インド治安は場所によって全然違う!バンガロールの治安はどうなってるの?

バンガロールの治安

インドは広い国なので、地域によって治安は様々です。インド国内の治安に関しては、それぞれの都市でかなり違いがありますので、事前に外務省のホームページなどで確認するなど注意を払うようにしましょう。

今回はバンガロール(インド)の治安についてご紹介します。

バンガロールの治安は?安全?

バンガロールはインド国内の都市の中では、比較的治安の良い都市だと言えます。

インド国内でニュースになっているようなレイプ事件などはあまり聞きません。また、外国人居住者も多いのですが、インド国内からの移住者も多いこの都市では比較的安全に暮らすモラルが根付いてるのかもしれません。

しかも宗教的に偏って暮らすのではなく共存している感があり、生活者たちに落ち着きが見られます。

スリなどの窃盗はあるの?

スリはもちろんいます。それは日本でも同じこと。スリや窃盗に遭いやすい状況を作っているのは自分自身である場合も多いです。

つまり、スリに遭いやすい所に財布や貴重があるからです。そういった旅・海外生活の常識的なところを守っていれば問題なく生活できるでしょう。

ぼったくりもある?

バンガロールでは、もちろんぼったくりもあります。

インド国内はどこでも頻繁にぼったくりが行われます。ただし、最近はスーパーマーケット、レストランなどは料金設定がきちんとされていますし、ローカルレストランでもほとんどボラれません。

タクシーもプリペイド制のタクシーを利用すれば、ぼったくられずに移動できますし、UberやOla cabsなどのアプリで予約できるものを利用するとトラブルがあればフィードバックを書いて本部にクレームも伝えられます。

デリーではUberドライバーのレイプ事件が報じられていたので100%の安全は保証できないのが残念です。

一番ぼったくられる可能性が高いのは?

オートリキシャー(インド版トゥクトゥク)は一番なぼったくりではないでしょうか。もちろんメーターを使用して走ってくれることも多いのですが、

  • メーター拒否
  • 行き先拒否
  • メータープラス10ルピーという交渉あり

など、いろんなドライバーがいます。

上乗せも10~50ルピーほどなので旅行者の場合はあまり気にせず、揉めず時間の無駄遣いをせず楽しい時間を過ごすことをおすすめします。

長期滞在予定の方はいろんなドライバーと交渉しながらメーター乗車を実践していきましょう。

物売り、物乞い

バンガロールでは、信号待ちの車に向かってたくさんの物売り、物乞いが訪れます。花を売る人、通常の2倍の長さのボールペンを売る人、サングラス、風船、子供のおもちゃなどなどです。

これは電車の中でも良く見られる光景で、電車内ではオヤツ、チャイ、野菜、ハンカチ、おもちゃなどでしょうか。こんな所で買うのかな、と思ってしまうのですが意外と需要と供給があるようです。

物乞いに関しては赤ちゃんを抱いたお母さんもいれば子供たち、おじいさん、おばあさん、ハンディーキャップのある人たちと様々です。交通量の激しい交差点でも平気で歩き回っています。

また、インドにはヒジュラーという第三の性をもつ人たちがいます。ヒンズー教に両性具有の神様がいるため、聖者として扱われることもあり、物乞い同様手をパンパン叩いては車窓をノックしています。窓を閉めていれば危険なことはないでそっとして置きましょう。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

インド内にもパブやクラブなど夜間遊べる場所がありますが、海外居住での常識として女性一人での夜間外出や簡単に他人を信用しないことなどに注意して生活していれば大きなトラブルには合わないでしょう。

どこの都市に行かれるにしても、日本のような安心・安全はないので自己責任において日常生活を送るようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. 韓国でウェディングフォト
  2. 中国のスリ
  3. 携帯電話
  4. タイの飲み物事情
  5. ロイクラトン祭り
ページ上部へ戻る