カンボジア人の習慣?ちょっと驚くカンボジアの子供たち

カンボジアの子供

カンボジア人の多くは結婚する年齢が10代後半から20代前半。その理由は子供をたくさんつくりたいからとカンボジア人は言います。子供をたくさんつくっておけば、年老いたときに面倒を見てもらえたり、生活を支えてもらえるという希望があるからです。子供が5人、6人は珍しくなく10人いるという家庭もあります。街には赤ちゃんから小学生、中学生、高校生が溢れていて、とても賑やかです。まるで日本の3、40年前といった様子です。

今回はそんなカンボジアのちょっと変わった子供事情をご紹介します。

子供が多く子育ても大変

カンボジアでは経済的に困難な家庭ほど子供が多いという状況をよく目にします。ただ単に老後の安心を求めて子供をたくさんつくるのかは分かりませんが、実際には経済的に厳しいので子供たちを学校に行かせられなかったり、食べ物が十分に与えられなかったりしているので生活は大変です。

洋服もサイズが合っていない服を着ていたり、ボロボロだったり……。でもたくさん子供がいると上の子が下の子の面倒を見ていますし、家事も小さいときから手伝っているので家族がみんなで協力して生活しているのは慎ましい姿です。

プノンペンでは子供が生まれると1歳ぐらいで、故郷のおじいちゃんやおばあちゃんに預けてお母さんも働きに出るという家庭が多いですが、少し大きくなると子供を連れ戻し、プノンペンで一緒に住む人もいます。

預けている子供と会うのは一年に1,2回程度という人が大半。田舎ではきっとおじいちゃんたちと一緒に、牛の世話や田んぼなどを手伝っていたり、のんびりと過ごします。

小さな子でもいつもお金を持っている

カンボジアの子供

子供たちは無邪気で、近所の子なのか親戚の子なのかわからないほど、みんな一緒になって家の周りで遊んでいます。はだしで駄菓子を握っている子供たちは自分で駄菓子を買いに行きます。3歳ぐらいの子でも少し話せるようになっていると、お金を握りしめ近所のお店に自分で好きなお菓子を買いに行くのです。

外では子供たちだけで遊んでいることも多く、洋服のポケットにお金を入れています。ポケットに入れているお金は500リエル程度(約12.13円程度)なのですが、小さい子供が常にお金を持っている様子は、大人がポケットにお金を押し込んでいる様子と同じです。

子供が泣いて駄々をこねるとすぐ親は子供にお金をあげるといった、私から見ればとても甘やかしている様子はよく見かける光景の一つです。

子供はお金をもらうとすぐ泣き止み、お店にお菓子を買いに行きます。買ったお菓子はその場で食べ始めるのですが、ちぎった袋の切れ端も食べ終わった後の袋も全部、その場に捨てるのです。せっかく買ったお菓子も気に入らなければ、少し食べてポイっと手から落とし平気で捨てます。

お金をもらったありがたみもお菓子を買って食べれたありがたみもないように感じられます。

ゴミ箱もなければ、トイレもない?!

カンボジアの子供

5歳ぐらいまでの子供はオムツもしていなければ、パンツも穿いていない子が多く、赤ちゃんであればスッポンポン、4,5歳であれば、たまに上半身だけ服を着ている子もいます。

カンボジアの子供

小さな子が家の中のハンモックでゆらゆらと気持ちよさそうに寝ているかと思えば、なにやらポタポタと水が滴っています。お漏らしです。周りにいる人は特に気にもせず、その辺にある布のようなもので、さぁーっと拭いておしまいです。拭き取った布のようなものはその場に放置。お漏らしと処理の仕方は、床で寝ている時でも、起きて遊んでいる子でも同様です。おしっこがしたくなれば所かまわずその場でしてしまい、周りの人は慣れた様子で拭いて「さぁ、座って座って」と親切にすすめてくれます。

お漏らしでなくとも、地面であればどこでもお構いなし。その習慣はやはり大人になってからも抜けないようで、どんなに人通りの多い道路端でも気にせず、おしっこがしたくなれば男性は”たちしょん”をしています。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

初めはびっくりするような光景でも日常的に見ていると慣れてくるもので、清潔感ばかりを求めているとカンボジアの生活はストレスになってしまいます。カンボジア人にとってはこれが普通だと思って気にしないようにするのが一番です。

おすすめ!

知っておきたいカンボジアの治安、盗難被害に遭わないために

東南アジアに行くなら絶対にここ!カンボジアで体験出来る素晴らしい3つの体験

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

 

カンボジアお役立ち

生活の必需品!カンボジアで携帯電話SIMカードを購入してお得に使おう

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

大学を出てすぐ新卒の私がカンボジアで生活することを選んだ理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. シンガポール
  2. インドで海外就職!求人の探し方
  3. 語学学校以外で現地で友達を作る5つの方法
  4. ベトナムのスーパー
  5. タイでは毎日が母の日
ページ上部へ戻る