生活の必需品!カンボジアで携帯電話SIMカードを購入してお得に使おう

カンボジアでSIMカードを買う

生活の必需品といえば携帯電話。海外に着いて現地生活を始めるにあたって真っ先に用意するものの一つでしょう。自分専用の番号を手に入れるために、日本では携帯電話会社と契約したり、プリペイド式携帯電話を手に入れたりするのが一般的です。

カンボジアでは契約書にするという手間を取らずとも、SIMカードさえ手に入れればすぐに電話が使えちゃうんです。

今回はカンボジアで番号を使い始めるときのあれこれをご紹介いたします。

記事内のドル通貨はアメリカドルで、1ドル≒103円ほどの計算です。カンボジアの通貨リエルは、4000リエル≒1ドルとしています。(2016年8月現在)

カンボジアでのSIMカードの買い方(購入方法)

カンボジアでSIMカードを買う

SIMカードを買うのは至って簡単です。町に出ればすぐに目につく電話機販売店や、携帯電話会社に直接行って、SIMカードを購入したいと申し出ましょう。

その際に外国人は身分証明のためにパスポートが必要な場合もありますので、念のため持ってきておいたほうが良いです。私が自分でカードを買ったときは、一応パスポートを持ってきてはいましたが、提示を求められることはありませんでした。

ただ、犯罪予防の一環として、カンボジア政府はSIMカードへの個人情報登録を厳格に行うようになり、SIMカード購入の身分証明書提示は必須となってきています。

個人情報が購入したSIMカードに登録されていれば、カードを万が一なくしたときに同じ番号を発行できるというメリットがあります。

携帯電話(SIMカード)を使うまでに

SIMカードの購入方法

冒頭でも書きましたが、カンボジアで携帯電話の番号を使うのに契約など煩わしいことは一切必要ありません。

その代わり、電話を使う時はプリペイド式と同じように、料金を自分のSIMカードにチャージしなければ発信することができません。

電話カードはSIMカードを購入したその場で買えますので、初めのチャージは店員さんに教えてもらっておくと、あとから自分でその作業を思い出して料金をチャージすることができます。

SIMカードへのチャージの仕方

カードは一枚1ドル、2ドル、5ドル、10ドル、とチャージしたい分の金額を幅広く選べるようになっています。

カードに書かれた番号を携帯に打ち込んで発信すれば、チャージ完了のショートメッセージが届きます。これで自分の携帯番号が使えるようになります。

キャリア比較

カンボジアには携帯電話会社がなんと7社もあるんです。田舎でも電波が入りやすい、同じキャリアの通話料金が安い、特別プロモーションが年中多い、など各社の特徴が異なります。

ちなみに同じキャリア同士であれば安く通話したりメッセージの交換ができるので、社員全員が同じキャリアの番号を持ったり、顧客が使うキャリアに合わせてSIMカードを購入したりすることがよくあります。

私も営業という仕事柄電話を掛けることがよくあるのですが、2つのSIMカードを使い分けています。そうしているうちに、電話番号の最初の3桁を見ればどのキャリアかがだいたいわかるようになってきました。

おすすめの使い方(モデム)

カンボジアのおすすめキャリア

通話以外では、SIMカードがあればインターネットを使うことができます。電話本体はもちろん、USBモデムにSIMカードを入れて使えばそれをパソコンに差し込ん、でどこでもネット環境を作り出すことができるのです。

ネット専用にSIMカードを購入するとなれば、使用料金のパッケージや通信速度など通話目的とは違う点でキャリアを比較することになります。

おすすめキャリアはsmart

smartという会社は、5ドルをチャージすれば○GBが一か月まるまる使い放題など魅力的なパッケージを豊富に取り揃えており、私もモデム専用のSIMカードはこのキャリアを使っています。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

カンボジアは本当に電話社会だなぁと思うことがよくあります。固定電話を家庭で使うことはほとんどなく、家族の一人一人が携帯電話を所有していますし、会社でも社員が1つ以上の電話番号を持っていることは珍しくありません。

仕事の場面では、メールよりも電話を好む人のほうが多く、ちょっとしたことでも同僚や顧客からよく電話がかかってきます。

SIMカードを選ぶときにキャリアを決めるのに迷ったり、わからないことがあったら周りやお店のカンボジア人に尋ねてみるのもいいでしょう。

よく知り尽くした彼らがあなたの使用用途にあったSIMカード選びにアドバイスをくれることと思います。ここに記した情報は2016年8月現在のものです。SIMカード購入の際にはご自身で最新の情報をご確認くださいね。

おすすめ!

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

東南アジアに行くなら絶対にここ!カンボジアで体験出来る素晴らしい3つの体験

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

 

カンボジアお役立ち

カンボジアのビザは行き当たりばったりの旅でも取得可能?(申請・費用・必要書類)

決められない…海外就職する?しない?決断のポイントは至ってシンプルだった

辛くなる前に…海外での異文化生活で生じるストレスへの5つの対処法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
池内桃子

池内桃子ライター

投稿者プロフィール

大学生の時、カンボジアサーカスに地元で出会い、カンボジアを訪れるようになる。
大学卒業の翌年、日本語教師の仕事を機に移住。
現在はカンボジアサーカスの営業職を務める。カンボジアで好きなのは、ハンモックに揺られてのんびりと過ごす時間。2016年、在住5年目突入。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. カンボジアでSIMカードを買う
  2. フランス
  3. シェアハウス
  4. ネパールの教育
  5. ニュージーランドの銀行口座開設
ページ上部へ戻る