シンガポール交通手段完全ガイド(バス・タクシー、地下鉄)

シンガポールの交通手段

シンガポールは、東京23区くらいの扇型の小さなエリアに約500万人が住んでいます。シンガポールは公共交通網も発達しているので、MRT(地下鉄)、バス、タクシーを駆使すれば、どこへでも便利に移動できます。

ちょっとした知恵があれば移動はさらに便利に快適になりますので、そのノウハウをご紹介します。

MRT(地下鉄)

シンガポールの地下鉄

シンガポールの地下鉄はMRTと言います。MRTとはMass Rapid Transitの略です。現在は、南北線、東西線、北東線、環状線、ダウンタウン線の5路線が開通しています。営業開始は1987年になります。

マップ

シンガポールの地下鉄地図

シンガポールの交通局が提供している路線図は以下からダウンロードできます。

路線地図:https://www.lta.gov.sg

Explore Metro社のサイト(http://exploresg.com/mrt/)を使うと、ルート、所要時間、価格が簡単に検索できます。

スマホ用のアプリもあるので、それを使えばスマホから簡単に検索できます。

チケット

チケットには3種類あります。

  1. スタンダートチケット(Standard Ticket)
  2. ez-linkカード
  3. シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

-スタンダードチケット

自販機で購入し、6回まで繰り返し使えます。購入時に10セント(約8円)がデポジットとしてとられますが、3回目で10セントが戻り、6回使うと10セント分割引される仕組みです。

-ez Linkカード

日本のSuicaやPasmoのようなICカードです。MRTとバスで使えます。いちいち券売機で料金を支払う必要がないですし、小銭も不要なので、便利です。

カードは地下鉄の駅で購入できます。カード代5ドル(約400円)と運賃代7ドル(約560円)の合計12ドルが初回の料金になります。運賃代がなくなりそうになったら、自動販売機でチャージします。

ちなみに、このカード代5ドルは、返金されないので、短期間の旅行者には向かないです。ただし、運賃が割引されること、最後のチャージから5年間は有効なので、何度かシンガポールに旅行する方には便利でしょう。

注意点

注意点としては、一定の残額がないと(MRTの場合は乗車改札時に残額がS$3以上、バスの場合は当該乗車バスの終点までの運賃相当額以上)、利用できなくなるので、注意が必要です。

長期で滞在する人は、オートチャージの機能を使っています。残額が0になると自動的に銀行口座やクレジットカードからチャージされるので、便利です。

AXSという駅などにある端末で登録します。少々手間がかかりますが、サイトの手順どおりにやればできます。

-シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

ezlinkカードの旅行者版になります。1日券、2日券、3日券の3種類あり、有効日の終電まで有効です。金額はそれぞれ20ドル、26ドル、30ドルとなります。

以下のMRTのオフィス(http://www.thesingaporetouristpass.com.sg)で購入できます。

この金額には10ドルのデポジット分が含まれており、その分は購入日から6日以内にチケットオフィスにもっていけば払い戻しされます。

なお払い戻ししなければ、そのまま通常のezlinkカードとして使えます。

バス

シンガポールのバス

シンガポールはバス網がすごく発達していて、ほとんどどこへもバスで行く事ができます。スマホのアプリで自分がいるところのそばのバス停、次のバスがいつくるかなどの情報を検索できます。

SG Buses

バスの乗り方

  1. 目的のバスが来たら、手を挙げて(手を地面と水平の位置まで上げる)合図をする。
  2. 前方の入口より乗車
  3. ez-linkカードをかざす。カードがない場合は現金支払い(現金を払って乗車している人はめったにみない)。またお釣りが出ないので運賃額ピッタリ入れ、乗車券をとる
  4. 降車のバス停が近づいたら、降車ボタンを押す
  5. ez-linkカードをかざして、降車。現金払いの場合は、降車口付近の箱に乗車券を入れる

注意点は、次のバス停の車内アナウンスや電光掲示板はなく、また降車ボタンが押されないとバスは止まらないため、初めて乗る場合は、Google Map等で走っている位置を確認しつつ、自分の降りるバス停が近づいたら降車ボタンを押します。

また現金払いの場合は、価格がかなり高くなる(初乗り価格で倍近く)ので、ez-linkをもって乗車するのをおすすめします。

バスの料金表:http://www.sbstransit.com.sg

タクシー

シンガポールは、車を所有すると税金や車の保有税が高く、カローラクラスでも1000万円以上します。一方でタクシーは安価で便利です。シンガポールにいるとタクシーを頻繁に利用することになります。

シンガポールのタクシーは韓国KIA製のセダンがほとんどです。まれにベンツなどの高級車のタクシーもありますが、料金も高額なので、空港等で高級車のタクシーに割り当てられそうになったら、「標準的なタクシーにしてくれ」と言いましょう。

