バンコク(タイ)の日系繊維企業で海外就職!曖昧さを重んじる国で働いた話

バンコクの日系企業で海外就職

タイで高校卒業まで生活し、卒業後、日本での生活を始めました。しかし日本での生活環境が合わないのでタイへ戻り、仕事を探しました。タイは曖昧さを大切にする社会です。そのため、他人に厳しい日本社会は寛容な国で生きてきた者には厳しい環境でした。

また、海外の中でもタイでの仕事を選んだのは、一番身近な国であったので、自然な選択だったとも思います。英語はもちろん、タイ語も多少は出来たので、仕事探しに苦労しないと想像し、タイで仕事をすることを決意しました。

社内に肩書き以上に駐在員>現地採用>現地の人という階級があること

バンコク(タイ)勤めていたのが、日系企業なので、本社の意向を伝える駐在員という存在が一目置かれるのはポジションとポストとして納得するところです。

しかし、現地採用日本人と現地採用現地人(以下タイ人)の間にも歴然とした階層が存在し、現地採用日本人というポジションは駐在員の通訳やタイ人への愚痴のはけ口のような存在になることもあります。

現地採用日本人は現地に対して敬意を持って生活をして生きている人が多いですが、駐在員にはそれが欠ける人も多く、社命で仕方なく来ている人もいます。

そのため、駐在員>現地採用日本人>タイ人のような階級が自然とできあがるのだと感じました。

バンコク就職で多様性を実感できる

多様性を実感するのは、海外で働く上での最大のメリットだと思いますが、社会の一構成員となる訳なので、タイ現地の社会の構造をよく知ることもできます。

現地で仕事をすることで外国人として訪れるだけでは、気付き得ない文化や習慣を生活の一部として体感することができるのです。そもそもタイは階層社会で、その中でも日系企業は外資系企業という位置付けです。

そこで働く従業員たちはある程度精査をされた選ばれた人たちですが、その優秀な人材の中でも階層の違いを知ることができます。

例えば、大卒でも親が借金して出させた、という環境から富裕層のご子息ご令嬢の暇つぶし労働など、単純に共に働く人々のバックグラウンドから社会の多様性を垣間見れたのは大変良い経験だと感じています。

バンコクでの海外就職で実感、常識が常識ではなかった

日本の会社でのルールは、その会社、もう少し大きな括りでも日本社会でのルールだと日々感じています。

例えば、メールの書き方一つを取っても、日本では時候の挨拶から始まり、締めも曖昧な結びです。しかし、現地同士でのやり取りは、目的を明確化し、結びは次のコンタクト理由や関係性が築けていたら、「良い週末を」などなど。

タイでは休暇の取り方もプライベートがあった上での会社員生活なので、休みたい時に無理せず休みます。

日本では多少の風邪や熱、台風の様な自然災害の場合、日本の会社は出勤を奨励しますが、海外ではそこまで無理して働く環境はあまりありませんし、タイでもまた然りです。

日本の非常識を知ることが出来たのは良い経験となっています。

バンコク就職の難点は通勤手段のトラブルが多い

日本の公共の交通機関は基本的に何があっても通常通りの運行を目指すものですが、海外(タイ)はダメになったら諦めるしかありません。トラブルがあったら即休止です。

また、バンコクの交通渋滞は世界有数。なので、交通手段はあらゆる手段に精通し、対応可能な状態にしていなければ日々の通勤は難しくなります。タイでは交通費は基本的に会社からは出ないので、いかに安く早く安全に出勤するか、その手段の確保は必須です。

赤シャツのデモでバンコク市内の多くの道が封鎖された時や、洪水でほとんどの交通機関が麻痺している間も可能な人は通勤せねばならず、移動手段が安定していないのは大変でした。

まとめ

いかがでしたか?

今回はタイで高校まで生活し、再びタイへ戻り現地採用として活躍している方のお話をご紹介しました。現地の日系企業には、階級のようなものが存在することもあります。それは、日本でいう学閥のようなものに近いかもしれません。

海外就職ではトラブルや文化の違いはつきものですが、自分の常識や知見を広げるチャンスです。試しに一度挑戦してみるものありですよね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

60代からの海外就職!バンコク(タイ)の日系精密機器メーカーで現地採用になった話

タイ(チェンマイ)で学生の留学支援をする会社で海外就職した話

タイで海外就職!タイの都市別求人と給料相場を知ってアジア就職しよう

 

タイお役立ち

使い方に気をつけるべき2つのタイ語「はじめまして」と「さようなら」

タイで現地採用!知っておきたい給与相場とおすすめの職場

初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. フィリピンで海外就職
  2. ベトナムのお肉事情、鳩の丸焼き
  3. ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー
  4. 感謝
ページ上部へ戻る