実際の韓国企業の雰囲気は?韓国と日本の会社文化の違いを比較してみた

韓国企業

前回「韓国で働くことになったら?韓国と日本の働き方の違いを比較しみた」と言うテーマで会社のシステムや環境などに関する情報を中心に記事をお届けしました。

今回は私が韓国で働きながら経験した「企業文化」について一部ご紹介します。

関連:韓国で働くことになったら?韓国と日本の働き方の違いを比較しみた

やっぱり韓国も「共通点」大好き!

韓国企業

韓国でも共通点が大好きです。とにかく共通点を探す文化といってもいいかもしれません。

学歴

韓国はいわずと知れた根強い「学歴社会」です。そんな韓国で一流の中の一流大学と言えば、「ソウル延高大」と呼ばれるソウル大学、延世大学、高麗大学の3校です。

ここに上位1%のみが入学できると言う、理工系専門大学KAISTを加えた4大学が就職に強い名門校と言われています。

私が契約社員として2年ほど勤めた大企業では、なんと正社員の70%以上が上記4つの大学いずれかの出身でした。中でも同社はソウル大出身がそのうちの半分を占めていました。

企業経営者の出身校と同じ大学出身だと、入社しやすい傾向があるともいわれています。

軍隊

徴兵制度が施行されている韓国。ほとんどの男性は入隊経験があります。

そのため会社でも男性社員が入社すると必ず「どこの部隊出身か」という質問をされます。

留学組はウケがイマイチ?!

韓国は「学歴社会」ですが、海外留学組が韓国の大企業で就職しようとする場合、意外に“ウケが良くない”場合が多いようです。

その理由として考えられるのは、上記で挙げた「同門好き」と言う点や韓国の「組織」をかなり重視する風潮などが挙げられます。

上下関係などもまだまだ厳しく、英語圏でよく見られると言われている「個人の意見を尊重」「フランクな人間関係」などはこちらの社会には合わないようです。

組織力を高める?!会食やワークショップなど会社の行事多し

会社行事

韓国で会社勤めをしながら思ったことは、会社の規模に関わらず「会社の行事」が多いと言うこと!多くの企業で会食はもちろんのこと、「ワークショップ」と呼ばれる日帰り旅行や時には泊りがけで社員旅行に出かけます。

実はこれでも交流が減っているらしく、一昔前は、毎月給料日には必ず社員で1ヶ月の苦労をねぎらう会食、毎週1度は会食などの企業も多かったそうですよ。

関連:韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

「朝のお茶くみ文化」はまずない

上下関係が厳しいと言われる韓国ですが、意外に「朝のお茶くみ文化」はほとんど耳にしたことがありません。私が勤めた会社でも大企業や中小企業など規模に関わらず、1度もありませんでした。

また日本の会社ならどこの部署にも1つはありそうなコーヒーメーカーが韓国の会社ではまず見られません。そのため、新人が朝出社してまずコーヒーを落としておく、と言う風景も見られず、部長、室長クラスも自ら給湯室でスティックコーヒーを作ったり水を飲んだりしています。

ただ、来客があった場合は、やはり新人など女性がお茶を出してくれるようです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

会社の人と密な関係が望まれる傾向にある韓国。私は就職がきっかけで韓国生活を始めました。

人によってはこのような文化が億劫な場合もあると思いますが、韓国には学生時代の友達もおらず、一人暮らしで家族もいなかった私は、このような韓国の会社文化のおかげか、さほど寂しさを感じることなく過ごすことができました。当時勤めていた会社の同僚は、昔ほど頻繁に会うことはなくなった今でも家族のような存在です。

おすすめ!

韓国って日本人のことが嫌いなの?生活してわかった反日感情の実際

知っておくともっとおいしい韓国焼酎の豆知識!地域別のソジュまとめ

EMSよりも安く荷物を韓国から日本へ送る方法(小型包装物)

韓国お役立ち!

韓国で就職しよう!韓国就活で必須の「自己紹介書」と書き方ガイド

韓国での部屋の探し方ガイド(必要なもの、お得な借り方、立地、相場)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」
  2. 海外渡航前の準備
  3. 台湾移住のきっかけ
  4. タイ人とのコミュニケーション
  5. アメリカ側から見るナイアガラの滝
ページ上部へ戻る