韓国ってどんな国?住んで分かる韓国の意外な3つの現実

韓国の現実

みなさんは韓国にどんなイメージを持っているでしょうか?最近では韓国に旅行する人も増え、中には何回もリピートする人もいるくらいだと聞きます。しかし、実際に生活してこそ本当の韓国の姿が見えるもの。

今回は旅行では分からない韓国で実際に筆者が感じた”韓国の現実”をいくつかピックアップしてご紹介します。

周囲の目を気にする

周囲の目を気にする韓国人

日本も割と周囲の目を気にするほうだとは思いますが、韓国はそれ以上に周囲の目を気にして生きています。韓国の文化だとよく紹介される「外食が一人ではできない」もそのひとつです。

外食をすると周囲から「あの人友達もいないのか、かわいそうだな」と思われそうで嫌なんだそうです。また、家や車などの自分のステータスとつながるような所有物も、いいものを持ちたがる傾向があります。

なので無理をしてローンを組んでいるなんて人も少なくないようです。

日本人は基本的に「自分の身の丈にあった暮らし」をする人が多く、筆者もそのうちの一人なので、そのことを韓国人の友人に話すと「欲がなくていいね」と褒められ(?)ます。

周りが見えていない

周りが見えない韓国人

上の「周囲の目を気にする」に相反する事柄ですが、これはどういうことかと言うと、周りの迷惑になることには少し疎いということです。

例えば、スーパーでは大きなカートを使うことが多いですが通路のど真ん中にカート置いたままにして周りの人の邪魔になったり、1台しかないATMで操作するときに、うしろに並んでいる人がいてもおかまいなしに何十分も操作していたり。

車を運転しても、路上駐車が多いので危険がたくさんです。

本当にささいなことが多いのですが、日本人の私からするともう少し周囲を見たら迷惑かけてるのわかりそうなのに、と思うのですが、そんなことはおかましなし。

これくらい気にしないでやっていく強さは韓国で必要なのかもしれません。

親戚の中に一人はこんな人が……

借金

韓国人と結婚し、同じ在韓日本人で話すときに絶対に話題に出るのが韓国側の親戚や家族に一人はいると言われている、困ったちゃんの話です。

それも少し性格が合わなくて困ってるんだ、というレベルではなく、どこどこのおじさんが借金して逃げた、お金を返してくれないなど、リアル韓国ドラマか!とつっこみたくなるほどかなりハードな困ったちゃんです。

ときには困ったちゃんなんてかわいい表現なんて物足りない!くらいの風来坊の話も聞きます。

日本でこの話をすると日本に帰っておいでよ、なんて言われてしまいますが、韓国で話すと「あるある」話になってしまいます。慣れとは怖いものですね。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

今回は韓国のネガティブな面だけをまとめてみましたが、なんだかんだで日本と韓国はお隣同士の国なので似てる部分も多いです。

上のこともいわゆる「文化の違い」ですので、韓国が特別変なのではなく、日本人にとって信じられないだけだと思います。こういうネガティブな文化を違いを認めてこそ、お互いが理解し合えると筆者は思っています。

おすすめ!

韓国で働くことになったら?韓国と日本の働き方の違いを比較しみた

韓国人との国際結婚、韓国に住んで感じた日本とまったく違う3つのこと

こんなところまで料理を運んでくれるの?韓国のデリバリー事情

韓国お役立ち!

韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

韓国で国際免許を取って車を運転しよう!(申請方法・費用・日数)

韓国ソウルの物価ってどうなの?1ヶ月の生活費シミュレーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. ダニンゴン駅
  2. タンソニャット空港
  3. ニュージーランドで海水浴
  4. タイの完熟マンゴー
  5. サントニーニョ教会
ページ上部へ戻る