ここがよかった!実際に韓国で生活してよかったと思う3つのこと

韓国に来てよかったこと

近くて遠い国と言われている韓国。言葉通り、場所に寄れば国内よりも近いですが、外国には変わりありません。日本人なので、どうしても日本と比べてしまい、日本のほうがいい!と思う時も多いですが、逆に韓国のこの部分はいいなと思うこともあります。

今回は、筆者が実際に韓国で生活し、感じた韓国のいい部分をご紹介します。

ごはんがおいしい

韓国料理が美味しい

生きていく上で欠かせないのは「食事」ですよね。韓国は比較的、海外の中では日本人の口に合うものが多い国だと思います。辛いものが苦手でも食べれるメニューはたくさんあるし、もちろん辛いもの好きにとっては天国です。

筆者はもともと辛いものが大好きだったので韓国の食事はとても口に合い、結果太ってしまいました……でも、唐辛子のダイエット効果も効かないくらい、韓国にはそれだけおいしく食べられるものが多いということです。

海外で生活するとなかなか日本の食材を手に入れるのは難しくなるので、現地の食べ物が口に合うかどうかって結構重要だと思います。

家賃がいらない

韓国の家賃

家賃がいらないってどうやって住むの!?と思うかもしれませんが、世界で唯一とも言える韓国独特の賃貸の方法に秘密があります。

もちろん1円も必要ないというわけではなく、保証金としてまとまった金額が必要です。

その保証金のことを「チョンセ」といい、そのチョンセ金を銀行に預けると利子が発生、その利子が大家さんの手元に入るお金になるという仕組みなのです。

もちろんまとまった資金がなければ月の家賃をタダにすることは難しいですが、それでも日本と比べるとはるかに安い家賃で住むことが可能です。

最近では利率も下がってきたのでチョンセのみの物件も少なくなってきましたが、探せばまだまだあります。日本で住もうと思うと家賃で月5万円〜は絶対かかってしまうので、それを払わないとなると1年に60万円分も節約できるということになります。

そう思うと、かなり大きな差ですよね。

いい意味で「適当」

時間にルーズ

大雑把な人には嬉しい「適当」。筆者ももともと大雑把な性格ではありますが、それでも韓国の大雑把、適当さ部分には驚いたことは何度もあります。

約束の時間も多少遅れるのは当たり前、仕事中に携帯触るのも当たり前、日本人からするとびっくりの連続です。

でもそれが許されるような雰囲気ということは、自分もそうしても大丈夫だということなので、染まっちゃえるとかなり楽な部分でもあります。

逆に言うと、ルールをきっちり守りたいタイプの人にとったらイライラさせられる場面が多いかもしれないのも事実です。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

日本と近い割には文化的な違いも多くたまに日本が恋しくなってしまいますが、近いからこそすぐに日本に帰れるところもまた韓国の魅力です。

韓国は移住者も多く、日本人には住みやすい外国のひとつと言えると思います。

おすすめ!

まるで気分は女優!韓国で撮るウェディングフォトがめっちゃいい!

韓国って日本人のことが嫌いなの?生活してわかった反日感情の実際

ただコーヒーを飲むだけじゃつまらない!韓国で流行りの異色カフェ4選

 

韓国お役立ち

実際の韓国企業の雰囲気は?韓国と日本の会社文化の違いを比較してみた

韓国ってどんな国?住んで分かる韓国の意外な3つの現実

韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Heidi

Heidiライター

投稿者プロフィール

韓国人と結婚し、釜山に移住。
現地企業で働いている兼業主婦です。
韓国の情報はもちろん、釜山に住んでいるからこそお伝えできる情報もたくさん盛り込んで記事にしていけたらなと思っています!

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. スイス
  2. コタキナバル
  3. 香港の二階建てバス
  4. 韓国キムチ
ページ上部へ戻る