インドで海外就職!日本人向けの求人と仕事の探し方ガイド

インドで海外就職!求人の探し方

インドで働きたい、暮らしてみたいと思いつつも仕事を見つけない事には始まりませんよね。蓄えがあり、経験だけでも良いと言うのであればインターンという道もあります。しかし長期でインドに関わりたいのであれば、やはり現地で就職する道を模索してみても良いのではないでしょうか。

そこで今回はインドで海外就職するための求人の探し方や待遇などについてご紹介します。

インドでの求人探しは日系人材紹介会社に登録から

日系の人材紹介会社に登録し、求人情報を待つ。これがやはり鉄板です。

日系の人材紹介会社では現地日系企業を多く顧客に持っているため、現地採用として正社員または派遣社員として働くことができます。日系企業の場合、1年に一回の日本帰国手当てや保険など福利厚生が整っているので、インドでの生活には十分な対応が期待できます。

登録は日本在住でも出来るので担当者に相談し、希望地や希望職種など良く話し合い納得の行く仕事を見つけましょう。

英語力があると比較的紹介案件も増えますし、採用へのハードルが下がります。長期で探すのであれば、出来る限り英語力を伸ばしておきましょう。書類審査からなのでTOEICなど数値評価されてるものがあると良いです。

外国人は年間25000ドルが約束される

インドでは外国人を雇用するには年間25000ドル支払わなければならないことになっているため、日系企業以外のインド企業が日本人を採用すると言うことは、余程のスキルを持ち認めてもらっていると言うことです。

もちろん人材会社から紹介されて日系企業で働く場合は、最低でも年間25000ドルが約束されています。しかし、大手企業以外で日本人を採用する会社がその金額以下で採用していることもあるので、必ず会社の担当者と実際いくら貰えるのか確認することをおすすめします。

インド国内の人材紹介会社はどうか

インドにも人材会社に登録できますが、日本人向けという求人を見ることはほとんどありません。

ただし口コミでは日本語教師として声をかけられたりすることもあります。しかしその場合、大抵はボランティアで来て欲しいというものでしょう。

インドで働きたい場合就労ビザが必要なため、派遣では難しいと言えますし、インドの人材紹介会社とやり取りできるほどの英語力なら日系の派遣会社で仕事を見つけてもらえるのではないでしょうか。

インドで働いてみたいならインターンという道

インターンは雇用ビザが要らないため、ネット上でもよく見かけます。もし海外生活、インド生活がしてみたいと言うのであればインターンと言う経験も良いのかも知れません。

ただし、給料はなくともフルタイムで働き、さらに残業があり、インドで働いているのか日本で働いているのか分からなくなることもあるようです。

インターンでインドを体験してみようと思うのであれば、インターン先の企業で働いたことのある先輩から情報をもらい、自信が本当に体験したいことを考えてから来てみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

インドで働くことは「インドが好きだから」では気持ちが続かないこともあります。と言うのも、仕事の毎日でここがインドなのか日本なのか分からなくなるからです。

外に出ればインドの景色ですし、相手もインド人顧客なのですが、インド人の仕事感覚に翻弄され、仕事に疲れ果ててしまうと言うことも本当に良くあることです。

それでもこの刺激的で急成長するインドを肌で感じたいと思う気持ちを持って、ここでの日常を楽しいと思える余裕を持てそうな気がするのであれば、是非挑戦してみたらいかがでしょうか。日本にはない世界がそこにはあります。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

インド治安は場所によって全然違う!バンガロールの治安はどうなってるの?

インドで生活!1ヶ月の生活費シミュレーション(バンガロール編)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 部屋
  2. オーストリアの幼稚園、保育園
  3. 台湾の昼食
  4. フィリピンの英語
  5. ミャンマーの観光地
ページ上部へ戻る