あり合わせでなんとか作る!カナダで簡単に作れるおすすめ日本料理5選

お好み焼き

海外に滞在していると、ホームーパティーなどで何かと自分の国の料理を作る機会が多いと思います。もちろんそれだけでなく、日本食が恋しくなることももちろんあります。

しかしながら、カナダにある限られた食材の中で、作れる馴染みの料理を探すのは、なかなか大変ですよね。今回は、料理のレパートリーが少ないのに、カナダの料理が合わなかった私がなんとか作っていた家庭料理をご紹介します。

また「日本から持っていかなくても大丈夫!カナダでも手にはいる必需品5選」でも紹介したアイテム、醤油のほかに、カナダの大手スーパーマーケットで手に入る、最強アイテムめんつゆも積極的に活用していきます。

卵雑炊

卵雑炊

材料:ご飯、卵、めんつゆ

ご飯を炊き、鍋に水と一緒に茹で、めんつゆを入れて、出来上がる直前に溶き卵を投入。失敗しようがありません。

私のカナダでの職場が、なんとスーパーから車で40分かかる場所に位置しており、月に1度、買い出しという具合だったので、お米とめんつゆを常備し、12個入りの一番安い卵をケースで買い、何度も作りました。やはりご飯の残りが少ないときや、お酒を飲んだ次の日などに大活躍した料理です。

たまに、ネギやアジア系スーパーで買った鮭フレークや、なめ茸の瓶詰めなども贅沢に入れて、バリエーションを広げていました。

そぼろご飯

そぼろご飯

材料:ご飯、ひき肉、醤油、砂糖

ひき肉を炒め、パラパラになったところに、砂糖と醤油と投入し、甘辛く仕上げたものを、温かいご飯にのせる。本当は料理酒があればいいのですが、これでも十分美味しいです。

カナダでは豚、鶏のひき肉が売っています。しかも、割と大胆にお肉がカットされて売っている中で、小分けのトレイで売られていて、使い勝手がいいです。

アジア系のスーパーにはふりかけなどご飯のお供も売っているのですが、なんとか自分であるもので作ろうと思い、レパートリーに入れました。炒り卵を添えてもGood! 自炊をしている人は、何かとお弁当を作る機会も多いので、そぼろご飯はタッパーにも入れやすく、重宝します。

親子丼

親子丼

材料:ご飯、鶏もも肉、卵、玉ねぎ、めんつゆ

鶏もも肉と玉ねぎを薄切りにカットし、フライパンで炒めたところに多めのめんつゆを投入。溶き卵を具に回し、少し蒸らして、ご飯に乗せます。

鶏もも肉がない時は、ひき肉を代用したり、卵とじにしたり、そこにトマトを入れたりしていました。海外のひとにとって、半熟卵はあまり馴染みがないので、その見た目の照り具合からも、興味を誘うようです。ついでに、玉ねぎはちゃんと一つから購入できます。

肉じゃが

肉じゃが

材料:豚か牛肉、ジャガイモ、たまねぎ、にんじん、めんつゆ、醤油、砂糖

薄切りにした肉、たまねぎ、にんじんを炒め、水を入れた後、ジャガイモも投入。煮立ったところで、調味料を好みで入れて、また煮込みます。

実は、カナダの一般のスーパーではバラ肉は売っておりません……なので、自分でなるべく肉を薄切りにカットしてました。私は面倒だったので、もうベーコンとか代用しました。

しらたきは、大型アジア系スーパーでは手に入るところもあるみたいです。この要領で、煮込み系だと、かぼちゃの煮付けとかもできます。カナダの野菜は高いけど、かぼちゃは安いし、栄養たっぷりなのでおすすめです。

お好み焼き

お好み焼き

材料:小麦粉、キャベツ、ネギ、豚肉、卵、めんつゆ、お好みソース

キャベツの千切りとネギ、小麦粉と卵を水で程よい粘り気が出るまで混ぜ、めんつゆを少し入れたところで、油をひいたフライパンに上に薄切りの豚肉を乗せ、先ほどの具をパンケーキ方式で焼き、最後にソースをかけます。

ホームパーティーなどで一番ぴったりな料理だと思います。みんなでワイワイ作るのが楽しく、「ジャパニーズパンケーキ」と喜んでもらえます。アジア系スーパーでお好みソースを購入しなくてはならないのがネックです。

私は、関西のねぎ焼きという、たくさんのんネギ斜め切りし、粉に混ぜ、お好み焼きより薄く伸ばし、醤油で食べていました。ついでにお肉はベーコンをまたまた代用。中にズッキーニやジャガイモを入れても美味しいですよ。

ただ換気扇を回すのを忘れずに!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

やはりいくらアジア系スーパーがあっても、場所は限られているし、値段は高いし…と懐かしい日本食を諦める前に、少し妥協も必要ですが、身近なもので日本食を楽しんでもませんか?

そしてもちろん、料理は海外の方とのコミュニケーションの一環に必ずなります。日本の味を食べてみてほしい!と思った時のために、ちゃちゃっと作れる料理のレパートリーを作っておくのも、間違いなく損はないですよ。

おすすめ!

ワーホリ初心者が初めに語学学校に行くべき4つの理由

1年間のオーストラリアでのワーホリで得られたものは貯金と貴重な経験

そうだ、カナダに行こう!陸路でアメリカとカナダ間の国境を越えてみた

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. ホーチミンの賃貸物件事情
  2. 留学じゃー
  3. 中国人との国際結婚手続き
  4. 中国遼寧省で無農薬野菜の現場
  5. ダイナソー・バーベキューDINOSAURBAR-B-QUE
ページ上部へ戻る