中国大連で日本人の多い仕事、業種、給料相場

中国大連での給料相場

海外で働いてみたいけど、希望の仕事を得られるだろうか、言葉の面で壁はないだろうか、収入は暮らしていけるだけもらえるのだろうか等々、わからないことだらけからスタートする人が多いのではないでしょうか。

中国・大連は歴史上日本ととても関連が深く、また親日の方が多い土地柄です。各地で反日デモが激化した時でさえ、静かでした。日系企業が多く進出しているため、日本人の割合も高く、暮らしやすいのが特徴です。

今回はそんな大連で働くことを考えている方に、日本人が多い業種やその収入についてご紹介します。

中国大連で日本人の多い業種と職種

大連で日本人の多い業種と職種

大連には多くの日系企業を含む外資系企業が進出しています。日本人が多く働いている業種は大きく分けて、製造業、IT・通信(BPO含)などが挙げられます。それ以外に旅行、金融、出版、保険、商社、運輸、飲食などがあります。

製造は開発区に集中しており、家電や自動車、精密機器、電子部品等のメーカーが進出しています。

IT・通信はソフトウェアパークや高新園区に集中しており、主に日本にいる個人・法人顧客向けのコールセンター、ITサポート、カスタマーサポートなどがあります。日本語だけで就職できるところも多いです。

大連で多い業種

業種 製造業、IT・通信(BPO含)、旅行、金融、出版、保険、商社、運輸、飲食

それぞれの職種、お給料は現在はおおよそ以下のようになっています。

管理・品質管理・技術指導 10,000元〜30,000元(約16万円〜48万1000円)
エンジニア、技術者 10,000元〜25,000元(約16万円〜40万円)
営業(セールス) 7,000元〜25,000元(約11万2000円〜40万円)
カスタマーサポート・コールセンター 6,000元〜20,000元(約9万6000円〜32万円)

※1元=約16円(2016年7月21日現在)

必要とされるスキル

必要なスキル

中には業務経験がなくても受け入れてくれる企業などもあるにはありますが、関連する知識や業務経験が求められることがほとんどです。

言語面では日本語だけで働ける企業が多いのは魅力的ですが、日本語が流暢な中国人も多いため、日本語ネイティブだけで優位に立つのは厳しいのが現状です。

しかし、上記職種を見ていくと「高い品質」「相手の立場に立ったサービス」を求められていることがわかります。せっかくの異国で日本にいるときと同じように働きたくないと思う人もいるかもしれませんが、日本人だからできることを磨いていくことで、優位に立てることがあるでしょう。

また、英語や中国語などの読み書き、コミュニケーションができればそれだけ採用されやすくなります。

就労ビザ

就労ビザ

いくら能力が高くても、ビザが取得できないのでは意味がありません。中国では、外国人への就業ビザに対する条件が年々厳しくなってきています。原則は以下のようになります。

  • 60歳以下
  • 2年以上の就業経験
  • 大卒

関連:中国で働くためにZビザを取ろう!就業ビザ取得まで(費用・日数・必要書類)

人脈やコネがあれば転職しやすい

就労ビザや就業許可証を取得して働いても、別の企業に転職したい、ということがあるかもしれません。中国では日本では想像できないくらい、まだまだコネの力は絶大です。

日本でも親族などの口利きで就職ということを聞きますが、中国の場合は、企業の人事や親族に限りません。友達はもとより友達の友達、友達の親族などでもコネを発揮してくれます。

入りにくい企業でも、誰かのコネがあれば能力がちょっと他と劣っても口利きで面接をパスできる場合が多くあります。もちろん入社後、能力が足りず、厳しい状況になって退職する人もたくさんいますが……。

それでも、まず入れないことには仕事ができませんから、ものは考えようです。日本人である私たちが最初から人脈やコネを作るなんて難しい、と思うかもしれませんが、ちょっとした飲み会などで知り合った人と名刺を交換して人脈を作っておく、最初に働いた会社でとにかくあらゆる同僚と仲良くなっておく等でどんどん働き口が広がっていきます。

関連:中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

中国人は主に「給料」と「自己成長」のために働いています。良い上司のために尽くすという考え方はあっても、会社のために尽くすという考えは稀で、給料がよくさらに良い経験が積めそうな企業があれば、良い役職に就いていてもどんどん転職していきます。

その為、同僚や先輩、後輩と親しくしておけば彼らが転職した先の企業の求人などを紹介してくれたり、勧誘してくれたりするのです。そうしてお互いにさらに条件の良い会社へ転職を続けていくのです。

日本と違うところを受け入れる懐の深さが大切

当たり前のことですが、どこの国で暮らしても、やはり日本で生活するのとは訳が違います。固定観念に縛られずに、時には柔軟に周りで起こる出来事を受け入れる姿勢がなければせっかく海外で就職できても途中で挫折して帰国することになります。

そうならないために、ある程度、現地の人と同じ目線で物事を見て、感情を共有することが重要です。そうして、人間関係を築いていくことができれば、情に厚い中国人のこと。きっとあなたの力になってくれるでしょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

海外で日本語を使って日本と変わらない仕事ができ、経験が積めるところは非常に大きな魅力ですよね。大連ではそれが叶います。

自分の未来を創るのは自分自身。もし海外での仕事に興味があれば、飛び込んでみるのもいいかもしれません。

おすすめ!

中国・大連での生活は高い?安い?1ヶ月の生活費シミュレーション

一番注意すべきはスリ!中国大連の治安と気をつけたいこと

これが日常、中国大連で見る残念な5つの光景

 

中国お役立ち

一度は読んでみたい、おすすめの中国ブログ7選

外国人臨時宿泊登記と中国生活で知っておきたい各種手続きまとめ

いざ中国へ行く時のビザ申請方法と必要書類まとめ

 

中国で新たしい働き方をしよう!

海外でのワクワクを忘れない、社会人3年目の私が中国での生活を決めた理由

中国上海で駐在員として滞在、外からは見えない海外の本当の姿が見える

中国での仕事やビジネスを円滑にするために知っておきたい3つの中国文化

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
maomao

maomaoライター

投稿者プロフィール

中国人と国際結婚した中国大連在住30代主婦。異国の地で「毎日を楽しむ」をモットーに自分探しの旅を続けています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. セブ島で驚く
  2. メキシコ人は働かない??メキシコのお仕事事情
  3. バンコクのコンドミニアム
  4. インドの予備知識
  5. コタキナバルへ持っていくもの
ページ上部へ戻る