タクシーの捕まえ方

流しのタクシーを捕まえる場合は、タクシーの上の表示に注意してください。緑色の字の場合は、乗客がいないので止まってくれます。赤字の場合は、乗車中か予約されているタクシーになります。

まれに、緑の字でも地名が書いてある場合があります。タクシーの運転手が交代の時間でそっちの方面なら行くけど、他の目的地の場合は拒否されることもあります。

乗り方、お金の支払い方

自動ドアのタクシーはありません。従って手でドアを空けます。タクシーに乗り込み、行き先を告げて(英語が伝わりづらい時は、近くの駅や目印の場所を告げると理解してもらいやすいです)、後は到着を待ちます。

到着したら、基本は現金で支払います。ez-link(Netsカード)でも払えるタクシーはありますが、面倒がってできないという運転手も多いです。なるべく現金で支払うと楽です。

スマホアプリ

タクシーの数は多いシンガポールですが、雨の降っている時や夕方、深夜近くはなかなか捕まらない時もあります。そういった場合は、スマホアプリを使ってタクシーを呼ぶと便利です。

Grab Taxi:http://www.grab.com

Comfort Taxi:https://www.cdgtaxi.com.sg

また個人が自家用車を使ってタクシーサービスを提供するUberもシンガポールではポピュラーです。

Uber:https://www.uber.com

Grab taxiもUberもクレジットカードを登録しておけば、代金はクレジットカードに課金されるので、現金を用意する必要もありません。レシートは登録されたメールアドレスに送られるので、会社の清算にも便利です。

割増料金

シンガポールのタクシーは色々な割増料金があります。知っておくと無駄なお金を払わなくてすみます。

●時間帯によるもの

  • 24:00(深夜)~05:59:運賃の50%増
  • 06:00~09:30(月~金):運賃の25%増
  • 18:00~24:00(祝日を含む毎日):運賃の25%増

●場所によるもの

  • シティーエリアからの乗車:17:00~24:00(祝日を含む毎日):3.00ドル
  • チャンギ国際空港から:17:00~24:00(金~日):5.00ドル、それ以外の時間帯3.00ドル
  • マリーナ・ベイ・サンズから:6:00~16:59 (日、祝日):3.00ドル
  • リゾート・ワールド・セントーサから:すべての時間帯:3.00ドル

ERP(Electronic Road Pricing)チャージ:市内中心部にあるERPゲートを通過する度にチャージされる。

●予約料

06:00~09:30 (月~金)、18:00~24:00(祝日を含む毎日):3.30 ドル

上記以外の時間帯:2.30ドル

30分以上前に予約する場合:8.00ドル

料金計算

シンガポールは、移動した総距離で課金されます(総距離制運賃制)。例えばMRTとバスを乗り継いだ場合、バスの初乗り料金は課金されません。

ただし、総距離課金の条件は、

  1. 乗り換えは45分以内
  2. 最初の乗車から2時間以内に終着点へ
  3. 同じバス番号には適用されない
  4. MRTは1回の度につき1回だけ
  5. 1回の旅で乗り換えは最高5回まで

といった制限があります。

全行程の料金を計算するのはこのサイト(https://www.mytransport.sg)が便利です。

総合比較アプリ

MRTやバス、タクシーのアプリをそれぞれ紹介しましたが、シンガポールの地図の大手のStreetdirectoryのアプリを使うと、車、MRT、タクシー、バスのどれで行くとどの位時間がかかるかの比較ができるので便利です。

またシンガポールの地図をダウンロードも出来るので、通信環境がない場合も困りません。

地図アプリ:https://itunes.apple.com(iOS)

地図アプリ:https://play.google.comAndroid版)

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

狭いシンガポール。MRT、バス、タクシーを駆使すれば、車がなくとも大体どこへでも便利に移動できます。MRTが止まることもめったにないので、安心です。

他の東南アジアの国のように渋滞もひどくないので、大体の移動時間が推測できるのも良いです。移動で無駄な時間をロスすることなく、シンガポール生活をEnjoyできたらいいですね!

おすすめ

失敗しないシンガポールでのCondo(マンション)の選び方、11のポイント

シンガポールで働く!日系製造メーカーで海外勤務し自信と語学力が身に付いた

シンガポールおすすめローカルフードPrawn Noodle(プラウン・ミー)

 

シンガポールお役立ち

シンガポールでの銀行口座の開設方法(DBS銀行)

シンガポールで海外就職!1ヶ月生活したら生活費はいくらかかるの?

シンガポールの部屋はこうやって探そう!家賃相場はどれくらい?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 部屋探し
  2. 多国籍の友人
  3. 韓国企業
  4. これで安心!ベトナムでiPhoneをお得に使う方法
  5. バンコク、ゴーゴーバー
ページ上部へ戻る