自宅用&お土産用におすすめ!タイ刺繍柄マットレス&クッション

タイの刺繍クッション

現地でしか手に入らない物ってお土産でも喜ばれますよね。そして実際そういう物の中には機能性デザイン性共に優れた物が多くあります。

今回ご紹介したいのはタイの現地でないとなかなか手に入らない商品「タイ刺繍柄クッション」です。大きさや形、デザインが豊富にあると同時に非常に優れたある【効能】があります。

タイでの現地生活で使えるクッションもあれば、お土産にピッタリのサイズの物まであります。

マットレスタイプ

タイの刺繍マットレス

いわゆる敷布団として使うタイプです。

この種類の中にも幾つかサイズがあり、子供が1人ギリギリ横になれるぐらいのスモールサイズもあれば大人2人が横になることができるサイズの物もあります。

上の写真にあるのがその2種類のサイズです。写真右側に2つ積み上げているのがスモールサイズの物で横幅約50cm,縦約200㎝ぐらいの寸法です。子供なら大丈夫だと思いますが、大人だと横になるにはちょっと窮屈でしょうか。

写真左側に2つ立て掛けてあるラージサイズのものですと横幅約150cm,縦約200㎝ぐらいありますので大人でもゆったりと横になることができます。

優れた効能

上でも述べましたがこの種のマットレスにはある効能があります。

それは「腰痛に効く」という効能です。

タイの刺繍マットレス

写真を見てもらうと分かりますがマットレスの表面は平らではなくボコボコと凹凸があるが分かるでしょうか。寝転がっているときこの凹凸がマッサージの働きをするようで特に腰痛を持つ人に良いと言われています。

私も激しい腰痛持ちというわけではないんですが、これまで一年に一度くらいはなんだか腰の調子が悪くなるという事がありました。しかし、このマットレスを自宅で使い始めてからのこれまで約5年そうした事は起きていません。

生活パターンが変わったということもありますので一概に言い切ることは出来ないのですが、確かにこのマットレスには腰痛を和らげる働きがあるようです。

値段はSサイズのもので約300バーツ(約900円)Lサイズで約900バーツ(約2700円)程です。地元の市場などで買うとさらに安く買えますし、外国人相手のお土産屋などで買うと5割増しぐらいの値段で売られていることもあります。

賢くお店を選びたいですね!

ただこのマットレスタイプ、結構な大きさなので持ち運びしにくくお土産には向かないかもしれません。それでタイで生活している方はぜひご自宅用に買って使ってみてくださいね。

クッションタイプ

一言にクッションタイプと言っても色んな形が売られています。

タイの刺繍クッション

四角形のクッションタイプです。

 

タイの刺繍クッション

三角形のクッションタイプです。

他にも花の形をした物や抱き枕タイプ、日本の枕のような形をした物も売っており、どれも程よい固さで枕として使うのにピッタリです。

値段も大きさや形によって変わってきますが一つ100バーツを超えるものは余りありません。持ち運びするのにもそれほど苦になる大きさではないのでお土産にもピッタリですね。

 

タイの刺繍クッション中でもお土産におすすめなのがこちら。

首枕やネックピローと呼ばれるタイプのクッションです。少し固めなのが丁度良く旅行中しっかりと枕の働きをしてくれます。デザインもとても可愛いですよね。

こちらもデザインによって多少値段は違ってきますが一つ120バーツほど(400円弱)でお買い求めやすくなっています。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

タイ刺繍柄マットレス&クッション、自宅用もしくはお土産用におすすめです。

もしタイで生活をしている方がいらっしゃれば是非ともマットレスを買って使ってみてください。意外な寝心地の良さにきっと気に入っていただけるはずです。

近々タイに旅行に来る予定がある方がいらっしゃれば是非お土産用に一つタイ刺繍柄クッションを買ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ

タイのお土産が揃うチャトゥチャックウィークエンドマーケットが面白い!

タイ人の心をがっちり掴む!日本から持っていけば喜ばれるお土産6選

バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

 

タイお役立ち

タイと日本の働き方の違い!バンコクで仕事してわかったタイ人の働き方

仕事に疲れたらここ!バンコクの自然と動物の癒し空間、ドゥシット動物園

おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 台湾の昼食
  2. 海外就職
  3. マニラの市場(マーケット)
  4. セブ島のトイレ
ページ上部へ戻る