北京(中国)の道端で売ってる中国の季節を感じる不思議な食べ物4選

北京の道端で売ってるふしぎな食べ物

北京の街は至るところに食べ物や雑貨を売る屋台が出ています。30度を超す真夏にまともなクーラーボックスも使わずに生ものを出す店もあれば、ニセモノや品質のよくない物を並べた店もあります。

結局は自分自身の判断で買う買わないを決めるしかないわけですが、中には一般の店舗にはほとんど並ばない品もあります。季節を感じさせるこれらの品は道端で見つけたらすぐその場で買うしかないレアアイテムと言えるでしょう。

そもそも売られている量も多くないし期間も限られているので、観光客でこれに出会えたらとてもラッキー、北京生活者だからこそ味わえる楽しみでもあります。

今回は北京の道端で売っているちょっと不思議な食べ物をご紹介します。

道端で売ってるシャワーヘッドみたいな食べ物って何?

シャワーヘッドのような蓮の実

毎年7月から9月にかけて道端で緑色のシャワーヘッドみたいなものを売っている人を見かけることがあります。これ、蓮の実です。

道端以外で売っているのを見た記憶がありません。道端で蓮の実を前に座っている人を見ると、夏が来たなぁ、という気分になります。

まずは買ってみよう

北京で買う蓮の実

お値段はわたしが買った時はひとつ5元(およそ80円ちょっとくらい)でしたが、これこそ値段はピンからキリまであるでしょう。

自信のある方は値切り交渉してみてください。

どうやって食べる?

北京で買う蓮の実

蓮の実は手で簡単に割れます。中の実を指でほじくり出して、緑の皮を剥いて中の白い実だけそのまま食べます。かすかな苦みがありますが、ほんのり甘くて柔らかいです。

蓮の実には暑気払いの効果があるそうですから、まさに夏の味覚と言えるでしょう。

ヒマワリの種

北京で買うひまわりの種

市内ではあまり見かけませんが、夏の終わりから秋にかけて郊外に行くとこんなものに出会ったりします。がくについたままの丸ごとのヒマワリの種です。

ヒマワリの種はおつまみやお茶うけに中国ではポピュラーなスナックです。炒って味付けしたものがスーパーでも普通に売っていますが、丸ごとというのが露店ならでは、野趣あふれる感じが面白いです。

もちろんこのまま生でも食べられますが、がくから外してフライパンで乾煎りするとまたおいしいものです。

コオロギ

北京で買うコオロギ

きわめつけはこれ、夏から秋口にかけて登場するコオロギです。

中国では古来より闘蟋(とうしつ)といってコオロギ同士を戦わせる遊びが盛んでしたし、単純にその声を楽しむ文化もあります。竹のカゴに入ったコオロギを売る店は、まさに中国の秋の風物詩ですね。

お値段は有って無いようなもの、最低でも数十元から上は天井知らずと思われます。しろうとにはコオロギの強さや声の良しあしはよくわかりませんが、可愛らしい竹のカゴを眺めて季節を感じるだけでもそれなりに楽しいのではないでしょうか。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

北京の道端で売っているものの値段はとてもあいまいで、慣れない人にはハードルが高いものですが、こういった季節感のある商品は眺めるだけでも楽しく季節の移り変わりを感じさせてくれます。

ああ今年もこの季節がやってきたなあ、と感慨に浸るのも中国に住む醍醐味のひとつと言えるのではないでしょうか。

おすすめ!

北京(中国)の道端にある屋台って安全なの?手軽な屋台のいろいろ

北京西側のインターナショナル、五道口エリアのおすすめのお店4選

北京は裏路地が素敵!胡同めぐりで懐かしい北京を垣間見る

 

中国お役立ち

中国で意外に使える!10元ショップのメイソウがめっちゃいい

実際どうなの?お隣の国、中国の7つのいいところ

中国人女性(東北人)の典型的な性格と上手な付き合い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. レストランのキッズスペース
  2. タイ語
  3. バンコクのコンドミニアム
  4. ボホール島
ページ上部へ戻る