タイと日本の働き方の違い!バンコクで仕事してわかったタイ人の働き方

タイ人の仕事の仕方

バンコクで1年弱働いていたことがあります。短い間でしたが、実際に働いてみて感じたタイ人の働き方、考え方を間近で体験しました。

これからタイで働く方(働いてみたいと思っている方)の為に、なるほど!と思う事、あらら?と思う事、郷に入れば郷に従えと思ったことなど、タイ人の仕事スタイルをご紹介致します。

〜ながら仕事は当たり前?

タイ人の仕事の仕方

タイで働いてビックリした事それは〜ながら仕事が普通に行われていたことが何よりカルチャーショックというか笑ってしまった出来事でした。

〜ながら仕事とは

〜ながら仕事とは、仕事をしながら他の用事(仕事とは別なこと)も同時にしていることです。

器用と言えば器用ですが、大体は何か食べながら仕事、女性なら爪のお手入れをしながら仕事、携帯でメール、ラインをしながら仕事、一日中プライベートの電話を掛けながらパソコンに向かっている同僚もいました。

日本では長時間職場でこのような事をすると、えっ?となるだろうなぁという事がタイの職場では日常的に行われていました。

もちろん小腹が空いたらちょっとお菓子を食べるだとかは日本でもあるとは思いますが、これが毎日毎時間となると、凄く自由だなぁ!とさえ思ったり、時にはちょっと!と思ったり、そんな感じで職場は賑やか過ぎるくらい賑やかでした。

彼らの言い分として仕事をしてるかららいいでしょ?という感じだと聞いた事があります。決まった仕事をこなしているのだからいいじゃないか!という雰囲気なのです。

タイの職場は日本よりも自由度が高い

タイの職場の自由度

自分の仕事が終われば就業時間より早く今日は帰りますという事も度々ありました。日本のように就業時間までは絶対にいなさい!という上司でもなかったのでそこも自由な感じです。

その分責任は自分に降りかかってきますが、タイの職場は自由への選択肢が日本よりも多いような気がします。

同じアジアでも仕事に対する考え方がまったく違う

注意された事が気にくわない、嫌だ!と思えば途端に会社に来なくなることもあります。

日本の社会で育った私にはそんな勇気などなく、嫌だなぁと思っても日本では我慢が美徳という感じなので、同じアジアでも随分と仕事、職場に対する考えが違うんだなと考えさせられました。

これがタイの仕事の仕方なんだなぁぐらいに思っておくこと

育った環境が違う彼らと同等に見るというよりは、そういう主張の仕方もあるのだという目で見ると争いもなく、静かに見守れるようになります。まさに私がそうでした。慣れると逆に面白い!とさえ思ってきましたから、何事も前向きに捉えられるようになれます。

一方、日本スタイルで1人働いていると、勤勉だね〜、少しは休んでいいのよ〜、週末は何してた?などと声をかけてくれていつも気を使ってくれたのもタイ人でした。

職場にはいろんな国の方がいたので、そこはやはりタイ人の優しさが出ていたように思います。お菓子の差し入れが何より凄かったですし、食べろ食べろと!まるで家族のようでした。

タイは女性が強い!女性の社会進出!

タイ女性の仕事ぶり

タイで働いて気付いた事はとにかく女性が強いということ、決して怖いという意味ではありません。とてもタフだなと何度も思いましたが、やはり一言で言えば強いなぁと思う事が多かったのです。

メンタル面もそうですが、仕事に対しての要求もはっきりと口にします。そういったことはタイ人男性よりも女性の方が多いような気がします。

強いとは仕事というよりはタイ人女性に対して抱く事なのかもしれません。結婚しても、妊娠しても仕事を辞める方など、まずいません!何で日本人は辞める?と不思議がります。

夫婦共働きが基本のタイでは母でありながら、女性としてもとても逞しく生きている女性が多いのだと思います。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

日本で働いていた方が突然タイで働くとなると、戸惑う事が必ず出てきます。

中には仕事の仕方が合わない!とタイ人とコミュニケーションを取らなくなる日本人もいますが、折角タイで働いているのであれば、自分がいいなぁと思う点はどんどん取り入れて、違うなぁと感じ感じる点は、目をつむる、怒ったり注意するのではなくなぜそうなるのか原因を探る所から始めるといいかもしれません。

とはいえ私には自由さが新鮮で気持ち良く、とっても楽しく仕事をさせてもらっていたのでまたいつか働きたいなぁと思ったりもしています。

おすすめ!

タイ人の心をがっちり掴む!日本から持っていけば喜ばれるお土産6選

タイではキレイというのはご法度?タイ語で知っておきたいこと

60代からの海外就職!バンコク(タイ)の日系精密機器メーカーで現地採用になった話

 

タイお役立ち

ややこしいタイ数字の数え方!覚えるべき2つの独特の決まり

5555を使いこなせばあなたもタイ人の仲間入り!上手なコミュニケーション

タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

 

タイで新しい働き方をしよう

タイで現地採用!知っておきたい給与相場とおすすめの職場

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Emilia

Emiliaライター

投稿者プロフィール

タイ人の夫と結婚し、2015年年末にバンコクにやってきた新米嫁です。初めてでも十分に楽しめるタイの暮らし、観光スポット、ちょっと変わったタイの文化などお伝え出来ればと思っています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ラオス・ルアンパバーンのクアンシーの滝
  2. ノーマンビー島でのアクティビティー
  3. キンパプ(김밥)
  4. タイ語の数字
  5. 中国で仕事
ページ上部へ戻る