若干のばらつきはありますが1番安くて7バーツ!(約20円位)2本買うと更に安くなるなどといったキャンペーンもあり、とにかく日本に比べると安いのが特徴です。

1.5ℓタイプでも20バーツ(約57円位)するかしないか22バーツの水を見た友人がこのブランド高いのよねと一言。それでも私達の感覚から言うとかなり安いということになりますよね?

4リットルのペットボトルも売られていたりします。家族連れの方は大きいサイズを購入する事が多いそうです。値段も少し安くなりますし経済的ですね。

おすすめ記事:バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

1人暮らし、2人暮らしならポット型の浄水器で十分?

タイのポット型浄水器

移住した当初はペットボトルを毎日買っていましたが、なんだかエコじゃないし、凄まじいくらいの空のペットボトルが家に並んでいました。

最近のタイでも飲み終わった後に小さく折りたためるペットボトルが出ていますが、やはり毎日となるとゴミの量もそれなりに出てしまうのが現状。

そこで我が家ではポットサイズの浄水器を購入して、なるべくゴミを出さないようにするということで今は落ち着いています。

このタイプは水道水を浄水器のフィルターに通してろ過してくれ飲み水が出てきます。正直1分2分でろ過出来るわけではないので少々待ちますが(5分程度)これで安心な飲み水がいつでも確保出来るようになり生活がかなり快適になりました。

ペットボトルのようにいちいち蓋を開けなくてよく、かなりの量が一度に浄水されるので料理をする上でもとっても助かります。(もちろんちゃんと蓋が付いていますか水を注ぐ際に自動的に開きます)今まで使っていたペットボトルにはろ過した水を貯めておき、なくなったらその都度足して使うという生活で、水待ちがなくなるのでおすすめです。

お子さんがいるご家庭だと、ウォーターサーバーや水道に直接浄水器をつけている家庭が多いそうです。(日本語対応してくれる会社が多々あるので)値段も日本よりお安めとのこと、ご自分の生活スタイルにあった飲料水を確保する事が大事ですね!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

毎日飲む、使うお水。国が変わればやはり水事情も大きく変わります。ミネラルウォーターを買いに行くのが面倒などという理由で決して水道水を飲まないよう、自分の身は自分で守りましょう。

たとえ現地の方が飲んでいても私達には耐性菌がないものがいっぱいあります。食中毒に繋がる事も多いです。出掛ける際にはミネラルウォーターを持って行くことをおすすめします。

おすすめ!

タイではマザコンが普通?タイ人家族のありかたと存在しない反抗期

5555を使いこなせばあなたもタイ人の仲間入り!上手なコミュニケーション

実は奥が深いタイ語「マイペンライ」の使い方と注意点

バンコクお役立ち

乗車拒否もあたりまえ!バンコクのタクシーの乗り方の基本

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Emilia

Emiliaライター

投稿者プロフィール

タイ人の夫と結婚し、2015年年末にバンコクにやってきた新米嫁です。初めてでも十分に楽しめるタイの暮らし、観光スポット、ちょっと変わったタイの文化などお伝え出来ればと思っています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. アルゼンチンの国籍別のお仕事の特徴
  2. 巴黎贝甜「Paris Baguette」
  3. 韓国の地下鉄
  4. インドネシア
ページ上部へ戻る