ややこしいタイ数字の数え方!覚えるべき2つの独特の決まり

タイ語の数字

新たな言語を学ぶとき早い段階で「数字」を覚えるのは良いことです。日常生活でもビジネスシーンでも数字を使わない日というのはまず無いのではないでしょうか。

この記事では「タイ語の数字」の覚え方、数を数えるに当たっての独特の決まり事についてご紹介します。

0〜10

まず基本となる数字ですね。タイで数字の0〜10は次のように言います。

  • 0「ศูนย์」スーン ๐
  • 1「หนึ่ง」ヌン ๑
  • 2「สอง」ソーン ๒
  • 3「สาม」サーム ๓
  • 4「สี่」シー ๔
  • 5「ห้า」ハー ๕
  • 6「หก」ホック ๖
  • 7「เจ็ด」ヂェッ ๗
  • 8「แปด」ペーッ ๘
  • 9「เก้า」ガーオ ๙
  • 10「สิบ」シップ ๑๐

カタカナ読みの隣にあるのがタイ語表記の数字です。「ゼロ」は万国共通の認識なのでしょうか慣れ親しんだ形なので覚えやすいですね。

11以降の数字の数え方

タイ語の数字

タイでは基本的に日本と同じ数字の数え方をします。例えば日本で「11」は10に1なので「じゅういち」と数えます。

ではタイ語で11は「シップ ヌン」で良いのでしょうか?

ここが少し面倒くさいところなんですがタイでは11を「シップ エッ」と数えます。1を「ヌン」ではなく「エッ」と呼ぶという事ですね。タイ語の1は十や百と言った別の単位の後につくと「エッ」という数え方に変わると覚えましょう。

12以降は簡単です。

  • 11「สิบเอ็ด」シップ エッ
  • 12「สิบสอง」シップ ソーン
  • 13「สิบสาม」シップ サーム
  • 14「สิบสี่」シップ シー

と「シップ(10)」の後にそれぞれ一の位の数字をつなげている言う形で19まで数えることができます。11以外は簡単ですね。

ややこしい「20」

さて、またまた厄介な数字の登場です。先ほども触れましたがタイでは「基本的に」日本と同じ数字の数え方をします。つまり幾つかの例外があるということです。

それが先ほどの「1」の数え方とこの「20」の数え方です。

タイで20は「イー シップ」と数えます。

30は「サーム シップ」、40は「シー シップ」、となると50は?……そうです「ハー シップ」となります。

こうなると、なぜ20は「ソーン シップ」じゃないの?と思われるかもしれません。これはもう「そういうもの」として覚えるしかありません。「20はイー シップ」と覚えてください。

ではタイ語で「21」はなんと言うでしょうか?上で説明したことを合わせて考えると答えが出てきます。そうです「イーシップ エッ」になります。

難しく感じるかもしれませんがこの2つの特例、つまり「タイ語の1は十や百と言った別の単位の後につくと「エッ」という数え方に変わる」と「タイ語で20はイー シップと言う」を覚えさえすればタイ数字の数え方はそんなに複雑ではありません。

100以降の単位は以下の通りです。

  • 100 百「ร้อย」ローイ
  • 1,000 千「พัน」パン
  • 10,000 一万「หมื่น」ムーン
  • 100,000 十万「แสน」セーン
  • 1,000,000 百万「ล้าน」ラーン

タイ語で百や千はよく使うこともあって覚えやすいのですが、一万、十万、百万がごちゃまぜになってしまう事があります。それで私は「ムーン、セーン、ラーン」→「ムセンラン(無線LAN)」という風に順番を覚えるようにしていました。

ちなみに百万を超える数はラーン(百万)を10倍、100倍という数え方で表します。例えば一千万だと「シップ ラーン」、一億だと「ローイ ラーン」ということになります。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

一見複雑で難しそうに感じるかもしれませんが、いざ日常生活で使い始めると意外に覚えられるものです。数字を覚えると買い物も捗りますし、日時を指定して約束することなどもできます。

むしろ数字を覚えずして海外生活は成り立たないのかもしれません。せめて日常の買い物で使う金額内の数字や自分の年齢をタイ語で言えるようにはなりたいですね。

おすすめ!

5555を使いこなせばあなたもタイ人の仲間入り!上手なコミュニケーション

使い方に気をつけるべき2つのタイ語「はじめまして」と「さようなら」

初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

タイお役立ち!

おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選

バンコクでバイクに乗る3つのメリット(免許取得からバイク購入方法まで)

移住前に知っておきたいチェンマイの交通手段(タクシー・バス・サムロー)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. B-STORY
  2. 海外で働く
  3. スイスの名物グルメのお土産
  4. レストランのキッズスペース
  5. シンガポール
ページ上部へ戻る